高齢者 (3)

地方には弱者が残されるので高齢者と障碍者が多い現実


北海道の病院でクラスターが拡大し、看護師が大量離職しました。


それにより自衛隊が派遣され看護にあたる事態になりました。


北海道での病院のクラスターの問題は、いずれも看取り病院と言われる介助を必要とする病院であったり、障碍者施設で自立が困難な人の介助を必要とする施設であったりします。


つまり、通常の看護業務の他に、介助により密になる可能性があるので離職している可能性が高かったりしています。

北海道の病院では分娩も後回しにされるぐらい逼迫した状況になってまいりました。


その点を含めて、医療崩壊を防ぐためにはトリアージ的な判断も迫られる局面に突入しているものと思われます。

東京一極集中の意味は人口もお金も一極集中


東京一極集中と言う言葉があらわすとおり、人口も東京に一極集中している問題があります。

その一方で地方は高齢化し、この高齢化の率により、若い人がいないといった状況が展開されております。

東京では感染が拡大しておりますが、ある意味、人口が集中しているので拡大している側面もあり、仮に感染が拡大しても人口が集中しているので対応しやすいといった側面もあると思います。

逆に、北海道をはじめとした地方では高齢化もすすみ、いわゆる看取り病院と言われる施設も多く、介助を必要とした高齢者施設が建設されています。

そこでは従来の病院業務の他に介護機能も含まれているので、持病の他に日常的な介助がおこなわれるのも常であったりします。

そして一番の問題はやはり高齢化に代表される人口減少だと思っていて、高齢者の数が多いわりに働いている人の人口が少ないという面であると思います。

なので、一般に看護師が足りない問題や医療崩壊の問題が如実にあらわれやすいのだと思います。

失う物の方が多くなれば人が従わなくなるのは当然


新型コロナで議論するとき経済を回したりもそうですが、お金の問題ばかり語る人が多いのですが、一番重要なのは人手に関わる人の問題であるような気がしています。


そして今回も看取り病院に代表されるように、病院内にお客さんはたくさんいるのにサービスの提供者側が抜け出す事態が生じているのです。

障碍者施設もそうですが、お客さんがたくさんいるし、お客さんが困っているのに、サービスを提供する人がいないという問題はお金だけの問題ではなくなってきていることに気がつかれると思います。

それはサービスとして成り立っていないことをあらわしています。

つまり、需要はありますが、需要を満たせる金銭的な問題や人的な問題が成立しないからです。

金額をあげれば採算がとれない場合、サービスは破綻します。

同様に人がやりたくないという場合もサービスは破綻します。

サービスでない場合、それは福祉となるからです。

そして、この新型コロナという感染症だけに対してというよりも、それを取り巻く差別的な問題であったり、命の危険にさらされるリスク的な側面であったり、さまざまな人々の損得勘定が働いて、結果、病院から大量の看護師さんが離職する問題が発生しました。

そして、この件に対して、きれいごとでけしからん!と非難したり、批判するのではなく、そうならない環境面や金銭面の支援をおこなうのがもっとも迅速な対応になるのだと思います。

福祉国家 スウェーデンでは看護師も介護士も公務員


日本は福祉国家なのですが、病院の看護師さんや介護施設の職員は民間従業員であったりします。

そして今回クラスターが発生した病院も民間ですし、民間の施設です。

なので、極端な話、看護師が新型コロナに罹患して働けなくなっても何の保証もないのです。

そして、その看護師不足のために自衛官が派遣される事態に陥っています。

海外の福祉国家ではスウェーデンが有名ですが、福祉の先進的な国家では看護師も介護士も公務員が普通です。

それにより雇用の安定性は守られますし、雇用の不安を考えなくてよくなるからです。

福祉が必要で、福祉がダメになったら困る場合は公務員にするのが通常の常識的な考えであるような気がします。

逆に言えば、日本は高齢化で医療や福祉が必要だし、極めて重要なのに公務員にはしていないので少し不思議な国であります。


なので、クラスターが発生すれば自分の命を守りますし、万が一、罹患して働けなくなれば困るので大量退職を選択するのはある意味かしこい選択なのです。

全部が全部を公務員にすると国の財源が足りなくなりますが、少なくとも必要な医療であったり、障碍者施設のようななくてはならない施設の一部は公務員化しておかないと何かの事態にまた自衛隊が派遣されるといった事態も想定されます。

なので、今回の件は看護師さんが悪いとか、お金の問題ではなく、通常考えてかしこい選択をすれば辞めるという選択をとるのだと思います。

逆に、今回の大量退職を教訓に、医療や介護の一部国有化をおこなわないと、今後似たような事例があった際、また同じく自衛隊を派遣することになりそうです。

ユニクロとかトヨタはとっくに国有化なのにね?

日銀が株買って株主になるとか?


それはともかく、医療や介護の一部国有化は急務化と思われます。

誰もそういった議論にならないのは、多分、ツイッターをやったり、海外をまったく見ていないからだと思いました。