リセッション

お金を配ればお金の価値は低下する 物の価値は上がる原因


新型コロナウィルスの影響で仕事もなくなり、お金もなくなったせいか?

一律給付金を願う声が多くなってまいりました。


それはそれで困った人たちがいて助けなければならないのですが、お金は配ることによってインフレになるということをすっかり忘れている人たちが一定数いらっしゃいます。

そもそも日銀の異次元緩和はデフレに対して物価を上げる対策をとってゆくことでとられた施策でありました。

それは国債の発行であったり、日銀のETFの買い入れであったり、お金を市場に投入してゆく仕組みです。


ですが、以前として物価が改善しないのは刷られたお金が市場に出回っているというよりは株式市場の中に入ったままになっているので使われない状態だからなのです。

つまり、刷られたお金が市場に出回り商品と交換されていたなら経済は回復していたのですが、株式市場の中に入っているので企業の資金繰りや塩漬けになってしまったため経済は活性化しませんでした。

背後では日銀がお金をたくさん刷っているので物価は実は高騰していることに気がつかない人が多いです。


なかにはデフレが改善しないとおっしゃる方もいらっしゃいますが、それは物の価値が下がっているデフレではなく紙幣や通貨の価値が下がっているインフレであることを理解できないからです。


インフレとデフレの超絶簡単な説明 逆の表現で考えよう!


逆に表現します。

  • 物価が下がるのがデフレです。
  • 物価が上がるのがインフレです。

  1. 通貨の価値が上がるのがデフレです。
  2. それは物の価値が下がるからです。
  3. そこでお金を配ればお金の価値が低下して調整が可能なのです。

  1. 通貨の価値が下がるのがインフレです。
  2. それは物の価値が上がるからです。
  3. そこでお金を回収すればお金の価値が上昇して調整が可能なのです。

多分、デフレと言えば、

  • 物の値段が安いや
  • 物価が安い、
  • 需要が低い

という先入観から読みあやまるのだと思いました。

別な表現では通貨の価値が下がってゆくのがインフレなのです。

それは商品の価値が上がることを意味します。

知らず知らずのうちにドルや円の価値が下がっていた???


日本においては基本がデフレなので、混同され、気がつきにくいのですが、通貨の価値が下がっているがゆえに買えるものが少なくなってきたことに気がついてください。

ビットコインが買われるのもその理由からです。

つまり、

  • ドルで持っていてもドルは上がりません。

  • 同じく円で持っていても円は上がりません。

ところがビットコインを持っていればビットコインはどんどん上がってゆきました。

そして、今ではビットコインで、

  • より多くのドルと、
  • より多くの円と

交換が可能になりました。

このことはドルや円の価値が低下していることを表現しています。


株価が上昇を続けている理由も同じ説明で、より多くのドルや円と交換できます。

その間、通貨は何をしてましたか?

ビットコインや日経平均が暴落するときインフレに気がつくことになる


もし、

  • 商品の値段が上がっていたら、
  • 物価が上がっていたら

こんなことにはならなかったのだろうと思います。

新型コロナで一律給付金でもらった10万円をビットコインへ投資していたら50万円になってました。

と言うことは、その

  • 日本円の10万円は
  • 50万円分の商品と交換が可能

になったことを意味します。

逆な表現をすれば、

  • 50万円分の商品は
  • 日本円で10万円分の価値になった

と表現することもできます。

それは、

  • 日本円の価値が低下しているからであり、
  • 商品の価値は上昇している

ことを意味しているからです。

これはインフレではないのでしょうか?



デフレだと思うのは日本円の価値が低下していることに気がつかないからなのです。

通貨の基軸はドルにありますが、金やビットコインの価値が上昇しているということはドル自体の価値もまた下がっているのです。

以上のことからビットコインの高騰はドルや日本円の価値を低下させます。


逆に言えば、ビットコインがもし暴落したとき、それらのお金はドルや円に替わるので、インフレになっている事態に気がつくのかもしれません。

株価も同じです。