『方丈記』ゆく河の流れ


ゆく川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。

よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。

世の中にある人とすみかと、またかくの如し。

玉しきの都の中にむねをならべいらかをあらそへる、たかきいやしき人のすまひは、代々を經て盡きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。

或はこぞ破れてことしは造り、あるは大家ほろびて小家となる。

住む人もこれにおなじ。

所もかはらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二三十人が中に、わづかにひとりふたりなり。

あしたに死し、ゆふべに生るゝならひ、たゞ水の泡にぞ似たりける。

知らず、生れ死ぬる人、いづかたより來りて、いづかたへか去る。

又知らず、かりのやどり、誰が爲に心を惱まし、何によりてか目をよろこばしむる。

そのあるじとすみかと、無常をあらそひ去るさま、いはゞ朝顏の露にことならず。

或は露おちて花のこれり。

のこるといへども朝日に枯れぬ。

或は花はしぼみて、露なほ消えず。

消えずといへども、ゆふべを待つことなし。

鴨長明の『方丈記』は無常観をあらわした随筆で有名です。


同じ無常観では、源平合戦の『平家物語』にも、

祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。

娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。

奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。

があります。

この無常観を見るかぎり、世の中には何ひとつ昔からの物はなくて、常に変化しているさまを見ることができると思います。

無常観とは、一切のものは無常であると観ずる境地のことをさします。

努力しても報われない残酷な無常観


学校教育の影響か、型にハマった考えをする人がいます。

ですが、鴨長明の『方丈記』で無常観に触れるかぎり、何ひとつ昔ながらの物はないワケなのです。

んで、この無常観の残酷なところは、努力したとしても報われるワケではないし、優れている者が生き残るワケでもないという世の中のことわりなのです。

それはただ春の夜の夢のごとしです。

戦国時代を分析する


無常観から戦国時代を分析すると、平家のあと源氏が治めて、源氏のあと足利が治めて、足利のあと徳川が治めて、と、やはり何ひとつ残っている物はないということわりなのです。

しかし、多くの人はこの事実をあまり考えられなくて、台風で家が流されたり、地震で家が壊されたりすると、先のことが考えられなくなってしまいます。

ですが、『方丈記』にもありますが、昔からあった家はまれであったり、昔からいた人は数えるぐらいしかいないという現実なのです。

  • ある家はどっかへ引っ越してしまったか?
  • ある人はどっかへ行ってしまったか?

の可能性の方が高いと言うことです。

戦国時代の軍記物を眺めれば、あるときに急に群勢がやってきて、弓を放たれ、焼け野原となっているさまが描かれたりしています。

と、言うことはせっかく建てた家も、争いやなんかで一瞬で焼け野原になってしまいますし、せっかく努力して建てたとしても時の権力者の前ではかなりの無力感や敗北感を味わったであろうことが推察されます。

現代であれば法律で訴えたり、基本的な権利を踏みにじった者へはペナルティーを与えることができるのですが、基本、世の中は理不尽であふれていたりします。

なので、台風で家が流れても、地震で家が壊れても生きていかなければいけないですし、生きる方法を探すことになります。

求めれば求めるだけ悩み苦しむ


鴨長明のおもしろい点は、生まれて死んでゆくのに何のために家を建てて、なんのために家を立派にしようと心を悩ましているのか?というシンプルな問いです。

考えてみれば寝る場所があればいいだけなのです。

それを家にして、いろいろ使い勝手をよくしたり、見栄えをよくしたり、いろんなことをするから疲れてしまうのだという警告だったりしています。

ですが、究極的には寝る場所があればいいのです。

あとは、それを家としてさえぎったりするのは自分のスペースが欲しいからであったり、自分用に使い勝手をよくしたいだけであったり、立派な家を建てたことによる自尊心だけであったりします。

それを考えないで、シンプルに寝る場所だけの確保ができれば、さまざまな悩みはなくなるはずだと鴨長明は言っています。

鴨長明自身、下鴨神社の息子として恵まれた幼少期を過ごしたのですが、父の早すぎる死をきっかけにみなしごとして生きてきた人生でした。

やっとのことで歌人として成功し、ときの後鳥羽院にも認めてもらい、父と同じ神職を継ごうとあっせんまで受けたのですが、ナント、親族に妨害され、このことが出家のきっかけとなり、京都の山奥にこもり『方丈記』を書くことになりました。

『方丈記』の方丈とは1丈 (約 3m) 四方の庵のことです。

新型コロナで巣ごもりストレスがたまりがちですが、鴨長明はこの1丈 (約 3m)四方の庵でずっと生活していたのでした。

太宰治もそうなのですが、けっこう不運な人生を送った人ほど含蓄のある言葉を残すものだと思いました。


鴨長明もさぞかし悔しかったのだと思います。

父親と同じ神職に就くことを親族に妨害されたことが…。

このあくなき願望が逆に求めないという思想と言いますか、無常観にたどり着いた動機のような気がしています。

それは多分、嫉妬だったんだろうな~。


以上、鴨長明の『方丈記』が大好きな話でした。