ブラック企業 (2)

正規雇用と非正規雇用の違い


日本においては正規雇用と非正規雇用があって、正社員が偉いと言う謎の企業文化があったりします。

ですが、海外ではおおむね業種ごとの賃金ですので、企業により賃金が違うということがなかったりします。

賃金はその職種の需要によって決まるのが一般的な考え方です。

そして、同じ仕事をしていても、正社員と非正規雇用で給料が違うというのがけっこう昔から謎でした。

もちろん入社時期や入社の条件なんかが違うのだと思いますが、そもそも今そこで同じ仕事をしている人たちが入社の時期や条件で差別されてはならないと考えるのが国際的な流れであります。

日本ではけっこう長期にこの利権が温存されているので、何もできない正社員やできるけど辞めてしまう非正規に分かれたため、人材不足が加速しているのだと思います。

非正規が常用になると正規になる


論理的に考えるとこのおかしさはなお一層よくわかります。

同じ仕事をしていて、正社員と非正規で賃金が違う場合、会社側はこの正社員と非正規の違いを論理的に説明できないと勝てません。

ここで入社の時期や入社時の契約というのは思考停止の発想で、それらは後からいつでも変更できる話なのです。

つまり、けっこう多くの老害経営者があまり変えるのを拒んだため、同一労働なのに同一賃金がない働き方が定着したのだと思います。

今では外出産業なんかはとくにワンオペに代表されるように一人でなんでもこなす人が求められ、その従業員が非正規であったりします。

つまり、そのお店は非正規に辞められるとお店自体を営業できなくなってしまいます。

ブラック企業 (8)

安い賃金が非正規?


本来は非正規はあくまで非正規なので、常用するものではなく、あくまで期間でなければなりません。

そして、その期間をここからここまでとして、そのまま長期で雇用する場合は実質的に常用であることに気づきません。

日本人は型にハマった考え方が好きなのでこのようなことが起こるのだと思いますが、たとえ期間を延長したとしても実際、常用であればそれは常用なのです。

そのことをよく理解してません。

法律ではとくにこれをやればいいということはなくて、実際に本質的な所を見るのです。

なので、契約期間でここからここで始まり、そこで終わったとしてもまた契約を結べば、それは期間ではなくなるのです。

そしてこういったことが多くなってくればむしろ常用を契約期間の賃金で働かせているのと同じことになることに気がついていませんでした。

つまり、はじめは臨時的な仕事であったとしても、それが常態化すれば常用で、逆に、そこで常用に変えない方がおかしいと判断するのが法律的な考え方であったりします。

日本人は思考停止なので、昔からあるものをそのままやることが得意なのですが、しかし一部が変われば他へも影響し、そちらが多数派になれば必要的に変えなければいけなくなることを理解できなかったりします。

なので、非正規雇用も当時の臨時的な期間従業員のような仕事であれば別なのですが、基本、常態化して正規雇用と変わらなくなったので、正規雇用へ賃金を合わせるか?非正規雇用へ賃金を合わせるか?決断しなければならない時代となりました。

今まで出ていたボーナスや退職金なんかについても、正規に出して非正規に出さないことは許されないので、出さないことにするか?非正規にも出すか?決断しなければならない時代となりました。

リーマン・ショック以降、多くの雇用が温存されたため、たまたま解雇を免れた中高年が多かったので、若者の多くは犠牲となりました。

経済の専門家や多くの識者の指摘するところでは、能力うんぬんではなく、生まれた時代によって貧困に陥っている事実であったりします。

なので、多くはたまたまお金のある世代とたまたまお金のない世代なだけで、能力についてはあまり違いがないという見解です。

確かに中高年の間にはIT知識に驚くほど乏しい経営者もいたりするので、ドコモ口座やセブンペイのようなセキュリティー意識に乏しい施策の展開に陥るような気がしています。

以上、同一労働同一賃金の話でした。