お酒08231

毎日惰性でお酒を飲んでいた


27歳ぐらいまでは毎日発泡酒を2缶ぐらい飲んでました。

風呂上がりに喉が渇くのと、寝る為みたいな感じで…。

でも、お金がかかるのでやめました。タバコも吸っていたので…。タバコの方をとった感じです。

もともと飲めるタイプではなく、飲んだら肌が赤くなったりしていたし、別に飲んだところでシラフとあまり変わらないので飲まないようになりました。

よく飲み会とかでも、飲むと饒舌になる人や陽気になる人がいるんですが、なんでいつも饒舌で陽気じゃないんだろうと思ってました。

お酒が入ると普段とは違ってもいいというイニシエーションなんですかね?

飲み会自体も気を遣うというか、タバコをスパスパ吸う感じだったので、あまり合わなかったのでしょう。

正直、家族の話されたりしても、家族の在り方は多様なワケで、私はアドバイスはできると思いますが、それは意見であって参考に留める話だし、それを知ったところで関係は深まりますが、それって重い感じがするんですよね?

お酒の席というのがよく分からなかった


ブラック企業で店長になった際も、社長の飲み会に呼ばれましたが、愛人を紹介されたりして、奥さんも知っている身としてはかなりアンダーグラウンドな世界に連れ込まれた感じですよね?

ある意味、闇営業で反社みたいな…。

それも重いんですよ。

お酒の席だからとか、お酒を飲んで腹を割って話すっていうのが不器用の証というか、普段、そんなに気を張っているんですか? って思うワケですよ。

無礼講っていう割には、上司は部下に何言ってもいいですが、部下は上司に無礼講ってあんまないんですよ。その点、無意識の礼ですよね?

お酒が入って違う一面が見られる楽しさっていらないような気もするんですよ。

それって薬物やってキマった状態を見ているのと変わらないですよね?

某アイドルがお酒飲んだら実はスケベだったっていう違う一面知りたくなかったですよね?

惰性で飲んで依存症になりたくなかった


お酒の怖いところは依存症になっていく点です。

糖質制限をやってみると分かりますが、糖でさえ依存になってます。

糖質中毒というか糖質依存症の状態です。

糖が切れてくるとお腹も鳴りますし、イライラもしてきます。

同じことがアルコールだともっと強くなるし、その状態が常態化してくると切れたところから入った途端、安ど感がハンパなくなるらしいです。

なので、けっこうでっかいこととか常軌を逸した行動をとるのだと思います。

つまり、カラダが悲鳴を上げているワケです。

アルコールを飲み続けると、アルコールが切れると不安感や焦燥感が起こります。

アルコールを飲むと安ど感に変わります。楽しくて楽しくてしょうがないんですよ。

その繰り返しがアルコール依存症です。

多分、本人ではどうすることもできないというか、アルコールは絶った方がいいと思います。

アルコールを飲んで安ど感になると、酩酊状態となり、感情の起伏も激しくなるのです。

なので、たいていの人間関係の破綻はお酒です。

多分、人は悪くないんだと思います。

お酒を飲む習慣とアルコール依存症が人間関係を破綻させるのです。

ってことは、飲み会ムダじゃね? ってなるワケですよ。

飲み会で仲良くなったとしても、結局、その関係は何十年かしてアルコール依存状態になったとき、感情の起伏が激しくなって破綻するのです。お互いに殴り合ったりとか…。

けっこう最近多いですよね?

偉い人がこれやったりしてますよね?

自分のカラダの事や感情の事もよく分からない人は正直、偉い人でもなんでもないんですがね。