満員電車11052

1.日銀黒田総裁の茶番劇


新型コロナウィルスの影響で経済が冷え込んでいます。

感染者が多数出ており、感染を食い止める方法は接触や交通を遮断するしかなす術がないので、当の中国でも困り果てているみたいです。

経済的な打撃ははかり知れないものがありますが、そもそも政府と経済はあまり関係がないので、政府は政権的に得をする選択をします。

安倍首相の臨時休校要請もそうですし、アメリカの入国規制もそうだったりします。

なので、連日株価が下落したり、かと思ったら過去最大に上昇したりと言った非常に気まぐれな展開となっております。

日本がかなりヤバい状態の話は昨日しましたが、昨日も日銀はETFを1014億も買い進め、実質国有化への道を着実に進めています。


これは私の素朴な疑問なんですが、日銀がETFで1014億円買い入れる情報って、そこに1014億円のお金が入ることになるので、株とか株のFXやってる人って、その情報が入り次第、上がることは目に見えているので同時に買い注文だして、上がったところを売り抜けるんじゃないんですかね?

ある意味、インサイダーと言いますか、だって1014億円の金額が株に入るということを言っていいものなのか?どうか?高齢化ってこういうことなんですね?いろんなことに気づかなくなるという…。

他の人はインサイダーで逮捕されるのに、まったくもって謎だったりします。

FXやってる投機家はウハウハだと思いますが…。よう知らんけど…。

2.円相場も危うい


ダウ平均も日経平均も株価なんですが、円相場の方がけっこう重要で、今って円高になってきているのでこれ以上、株を買い進めるのはかなり危険だというお話です。

FXの人は上がったら売り抜けますよ~!企業なんてどうでもいいもん。見てるのは利幅だけ。

1ドル108円というとき、1万ドルは108万円だったりします。

トヨタの車とか、トヨタでもスズキでもどっちでもいいですが、車1台売れると108万円なのが、円が高くなってくると1ドル100円で100万円になり、1ドル80円で80万円になります。

ってことはなんですが、同じ価値を販売しているのに、売上が8万から20万近く減っており、同じく、もらう給料もそれぐらい減るということに誰も気づいていません。昭和の人はひたすら根性論で売れっ!って言います。多分…。

3.変わらないのに、実は変わっちゃってる問題


つまりなんですが、給料をいくらもらっているか分かりませんが、同じ物を生産して販売しているのに、円高が進むと売上も減るし、もらう給料も減ってしまう問題です。

逆に言えば、円安が進んだ方が売上も上がりますし、給料も上がるのです。

1ドル115円の1万ドルは115万円です。

1ドル108円から比べると、7万円売上が増えるのです。

売上が増えるということは給料も増えます。

日本人が貧しくなっている理由として、この円高を上げる識者が多数いらっしゃいます。

消耗する働き方もまさにそうで、円高は売上が減るので給料も減るし、GDPも下がるのはこれも原因の一つだと思います。

んで、この現象で説明がつかないのは外国人観光客が物価が安いと言って日本へ来ることなんですが、通常は円安になると外国人観光客が物価が安いと思うんですが、今の状態で物価が安いってことは海外の方は逆にかなり物価が上がっていて、日本とかなり差がついていると思う点です。

4.思考停止とは、気づかないという問題


この考えについては実効為替レートという考え方があり、極端な話、10年前のコーラと今のコーラは同じ値段であることの方がおかしいことに気づけ!という点です。

日本人は思考停止なので変わらない事を非常に大切にしますが、昔10円で買えていた物が今も10円で買えることの方が異常なのです。

給料の上昇とともに物価は上がりますし、不動産とか株価とか、その他あらゆる物価が上がっていれば本来はそれにともない他の物価も上がるはずなんですが、日本ってあんま上がってないことに気づいていない点です。

おかげでiPhoneとか、海外製の物は安く買えたり、ガソリンとか輸入に頼っている物は安く買えるんですが、その一方で輸出している企業なんかは損していると思いますし、海外の倍は売らなければいけない事態になっているかも知れません。

なので、あまり気づかない事象ですが、今の円相場はかなり高すぎて、本来はもっと安いと思う話です。

アメリカなんかも時給は1.680円とかなので、日本が低すぎるんだと思います。

どうりで年金とか社会保障引かれると何も残らなくなりますよね?

でも、それって物価が安いのでそうなっているようにも思います。


だって、タイのダイソーは200円ってそういうことなのだと思います。


以上、新型コロナの影響で歪んだ日本経済の話でした。