不安11251

心配性は不安要素を打ち消して安心したい


どうもこらえ性がないというか? 不安に打ち勝てる人が少ないような気がします。

でもでもなんですが、生きていくうえで不安はつきものですし、不安と戦わないと勝てません。

昨今の不倫炎上とかもそうですが、あたかも結婚したら自分の物的な身勝手な発想と言いますか、まるでペットと結婚したような安易な心持ちに少し情けなさも感じたりします。

でもでもなんですが、人間っていつ人を裏切るか分からないし、結局、人間、損得で動いたりするので、一番肝心なことは自分を見失わないことだったりします。

不安に打ち勝つ話なんですが、この不安でさえも結局、感受性によるところも多く、考えが深い人と考えが浅い人もいたりするので、一概に不安に打ち勝つって言っても、実際は考えてない人もいるワケで、微妙なところです。

不安や悩みも考える人と考えない人がいる


ある人は頭の中ですごい考えて、不安に打ち勝ったとしても、同じ立場で何も考えない人もいたりするので、逆に、考えない方が幸せだったりします。

でもでもなんですが、考えた方がより深く人間を知ることができますし、人の気持ちに配慮できたりするのも事実です。



認知機能のバイアスと言いますか、けっこう人間って考えたくないことは考えたくなかったりしますんで、認知行動にも現れたりします。でも、そういう傾向があるぐらいは覚えておいた方がいいと思います。

不都合な真実とか目を背けたい出来事に関しては、人間は生存的に認知しづらくなります。

目の前の出来事が不都合であったり、理不尽である場合、認知的に認めづらい状況になりますが、やはり起こったことは事実なので受け止めるしかありません。

ここで批判的になったり、事実を捻じ曲げるような反応をするのも人間の特徴の一つです。

分からないと不安になる 分かっていると不安でなくなる


不安に打ち勝つ場合、やはり考えられる事象や想定される事象はあるワケなんで、その対策もそうですし、万が一そうなった際のシュミレーションぐらいは立てておいた方が対策は早くなります。

目の前の出来事が不都合で理不尽な場合、それを隠蔽するような方法も取られたりしますが、あまりオススメはいたしません。隠蔽したところで起こったことは起こったことだし、印象やイメージと違ったとしてもそれは事実だからです。

日本は宗教がないせいか、人間をどこかかなり信頼しています。

でもでもなんですが、やっぱり人間が信用できないから神ができたワケだし、神って一つの人間の理想像だったりします。

これってアニメと一緒で、男を知りたい場合、アニメの男を見ればいいです。

逆に、女を知りたい場合、アニメの女を見ればいいです。

ある程度の、男と女の理想像はアニメに投影されております。

生物学的な男と女ではなく、イメージ的な男と女像ですかね?

でも、現実はけっこういい加減で複雑に絡み合っているので真実が見えづらいんだと思います。

だいたいイメージが先行するんで騙されたり、裏切られたりってなりやすいんだと思います。

イメージを過信するあまり、不安に打ち勝てなかったりします。

でも、実際は人間が行動し、人間が判断しているので裏切りもありますし、想定外の行動やイメージとはかけ離れすぎている行動が起こります。

でも、やはり起こったことは事実なので受け止めなければなりません。

日本ってやっぱアダルトにもモザイクがかかっているように、過激な表現も隠蔽したり、見ないようにする傾向があります。

でもでもなんですが、世界では人殺しが起こっていたり、YouTubeなんかでもテロの際、そういった映像が流れたりします。

見たくない気持ちも分かりますし、見れば具合も悪くなりますが、やっぱ事実は事実だし、そういう悲しいことが起こる世の中も世の中です。

なんで、日本人って多分、見なければなかったことになると言いますか、見ないことによって穏便に済ませたいという意図が若干見えたりします。

でも、アダルトもテロも実際に人間が行なう行為だし、それにモザイクかけたり、見ないようにしている光景の方が若干、滑稽だったりします。

見なかったとして、どうなるんでしょうか?

それって、多分、あなたが考えたくないからじゃないんでしょうかね?

いろんな事を見れば見るほど、不安になることは多いし、多く考える必要に迫られます。

でもでもなんですが、見なかったことによってそれを考える必要がなくなったかと言うと、それってあなたの頭の中だけの話で、そういう現実に生きていることは事実だし、現に、見ている人は考えているワケでその分、差はついちゃうワケです。

だったらやっぱ現実から目をそらさないで、逆に不都合そうな物や情報ほど見るべきだし、見たくないって思う物や情報ほど克服する必要があるのだと思います。

私も昔は見たくなかったし、けっこう心をかきむしられるような映像とかありますが、やっぱ現実は直視し、リアリズムでないと考えられないことが山ほどあります。

百聞は一見にしかずと言いますが、まさにその通りで、黙っていれば不都合なものや理不尽なものに対しては認知のバイアスがかかる為、臆病になったりします。



でも、実際に起こっていることは事実だし、それは隠さないで正しく認知すべきです。