2019-12-28 ディーゼル 腕時計12

腕時計の電池交換 相場は500円から1000円


電池式の腕時計は電池が切れただけで使えなくなってしまいます。

時計屋さんに持ってゆけば、

電池交換だけで、

  • 500円や、
  • 1000円

もかかってしまうからです。

そこで本日は、

  • 元ビルメンがDIYで教える腕時計の電池交換

についてお伝えしてまいります。

腕時計の電池交換は専用工具で裏フタをあおるだけでできる!


腕時計の電池交換には何種類か?

のコツがあります。

2019-12-28 ディーゼル 腕時計2

本日はこのディーゼルの腕時計にそってお伝えします。

2019-12-28 ディーゼル 腕時計5

この時計は裏蓋をこじ開けるタイプです。

ナイフのような物で、蓋の間に差し込めば蓋が開くタイプになります。

100均でも専用工具が売られているので、試した方もいらっしゃると思います。

2019-12-28 ディーゼル 腕時計3

ここに目印があって、

その隙間に専用工具をナイフのように差し込みます。

2019-12-28 ディーゼル 腕時計7

  • ゴツっ!

2019-12-28 ディーゼル 腕時計4

腕時計の電池は型を確認して、用意します。

比較的新しい腕時計には、

  • SR 626 

が用いられているので、

これも100均で用意が可能です。

  • そう、100円で復活するのです。

Amazonで5個セットを購入すれば

  • 1個あたり@81円

ですみます。



電池を交換して蓋をしめれば完了です。

2019-12-28 ディーゼル 腕時計5

この際、ゴムパッキングもあるので、

このゴムパッキングが防水性能の機能を果たしています。

なくてもかまいませんが、

なかったり、

強度が弱っていると、

当然、

  • 防水性能は落ちてしまう

ので、水の中では使わないように注意してください。

DIESEL ディーゼル レディース 腕時計 販売実績


2019-12-28 ディーゼル 腕時計10

メルカリに出品してみたら、

  • 3000円で売れました。

腕時計は電池が切れたタイミングで

次の物を購入したり、

飽きてしまったりします。

そのままの状態であればジャンク品やワケあり品なのですが、

100均を利用して、

ひと手間加えることによって、

変わらない商品によみがえらせることも可能です。

ちゃんと動作すれば、

末永く使えるからです。

動かない腕時計や止まってしまった腕時計がある場合、

お試しください。

専用工具も比較的安価で手に入れられますし、

電池も安価で手に入れられるのでオススメです。