不動産10241

時価総額5兆円が実は1兆円だった


WeWorkって会社がアメリカにありまして、コワーキングスペースを提供する会社ということでした。


時価総額が5兆円らしいと算段した孫さんらが1兆円かけて投資したあと、実は5兆円もなくて、大してテック企業でもないただの不動産屋さんじゃないの? って話になって、今、大慌てしているのが現状です。

時価総額がなんで5兆と噂されたのか?

よくよく見ないでみんな投資していたもんだから、急激に売られ、時価総額がだだ下がりしているところです。

投資したつもりがいきなり再建


ソフトバンクの孫さんが値踏みをしたせいか? よく分かりませんが、実際は時価総額も低くて、んで負債も抱えていて、これは倒産したら大変だって、また1兆円ぐらい投資して、なんとか潰さない道を探っている、なんともおかしな問題です。

そもそもIPOで上場する寸前に分かったことで、IPOで上場していたらたくさんの株が買われ、また上がったかも知れませんが、でも実際はそんなに価値がなく負債を抱えている企業だったりします。



企画だけで盛り上がれる時代


これはテック企業にありがちな話で、ビットコインのときもそうでしたが、アルトコインと言うのがあって、ビットコインの関係でいろいろ作られましたが、んで、そのときって儲かるから、企画書と言いますか、ホワイトペーパーをよく読みもしないで投資した人たちもいて、最近になって、そのアルトコインがあまり必要ないんじゃないか? って疑いの目を向けられ、だだ下がりしています。それに似ている感じです。

インターネット企業やテック企業は利益を生むっていう先入観があって、そのテック企業を語ればお金の調達がスムーズにいき、それに騙される人が増えるんだと思います。

情弱ビジネスの金持ち版だと思います。

人の話はよく聞いた方がいい


ビジネスモデルと言いますか、こんな感じで利益がでますよってとこまで読んで確認しないと、実際は単なる不動産屋に、コワーキングスペースっていかにもテック企業みたいな雰囲気を与えて、実は違ってましたってなります。

気づいたときってババ抜きに近く、一斉にお金が引いていき、圧倒的に資金が不足し、時価総額も下がるわ、キャッシュがないから負債になるわって、天国と地獄状態になります。

こんな簡単にソフトバンクが倒産の危機になるんだってぐらいヤバスな感じです。

一寸先は闇とは言いますが、まさかの倒産危機に、あまりにも唐突すぎて危機感を通り越して呆れた感になってますが、けっこう日本経済を巻き込んだヤバい問題で、ヤバいことはヤバいことに変わりはないのでニュースとかは注視した方がいいと思い昨今です。