計画082801

経済観念やお金の使い方は親から子へ遺伝する


父親が管理職で収入も他の家庭よりは多かったと思うのですが、母親が専業主婦だったので外食が悪という価値観になり、買い物もコンビニよりはスーパーで買うという価値観でした。

外食よりも自炊した方が健康にいいし、経済的にもお財布にも優しいことは確かなのですが、物は考えようで、必ずしも経済的に優しいことが優先されるものではないのも確かな事実です。

要は、ケースバイケースです。

資本主義社会では経済的に成功することがゴールであるし、経済的に成功した方が確率的に幸せになりやすいことは確かですが、それは絶対ではありません。

お金は資本主義のツールであり制度であり絶対ではない


資本主義社会は社会の制度であり、それとは別に、人間は動物であり、本来は制度を必要としないという点です。

その点、マルクスは社会の矛盾を資本主義制度に見ました。

カール・マルクスの話はこちらです。


一方のフロイトは人間の矛盾を無意識、esに求めました。

ジークムント・フロイトの話はこちらです。

私たちは人間として生きているので、人間として幸せを追求します。

その上で自由を尊重し、自由な経済活動を営んで、資本主義という秩序の元、生活しております。

外食は外で食べるのでお金がかかるし、味付けも濃いので健康には悪いのですが、自炊している時間が捻出できない場合はしょうがないと考える方法もあります。

私は昔、その発想がなく、外食した際、けっこうな罪悪感というか、敗北感さえ漂ってました。

同じように、コンビニで買い物した際も、できればスーパーが近くにないか検索したり、やむを得ずコンビニで買うハメになった際は、これも罪悪感と敗北感に苛まれ、ため息すらついておりました。

必要なサービスを選択してお金を投資する


しかし、たとえば昔は8時間労働で、たとえば8時から17時の定時で仕事が終わったときであれば自炊もできますが、現代はけっこう忙しかったり、別に他で何か仕事があったり、やりたいことがあり、それを優先することにより人生の充実度が上がるのであれば、それはある意味、投資と一緒で、外食で代替えできるのであれば代替えした方が堅実な判断だと思います。

おまけに今なんかサービス残業があれば、無償で時間だけ延長させられているだけなので、サービス残業は絶対に止めた方がいいです。

同じく、スーパーで安い商品が手に入るとしても、80円ぐらいのペットボトルを購入するのに、5分や10分レジの行列に並び時間を損失するのであれば、その時間分として、差額分の20円や70円かは出してもいいのだと思います。

健康とか栄養も、運動や栄養バランスから成り立つので、運動も毎日するからと言ってそれにとらわれたり、栄養バランスも、その栄養バランスを気にするあまり、他の考えを排除したり、その考えにとらわれたりする方が危険だと思う考え方になりました。

何事も柔軟に考えるという発想が大切で、たとえば外食一回したから栄養バランスが崩れるワケではなく、同じく、一日外出していないから体がなまるワケでもありません。

1週間や1ヶ月の感覚で考えてもいいですし、生活習慣病は文字通り生活習慣なワケですから、1週間であれば1週間のスパンで調整を行なえばいいワケですし、1ヶ月のスパンであれば1ヶ月のスパンで調整を行なえばいいワケです。

時間がない人はジムに通ってもいいですし、モチベーションを維持する目的で仲間を作るためにジムに通うのは、投資と一緒で堅実な判断だと思います。

逆に一人でもでき、器具なども必要なく、調べれば自分で筋トレできるような人であれば、お金をかけなくても運動はできます。

栄養も栄養バランスのある食事をどこかで宅配で取り寄せてもいいですし、要は覚えてしまえば自分でできますし、忙しいときは代替えしてもらう感じで利用すればいいのだと思います。

一日、変な物を食べたからといって急に不健康になるという事はありません。問題は、継続することと維持することです。

なので、資本主義は自由度の高い経済制度だと思います。

働いてサービスを受けるために働く


いろんなところでお金を使います。それは様々なサービスに代替えされます。

自分は他で働いてサービスを提供します。それの繰り返しで、みな各々の幸せの追求のためにお金を稼ぎ、使うのが資本主義社会という制度です。

ただ、これがギャンブルになったりするとギャンブルの為に働き、ギャンブルの為にお金を使ったりして破綻する人も出てきます。

同じく、お酒の為に働き、お酒の為にお金を使ったり、女の為に働き、女の為にお金を使ったり、借金をすれば借金の為に働き、借金の為にお金を使ったりして破綻する人も出てきます。

でも、これも運動や栄養と同じ話で、1週間や1ヶ月というスパンでバランスを取ることも大切だし、必ずしもギャンブルが悪い、女が悪い、お酒が悪い、借金が悪いという話ではないのです。

実際、企業経営なんかは借金から始まる場合もありますし、取引の多くはキャッシュではなく、クレジットだったりします。それはやりたい事の実現や売上を実現する為の投資だったりします。

昔の考えや価値観を疑ってみるのも必要だし、社会って実際、昔の状態ではなく、進化か悪化かはともかく、必ず進展はしています。

人の考えも、その置かれた環境によってコロコロ変わります。

男の考えも、女の考えも、コロコロ変わります。

拳銃のある社会と拳銃のない社会では当然考え方も異なります。

なので、環境が変われば価値観も変わりますし、優先するものも変わります。

ということは、人の考えも変わるということです。