2021-06-01 会見-聞こえない

テニスのうまい立派な選手をたかだか会見拒否で潰してしまう全仏オープン


テニスの大坂なおみ選手が記者会見を拒否したり、それにともなって全仏オープンを棄権してしまう話がニュースとなりました。


うつ病も告白されたので、ゆっくりと静養され、また元気なテニス姿を見せて欲しいと願っております。


今回はこの大坂なおみさんが拒否した会見をめぐって繰り広げられた批難や、

そもそも論として、

会見をめぐる価値観の違いについて、

  • 気楽に考えられる人と、
  • 真面目に考えてしまう人

の特徴について考えてみたいと思います。


会見を重く考えがち ノーコメントや適当すぎる会見が巷にはたくさんある


大坂なおみ選手のような一流選手にあっては、

  • 誰しもがそのプレイに見入り、
  • 誰しもがそのプレイに感動する

から見られますし、大会にも参加できるはずなのです。

ですが、おそらく本人は、

会見で変な所を切り取られたり、

自分の意図しない会見

になってしまうので拒否したものと思われます。

ですが、

  • よーく考えてみてください。

会見であっても、本来は、

  • しゃべっても
  • しゃべらなくても、

どっちだっていいのです。

大相撲の記者会見などを見ていれば、

鼻息を荒くして、鼻息が答えになっている

力士の姿も散見されます。

男性と女性で価値観が違うのかも知れませんが、

会見はあくまでも会見であるので、本来は

  • 話しても話さなくてもいいし、
  • 話したいことだけ話せばいいし、
  • 話したくないことについては話さなくていい

のだと思います。

ですが、やはり、うつ病になる人の特徴として、

  • ファンの期待にこたえたい!

や、

  • ファンを喜ばせたい!

という人や他人に対するポジティブな感情が逆に疲れてしまう原因であるように思うのです。

逆に言えば、あの大相撲の会見のような、

  • 鼻息だけであったり、

  • す~!

  • は~!

であったり、

試合後のあるがままの姿で気楽に会見をおこなうのも、

長い選手生命から考えれば必要なのだと思います。


なかには聞こえているのに聞こえないフリをしても何一つ罪悪感を抱かない人もいるので、

会見についての価値観は、ホント、

人それぞれなのだと思います。

真面目にやって疲れるなら適当にやるしかない 不真面目適当論


とは言え、マスコミや世間の目も厳しくなっていることは確かで、

新型コロナの不景気や閉塞感もくわわり、

どんどん人に対する当たりが強くなっているのは確かです。

ツイッターで飛び交う心ない言葉の数々を見ていれば明らかであるような気がしております。


うつ病は大変やっかいな病気です。

そして、やはり周囲の人の理解や配慮が欠かせません。

もっと気楽に考えて欲しいし、

真面目に考えて疲れてしまうぐらいなら、

最初っから適当にやった方がいいような気もします。

2021-06-01 適当

燃え尽き症候群もそうなのですが、

  • 出る杭を打ったり、

  • 誹謗中傷する人たちは、

  • 出る杭が何度も出ると思っていたり、

  • 誹謗中傷しても向かってくる

と思いがちです。

ですが、

出る杭や誹謗中傷を受ける人ほど、

  • あるとき突然やる気がなくなって、

  • 適当になり始めるので、

  • 燃え尽き症候群という病気

もあるのだと思います。

なので、本来は

やる気のある人ほど大切に扱った方がいい

ですし、

やる気があること自体、

すごく貴重なことなのです。

それはおそらく、ビットコインより価値のある物だと思います。


ビットコインまだ下がりますかね?

でも、つい見ちゃうんですよ。

四六時中チャートを…。

それも知らね〜よ!

って話で、気楽に考えられる人と真面目に考える人の違いなのだと思います。