ラグビーとの出会い


小学4年のときスポ少でサッカー部に入りました。

小学生のときって足が速いだけでスポ少に入れば楽勝で、たまたまキャプテン翼が流行っていたので、サッカー部に入部しました。

サッカーはうまくてけっこう活躍もしたんですが、次第に嫌になったというか、熱しやすくて冷めやすいタイプなので飽きるのです。

成長痛で坐骨神経痛みたいになり、1年で退部した記憶があります。

翌5年生のときはホント何もせず、過ごしてました。

でも、根が真面目でいいヤツはこの何もしないで過ごすという時間に罪悪感を抱くのです。根が真面目でいいヤツなので…。

小学6年のときにひょんなことから隣町の小学校のラグビー部に通うことになりました。 隣町なので、毎回学校が終わってから隣町の小学校までバスで通っていたのです。

子どもは褒めた方がいい


今思うとなんですが、父親がラグビーをやっていて、そのつながりのラグビー部だったのですが、多分、父親に対する承認願望というか、父親に認めて欲しくてラグビー部へ入部する形になったのだと思います。多分…。

現にサッカー部のとき、かなり活躍したのに父親は全然見に来てくれなくて、それもやりがいのなさにつながったのだと思います。

ウチの父親は、

  「カズキは褒めれば図に乗るもの〜」

が口癖で、なかなか褒めてくれませんでしたが、どんなに頑張っても褒めてもらえないと挫折する可能性は高くなるということをお伝えしたいと思います。

ラグビー部に入部しても足は速かったので右ウィングのトライを狙えるポジションに起用され、めきめき頭角を現しました。

Play Dirty(プレイ ダーティー)


地区の大会で強豪チームと対戦した際、父親も観戦しに来ていて、トライを決められた場面がありました。

その際、相手のウィングがトライを決めに来たとき、後ろを追いかけたのですがタックルできる距離ではなくかわされてしまった為、トライを決められてしまいました。

ハーフタイムの際、父親がまっさきに駆けつけ、


 「カズキ、ああいうときはユニホーム引っ張ってでも倒すのや。ペナルティー取られたっていいの。トライ決められねばいいんだもの」


とあたかも自分がやってるかのような興奮状態でアドバイスされたのを覚えています。

まさに日大アメフト部を彷彿とさせる汚い手です。


私も目からウロコ状態で、こんな汚い手を使う大人がいるんだと思う一方、大変理にはかなっているのです。

もちろん、ウチの父親は汚い手の玉手箱のような人で、麻雀牌も隠そうとして食べる大人です。


ペナルティーはペナルティーキックなので3点です。

ですが、トライは5点でその後キックの2点もあるので合計7点取られます。

だったら、トライ決められるのが確定していれば多少スポーツマンシップには反しますが、ユニホームを引っ張って倒してしまった方がペナルティーキックの3点だけで済むので得なのです。

合理的に考えるとはこういうことで、スポーツで勝ちたい場合、やはり合理的に考えます。

ONE TEAM(ワンチーム)の真の意味


昨今は平等が尊重され、みんな仲良くスポーツしたりしますが、ラグビーでも足の速いヤツにボール回した方が機動力で前に進めるし、ガタイのいいヤツはスクラム組んだら前に押せるし、ボールを回したりするのが上手いヤツはスクラムからボールを取り出した方がスムーズに展開できたりします。

才能と才能のコラボレーションというか、個性と個性のコラボレーションだと思います。

なので、足の速いヤツはひたすら右に右に攻めていって、そこでボールがこぼれてスクラムが組めれば、左に展開したら真ん中へのトライが狙えるワケです。


やっぱ強いヤツは潰すし、潰すっていう表現はあまりよくないですが、マークして変な動きをされないよう警戒します。

一人のマークを二人にしたり、三人にしたりして、一人を多人数のマークによって封じ込めます。

松井の5打席連続敬遠の話もこういう考え方です。


弱肉強食って社会でもおんなじで、だからこそみんなで協力し、弱肉強食を克服するような方法をとります。

強い者が出てきたら、みんなでマークして取り囲みます。

この強い者だけ気をつけてればいいのです。

その他の雑魚はあまり相手にする必要などないのです。

勝つ楽しみと勝つ喜び


もちろん、平均的に強いチームもあります。

そしたら強みにフォーカスするよりも、弱みを見つけ、それを打開する方策をとったりします。

勝つっていうことはこういうことなのです。

勝つために、どうしたら勝てるか考える方法がけっこう重要だったりします。

相手のチームを突き崩す方法って言うんですかね?

それを汚いっていう人もいると思いますし、フェアじゃないっていう人もいますが、勝ちたいんですよね?

何のためにスポーツをするかと言ったら勝ちたいからです。

勝つという目標に向かって頑張るからです。

勝たなくてもいいスポーツなんてないんじゃないんですかね?

もちろん、スポーツマンシップという言葉はありますが、勝つことを子どもに教えることってけっこう重要だと思うんですよ。

だって、現実で食べていくのだって資本主義社会での勝負の結果ですよね?