銀行の金融危機と暗号資産の分散型金融の活発化


日銀が破綻するかもしれない話はこちらでしました。

銀行は財政面でも危機なのですが、金融型システムでも危機を迎えていて、それがDeFi (分散型金融) という考え方であったりしています。

ちょうどビットコインが出てきたあたりか、イーサリアムが出てきたあたりから実用化の流れがあって、最近、ようやく活発に実用化されてきています。


仮想通貨という言葉は古くなって、今では暗号資産という英訳が正しい訳であると思います。

暗号資産なので、資産が暗号化されていると考えるからです。

フェイスブックのリブラとテザー (USDT)


さて、分散型金融の代表的な例がフェイスブックのリブラでありました。

一般にステーブルコインと表現されますが、それはビットコインやドルが裏づけとなって発行されるコインであります。

ビットコインであれば価格の上下が激しいのですが、その裏でビットコインやドルを裏づけることにより価格の変動を抑えることがステーブルコインの目的であったりします。

ドルを裏づけた有名なコインとしてテザー (USDT) というのがあります。


それも暗号資産で今、取引が活発になりつつあります。

そこで疑問なのですが、電子マネーもあるのになぜ、これらステーブルコインや暗号通貨なのか?と言うと、暗号通貨のよいところは暗号を残せる点にあるからなのです。

履歴(トランザクション)が残る金融


たとえば100円を貸し出す際、100円が右から左へ移行しますが、それは物理の移動で、見て視覚で認識するしかありません。

または証明するために貸借対照表を記入したりします。

そして、日銀が紙幣をバンバンする際も、それは印刷機か輪転機で物理で印刷して刷るしか方法はなかったりします。

ところが暗号通貨であれば暗号通貨に対してアドレスが生成され、右から左へ貸し出す際もアドレスからアドレスへ移行するという履歴(トランザクション)が残ります。

んで、発行の際もマイニングしか生成方法がないので、どこで生成され、どのように流れていったかという確認ができるのです。

今、イーサリアムの世界でこの分散型金融が活発になってきていて、イーサリアム上で動くERC20トークンを使ってお金の貸し借りが活発になってきているのです。

それも原理は一緒で、ERC20トークンを買うことにより、それを右から左へ貸し出せばアドレスからアドレスへ価値が移転しますし、返してもらうときもアドレスからアドレスへ価値の移転が起きるからです。

日銀が紙幣を発行する際は目に見えませんが、イーサリアムのERC20トークンの場合は生成されたアドレスがどこからどこへいったというのが追えるので改竄することができないワケなのです。

DeFi (3)

分散型金融の代表例 コンパウンド


compound (コンパウンド)という分散型金融で代表的なレンディングサービスがありますが、そこではERC20トークンのDaiであったり、テザーであったりが取引きされ、それによりお金の貸し借りが行われているのです。


なのでそれはDaiであればDaiが右から左へ貸し出された際、アドレスからアドレスへ送られた履歴(トランザクション)が残ります。

テザーはステーブコインでドルと価格が連動してますが、ドルであれば履歴は残らないのですが、テザーであれば右から左へ貸し出した際、アドレスからアドレスへ送られた履歴(トランザクション)が残るのです。

こういった履歴(トランザクション)が残るというのが暗号資産のよいところで、だからこそ改竄ができないのです。

そして、この履歴(トランザクション)はアドレスからアドレスへ残るとともに、P2Pネットワークにより他のパソコンのネットワークで参照され、そこにも履歴(トランザクション)が残る仕組みなのです。

お金って本来、信用であったり、価値を信用し、信用にやって価値を右から左へ移転したりしています。

ですが、今現在の紙幣や硬貨は日本銀行や中央銀行の信用の元に通貨発行や価値の流通を行なっているため、その信用のおおもとは結局、中央銀行なのです。

分散型金融の目的とするところはこの中央銀行によらない非中央集権的なところで、P2Pネットワークによる承認を目的にしています。

つまり、中央集権や国家、中央銀行が承認するのではなく、P2Pネットワークのイーサリアム保有者や各パソコンが承認する形とならのです。

どちらの方が信用でき、どちらの方が改竄ができないか?も明確で、だからこそ銀行はなくなると言われているゆえんであったりします。

DeFi (1)

そのせいか、今、イーサリアム(ETH)の価格が上昇しているので買ってみてもいいと思います。

そこからコンパウンドで貸し出しして増やしていってもいいですし、取引が活発になれば保有しているだけで承認を行なっていることになるのです。

つまり、P2Pネットワークに参加しているという意味なのです。

以上、猿でもわかるDeFi(分散型金融)の考え方の話でした。