正義

ダラダラ過ごしてしまうことの是非を問う


新型コロナの影響でやる気が出なくて当たり前の話はこちらでしました。

何をやってもダメな時代に差しかかってしまったので、落ちこむ必要はない話もこちらでしました。

ツイッターなんかで人間観察をしていると、どうもダラダラ過ごしてしまうことがあたかも悪いように思う人がいて、それがその人の幸福度を下げていると思う話です。

そして、そのことによって当人は罪悪感にさいなまれたり、他人に八つ当たったりしているようなので、そんな必要はないということを本日はお伝えしてまいります。

ダラダラ過ごすことは悪いことなのか?


ダラダラ過ごしても悪くないのです。

ただこの心理の背景には、

  • どうもこんなはずじゃなかった感や
  • 他の誰かと比較している感

があるので、その対策を以下にまとめます。

計画的にダラダラ過ごす


こんなはずじゃなかった感の対策として、計画的にダラダラすることをオススメいたします。

たとえば、

  • 昼頃に起きて
  • ご飯を食べて
  • 昼寝をして、
  • 『こんなはずじゃなかった』感

に襲われる人もいるみたいなのですが、だったら最初っからそのように計画を組めば対策は立てられます。

つまり、

  1. 12時起床
  2. 12時半昼食
  3. 1時昼寝

といったスケジュールです。

そうすればたとえ

  • 11時半に起きても30分余裕で得した気分になれますし、
  • ご飯を食べてすぐ昼寝したとしても、

それはまったくの計画通りなのです。

これほど素晴らしいことはありません。

ダラダラ過ごしても気にしない


また、ダラダラ過ごしてしまうと一緒に住んでいる人や他の人と比べてしまうため落ちこんでいる人もいるようなのですが、それはあなた自身の性格の問題なので気にしなくてもいい話です。

世の中にはダラダラ過ごす人もいますし、あわただしく過ごす人もいます。

それでそれが、

  • どっちがいい?
  • 悪い?

もないですし、それは、

  • あなたが決めることなのです。

最終的にはあなたがどうしたいか?であり、あなたがダラダラしたければそれはダラダラした方がいいということになります。

普通に考えて、

  • 平日8時間からブラック企業であれば10時間近く働いて、
  • 週末の土日に旅行や買い物

なんてけっこう無理ゲーであったりします。

休みの日ぐらい寝ていたいのが人情ですし、みんなと同じように旅行や買い物をする必要もないのです。

それが日本特有の村八分文化と言いますか?

他の人が旅行や買い物をしていると、自分は家でダラダラして…なんて落ちこんでしまったりしますが、本来、休みの日は何をするのも自由ですし、普段疲れているようであればダラダラした方がいいのです。

んで、こんなはずじゃなかった感も多くは他人との比較や、いわゆる普通病みたいな病のあらわれだと思います。

そして、自分が週末ダラダラするのであれば、前もってそのダラダラする計画を練っておけば、全然、計画通りとなります。

今は新型コロナの影響でただでさえ疲れます。

疲れると言うのは肉体的な疲れもありますし、精神的な疲れもございます。

見たくないものもあれば、聞きたくない情報もあります。

と、言うことはやはり寝るということは、もしかしたら一番、理にかなった休日の過ごし方なのかもしれません。

  • いや、自分は違う!

なんて思ってしまう方もいると思いますが、安心してください。

  • 来週も多分、ダラダラ過ごしてしまうと思います。

人間の習慣って、そんなに変わるものではないからです。

そして、もしかしたらこの自分の行動を理解することの方が、けっこう健康で重要な考え方なのかもしれません。