2022-05-28 絆の語源.001

絆の語源は犬や馬などの動物を繋ぎとめておく手綱?!


震災後のキーワードとして絆が多用されるようになってます。


絆を大切にして盛り上げよう

という意図には反して、

絆のそもそもの語源は、

  • 犬や馬などの動物を繋ぎとめておく手綱の意

だからです。

古くは平安末期の歌謡集『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』にも、

  • 「御厩(みまや)の隅(すみ)なる飼ひ猿は絆離れてさぞ遊ぶ」(353)

とあるように、

  • しがらみなどから解き放たれて自由になる意も含まれる

ので、どちらかと言えばネガティブな表現だからです。

そして、東北にいて思うのですが、

やはり人をつなぎ止めるのは、


ではなく、

  • 仕事やお金

であるのが実際だからです。

そこで本日は、

  • 絆をキーワードにすることで盛り上がった感になっていないか?

自戒をこめて問題の本質に迫ってまいります。

魔法のキーワード 絆(KIZUNA) やった感になれるうつくしい言葉


絆をキーワードにすると盛り上がります。

それはただでさえ寂しくなった土地に、

  • 一向の光が差しこんでくるか?

のように見えるからです。

  • ですが、安心してください。

  • それは気のせいだからです。

2022-03-18 ホテルハワイ2

街はもうすでに廃墟だらけであり、

もし、絆が本当であるならば、

また、絆を通じた再会や助け合いがあり、

それらがポジティブに機能していたら、

  • こんなことにはなっていない

からです。

2022-03-18 ホテルハワイ1

何事もイメージや言葉だけではなく、

  • 行動がともなわなければ、
  • それはやっていることにはなりません。

  • やった感

しか残らないからです。

2022-03-24 大町廃墟1

  • 物を売るためにCMや広告があります。

CMや広告にいくらお金をつぎ込んでも、

  • 物が作れなかったり、
  • 物が売れなかったり

したら

  • お金だけがむしり取られる結果となる

からであります。

2022-03-24 大町廃墟2

ともすればこの絆というキーワードも、

  • CMや広告で利用され、

ただでさえ少ない東北のお金がむしり取られている気になる

からです。

それよりは問題の本質を理解し、

  • 売れる物づくりや、
  • 売れるサービス、

などにお金を使ったり、

強化していった方が、

まだまだ東北にも生き残りの機会が残されている

と期待するからです。

2021-12-14 自然災害が増える原因4

やった感になったり、

誤った方向に頑張りはじめると、

結果がともなわないときに、

ますますの途方感や絶望感に襲われます。

2021-12-14 自然災害が増える原因3

それは非常によくないことだからです。

そろそろ絆(KIZUNA)というキーワードを検証する時期に…What does that mean?


絆というキーワードは、

ともすればキレイで、

美しいもの

です。

ですが、街全体を見回したり、

絆というキーワードを使いはじめた頃から、

  • いく年たってこのありさまか?

と思うとき、

  • 無責任感すら感じてしまう

からなのです。


だとしたら、やらない方がいいのだと思います。

CMや広告にお金をかけるよりも、

  • 売れる物づくりや、
  • 売れるサービスづくり

または、

  • その支援に投資した方がいい

と思うからです。

仮想通貨に投資をしていると、

耳ざわりのいい言葉や、

非常に期待感のある語り口で投資を募って、

上がりきったタイミングで売り抜けるプロダクト

が非常に多いです。


それも絆というキーワードと同じで、

人々がすがるような気持ちでコミニティーをつくり、

すがるような気持ちで投資した結果、

お金だけが奪われてしまっている

からです。

そして、一番気をつけてほしい点は、

  • 不景気や社会が弱っているときにこそ、
  • こういった手法が横行している点

です。


人々が困っているからこそ仕向けられ、

困っているからこそすがってしまいます。

2022-04-19 カラス1

ですが、問題の本質をよくよく考えてみるとき、

足りないのは、


ではなく、

  • 仕事やお金

なのではないのでしょうか?

だとしたら、


ではなくて、

  • 仕事やお金を作る何か?


  • さっきゅうに取り組んだ方がいい

からです。

2022-04-19 カラス3

そして、多分、

遊んでいる暇はないようにさえ思うからです。


絆 -きずな-
川井郁子
2013-06-01