菅首相

菅首相が国民のサンドバックにされる日


新型コロナの感染者が増大していて、さすがの管首相も日に日にくたびれた会見をおこなうようになってまいりました。


はじめの頃はやる気に満ちあふれていた菅首相でさえも、感染者の増大と相次ぐ経済政策の失敗にまるでうつ病のような表情で会見にのぞむ機会が多くなってきたように思います。

菅首相は元官房長官で、

  • ナンバー2の人材がナンバー1になると思ったとおりに活躍できずにうつ病になってしまう好事例

のような気がしました。

と言うのも、

ナンバー1の人材には、

  • 強いリーダーシップと、
  • 他人の意見を気にしない力強い実行力

が求められるからです。

言わば菅首相のような、

  • 他人の意見を広く聞き、
  • 何事も調整してはかる

タイプは向かないからです。

他人の意見を広く聞いたり、何事も調整してはかるタイプは、ひとたび国民の不満や支持率の低下といった事態におちいると、すっかり自信をなくしてしまってうつ病になるからです。

つまり、自分に芯があると言うよりは、さまざまな人の意見の調整役なので芯もないので折れてしまうのです。

菅首相もこのままいくといじめられてしまうので、そろそろ潮時のような気もします。

何事も健康が一番です。


これは政治の世界にかかわらず、今回の新型コロナ以降の時代にあらわれたひとつの特徴的な性質であるので、本日はこのことについて考察してまいります。

人から感謝されたりしていた人ほどうつになりやすい


新型コロナの影響で脚光をあびる隠キャ人材の話は以前しました。


人中で脚光をあびる陽キャ(陽気なキャラクター)に対して、誰からも注目されない陰キャ(陰気なキャラクター)の方が何も変わらなくて元気だと言う話でした。

逆に言えば、新型コロナ以降の時代は三密を避けるかわりに人との接触の機会自体を奪ってしまったがために、今まで人から感謝されていた人たちや人から尊敬されていた人たちがその機会を多く奪われたからなのです。

なので、たとえば今まで毎日人から感謝されていた人が、

  • 週1で感謝されたり、
  • 月1で感謝されたり、

その機会を減らしてゆきます。

  • 年1か?下手すりゃ、
  • 感謝される機会すら奪われる

のかもしれません。

そうなれば誰でもうつになりますよ。

逆に言えば、隠キャのような今まで注目も感謝もされたことがないヤツは、感謝されるヤツがいなくなるので、むしろ好都合となるワケなのです。

つまり、感謝される人間が活動の機会を減らせば、おのずと感謝されない人間は目立たなくなります。

優劣がつけられなくなりますからね…。

なので、逆側の感謝されていた人たちはうつ的な症状に悩むと思います。

ですが、安心してください。

  • 感謝されたりすることよりも、
  • ご自身の信じることをやりつづけるだけなの

です。

結局、隠キャは何もしなかったりするのでその辺で差はつくと思います。

逆に、この時点で感謝されなくなったことでうつになり、ご自身のモチベーションが下がることの方がきわめて遺憾な事態におちいるものと思っています。

やる気がでなくなるのは、当たり前のことだからです。

仕事がないとやる気がでないのは当たり前


仕事ができる人がいて、仕事で評価されていた人たちは仕事がなくなると、その評価軸すら奪われるのでうつになりやすくなります。

ですが、仕事があるからやる気がでるのであって、仕事がなくなればやる気がでないのは人間として当然な心理現象であります。

仕事で評価されていたことも、仕事はあくまで仕事上の評価なので、人間の評価ではないことをよく考えるべきです。

仕事と言えばお金がもらえるビジネスのことを考えがちですが、一般に仕事は、家事や育児や人間の生活に起こる作業的なものは本来、すべて仕事なのです。そして、それは誰かの役に立つ仕事なのです。


あなたは仕事で評価されつづけていたかも知れませんが、その裏で奥さんは誰からも評価されることなく家事や育児をつづけていたかもしれませんし、誰かの役に立つ仕事は、お金が出ようが出まいが、それは本来、仕事なのです。

なので、リストラされて仕事がなくなったとしても、その分、ほかの仕事をやりつづければいいですし、少なくともそれで腐ることなく手や体は動かした方がいい点です。

ツイッターなんかを見ていると、現実逃避でお酒を飲んだり、パチンコや競馬というギャンブルにのめり込んだりしている方々を見受けますが、安心してください。

それは、

  • 仕事ではなく、
  • 消費

なのです。

仕事もそうなのですが、仮にお金を稼ぐための仕事だとして、その仕事を失って自暴自棄になってお酒やギャンブルにのめり込むようであれば仕事はしない方が正解です。

逆に言えば、お金を稼ぐための仕事を失ったら、今度はお金を使わないようにするのが仕事になるはずなのです。


このような発想にならないと、単純に入ってくる収入の方にしか目を向けなくなるのでギャンブルにのめり込みます。

ですが、出ていく方を減らせば入ってくる方を増やさなくてよくなります。

Go To 対策は古い老害世代の支出の方が高くなる経済対策


新型コロナのGo To 対策を見ていればよくわかります。

Go To で観光業を支援しようとしたつもりが、ANAとJTBでも合わせてリストラが1万人にも及ぶ結果となりました。


その裏で感染者は増えつづけ、PCR検査費用や病院への入院費用・治療費なんかが増えつづける結果となってます。


そして、企業はリストラをおこなったり、倒産も増えたりしているので、自治体は税収も減らします。


なので、レバノンでも債務危機が起きましたし、イランでも通貨安からの株価バブルが崩壊しています。


ツイッターなんかを見ていると、何もしていない人でもうつ的な症状の人が多くなってまいりました。

毎日いがみ合う機会が多くなってきたからです。

そこに来て、

  • いがみ合いをやめましょう!

と言うのではなく、今、起こっていることが逆に正しいのです。実は…。

そして、

  • いがみ合いをやめましょう!

と言ってもなくならないからです。


  • ためしに言ってみてください?ツイートでもいいです。

  • いがみ合いをやめましょう!って。

  • それで、なくなりますか?

  • しあわせな世界があらわれますか?


新型コロナになってしまったので、もう過去へ戻ることはできないのです。

それが時代が変わると言うことなのです。多分…。

なので、本当のことを言えば、うつ的な症状になっている暇はないですし、ありのままを受け入れていくしか方法はないワケで、その中から最適な生き方を探していくしか方法もないワケなのです。

逆に言えば、いがみ合ってもいいワケですし、なんでもござれの精神でいろいろやりやすくなったと考えた方がいいように思うのです。

根が真面目な人ほど我慢をする傾向にあるので、我慢しなくてよくなれば、多分、うつにもならないと思うのです。


我慢したのは過去の話なので…。

何もなくなれば、逆に守るものがなくなるので逆に動きやすくなると思うのですが…。