経済オンチの日本人は経済学者でさえも経済オンチ


世界中でインフレ懸念が高まっています。


それと言うのも

買いたい物が高くなってしまったために買えなくなってしまった

からです。

日本だけデフレなのですが、

人件費の抑制が、

デフレをまねいている

というちんぷんかんぷんな解釈を与えています。

ですが、

  • 安心してください。

それはまったくのあやまりです。


日本はお金を刷りすぎているため、

物が売れない状態にあり、

単純にデフレではなく、

購買力の低下、

ないしは、

欲しい物を生産していない、

企業的な欠陥だからです。

欲しい物を生産していない場合は、

いくら生産しても売れませんし、

そもそも必要でないため、

値下げして価値を目減りさせて売っていく他、

方法がないからなのであります。

本日はこのインフレやデフレの根本的な問題である物価について詳述したいと思います。


人件費も労働力という商品に対する経費が正解


物価が上がったと言うとき、

  • 単純に物が高くなった場合と、

  • 相関的に値段が上がる場合

が考えられます。

給料が上がっても、

  • 100円ショップの商品が、
  • 200円に値上げされていた場合、

それは給料が上がったと言えないからなのです。

逆に、給料が変わらなくても、

  • 100円ショップの商品が、
  • 50円に値下げされていれば、

今までより2倍買えるので、

物価が下がったと言えます。

ですが、厳密には給料の源である人件費も労働力という商品なので、

物価が上がるということは、

人件費も上がることを意味しています。

それは商品を生産する際、

労働力という商品も買わなければ、

商品を生産できない

からなのです。

なので、商品を構成する要素として、

設備投資の機械とともに、

労働力という商品も経費に含まれ、

商品の値段に転嫁されます。

日本以外の世界では、

人件費は上がっていて、

それにより商品の価格や不動産価格なども上がっているのでインフレと言われています。


逆に日本では人件費は上がらないのですが、

物価は逆に下がっていて、

その反面、不動産や株価は上がっていたりするので、

  • この不動産と株だけに何か特別なお金が流れている

というのが以前からの当ブログの主張になります。


お金があまると資産バブルになり、資産バブルが物の値段を上げ、商品の値段を上げてゆく仕組みが物価


お金が均等に回っていれば購買力もあるのですが、

お金に偏りが生じると購買力も低下します。

普段では売れる商品も売れなくなりますし、

それだけ市場にお金が出回っていない、

流通していない状態となるからなのです。

新型コロナの影響で不景気になり、

資産バブルが生じている話はこちらでしました。


それは資産にお金が集中していてバブルになっている話です。

お金が足りなくてお金を刷ったものの、

実際にはお金があまっていて、欲しい物がなくてあまっている分、

株やビットコインにお金が集まったりしています。


ですが、このお金も足りない人はまだいて

いまだに刷りつづける必要はありますし、

感染の拡大が止まらないようであれば、

個人だけでなく、

企業へもさらなる支援が必要になる

のですが、

資産バブルである以上、

資産バブルが改善されない場合、さらなる資産バブルや物価の上昇をまねくということに気がつけない人が多いように思いました。

ビットコインの底値も2017年と比較にはならない お金を刷った分、底値は上がっている


ビットコインをめぐっても、

2017年のバブルと同等に考える人たちが多いのですが、

  • お金を刷ってない時点の200万円と、

  • お金を世界中で刷ったあとの200万円は同じではない

ことに気がつけません。


Thus when we add those printed funds to the equation, it turns out bitcoin already has gone so low as to test the previous all time high and that held. While in plain price, the lowest it went to is $28,000.

日本語訳
これらの印刷された資金を方程式に追加すると、ビットコインはすでに低くなっているため、以前の高値をテストすることができます。
普通の価格ですが、最低価格は28,000ドルです。


逆に言えば、

  • お金を刷ってない時点の200万円は、

  • お金を世界中で刷った300万円と同等か?

それ以上の気すらするからです。


お金を刷ってない時点ではお金はあまっていません。

お金を世界中で刷ってしまえば世界中でお金があまっているからなのであります。

そして、肝心の人件費に関しても、

人の接触が感染リスクとなるために、

募集しても集まらないほど、

人件費はかつてないほどの値上がりをしています。

それらはまだ人件費の段階なのですが、

人件費から商品が生産されることを考えると、

やがて商品の値段も値上げしていかなければ採算がとれないことに気がつかされると思います。

人件費しかり、

石油や電気のエネルギーコストしかり、

さまざまな商品の値段しかり

です。

それらは相互に相関して商品の値段を構成します。

今は資産バブルとして、資産の側面しか眺められてませんが、

やがて人件費が、

石油が、

電気が、

と言うとき、

商品の値段は高くなり過ぎて、

買えなくなったり、

採算割れして生産から撤退する企業たちも出始める未来が想定されます。

生産されているうちは商品を手に入れられますが、

生産されない商品も出てくるとオモイますので、

モノ不足は深刻なものになると思って観察しています。

それは今まで使っていた物が高くなれば使うのをやめてしまうように、

売れなくなった物をコスト高で生産する人はいないからです。

ハイパーインフレの悪夢
アダム ファーガソン
新潮社
2011-05-25