正義

ストレスの原因をストレスと感じなくするようにする技(スキル)


新型コロナで自粛疲れがたまっているという声を耳にしたりします。


それは

  • 今までしたかったことや
  • やろうと思ってきたことを

我慢するのでストレスがたまる原因になってしまいます。


以前、人の目が気になった場合や他人に期待してガッカリするのを防止するためにガン無視スキルの話をしましたが、自粛疲れにも同じことが言え、

  • 自粛を自粛と感じない生活様式にする

のが一番の近道であるように思います。

これは認知の問題で一般には認知行動療法と言われるものだと思いますが、本日は自粛疲れを自粛疲れと感じない方法をお伝えしてまいります。

外出自粛による自粛疲れの場合


自粛疲れの最たるものは外出自粛であると思います。


今まで自由に外出できていた外出が不要不急と制限を受け、飲食店にしても8時までという時短制限が求められました。

この問題を解決するためには外出しなくていい生活様式の構築です。

新型コロナに関してはアフターコロナという言葉があるように生活様式の変化が要求されています。

なので生活様式を変化させずに今までの生活様式で生活するから我慢が生じるのです。

この問題を解決するためには生活様式を変えるしか方法はありません。

買い物なんかもよほどスーパーなんかの生鮮食品以外はネットなどで購入する仕組みを作ります。

スーパーぐらいならいいですが、スーパー以外の買い物であればほぼほぼ100%ネットで購入するぐらいの仕組みを作るのです。


はじめのうちはストレスがたまりまくりますが、その後は電子決済の方がお得に買い物ができたり、楽天カードなんかでポイントを貯め始めるポイ活へハマっていきます。


そうなればわざわざ外出をしてリアル店舗で買い物をする生活へは戻れなくなるものと確信しております。

出会いの機会が減る自粛疲れの場合


会社でもリモートワークが推奨されたり、学校なんかでもリモート授業が開始され、友だちや恋人を作る機会も激減したと思います。


新型コロナは生活様式の変化が要求されているので当たり前のことなのです。

その生活様式を変えないままリモートワークやリモート授業をするので友だちや恋人はできるはずがありません。

なので、リモートで出会いの場を探す必要があります。

隠キャの間でヒーローになれるツイッターや陽キャの間でヒロインになれるインスタグラムなんかがあります。

その他、自分をPRするために有効なSNSを活用して、自分をPRして友だちや恋人を作るという発想が求められると思います。


マッチングアプリでもいいですし、リモートはネットの交流を促進させるものであると考えています。

友だち作りの基本は自分を知ってもらうことであるし、自分を理解してもらうことであります。

逆に言えば会社や学校は所属している組織なので、友だち作りや恋人作りにはあまり向いていません。

それはただそこにいるのが縁で、そこで仲良くなりやすいという環境なだけです。

新型コロナでその環境を奪われたということは逆に好都合で、ただ環境が一緒で同じ人といなくて済み、本当に自分のことを知ってもらい、理解してもらう人を探すチャンスだと受け止めた方がいいように思います。

会社の話題は会社を辞めれば話が合わなくなります。

学校の話題は学校を出れば話が合わなくなります。

自分の話題は自分なので自分を理解してもらえば話が合わなくなることはありません。

相談する相手がいない自粛疲れの場合


今までいろんな相談をしてきましたが、実は相談する人を間違えていたり、相談は当事者以外には単なる雑談であったりします。


その相談を

  • 重く受け止めるか?
  • 軽く受け止めるか?

も当事者の裁量によるので、必ずしも

  • 重く受け止めたから正しいや
  • 軽く受け止めたから間違っている

ワケではないのです。

同調圧力という言葉があるように同調に安心する人たちもいるので、そういった人への対応は無責任にも同調になる場合は往々にしております。

だって、同調を求めてくる圧力なので、その人への対応は同調になれば丸くおさまるでしょう?


なので、相談についても深く考える必要があります。

ツイッターなんかを立ち上げて同じ悩みを抱えているコミニティーに割って入っていけば、さまざまな人生相談に立ち会う機会が増えます。

ツイッターは非常に炎上しやすく、ときに辛辣な意見や過激さが過ぎて人権を侵害するような意見も飛び交いますが、それこそ真実に近い愛の鞭である場合が多いと思います。

ただ過激すぎるのである程度の免疫がないと非常に心を病んでしまいますが、でも、それがもし本当に忌憚のない意見であるならば、

  • 耳の痛い話

にあるように受け止める必要はあるのです。

よく

  • ネットは怖いとか
  • SNSは怖い

なんて声を耳にするのですが、

  • よ〜く考えてください。

それは人間が口にしている言葉なのです。

ロボットではなく…。

なので、ネットが怖いとかSNSが怖いのはあやまりで、

  • 人間が怖い

のですよ。


それには慣れる必要がありますし、どちらかと言えばそれが人間の本音で本音で付き合うことなのだと思います。

本音で付き合うのが嫌であれば人と付き合うのはやめた方がいいように思うのです。

そしたらそれらの問題もおのずと解決しますし、もしかしたら外出しなくてよくなりますし、出会いが減っても平気と思えるようになります。

だって、実は人間が怖いのですから…。

触らぬ神にたたりなしです。