セール

新型コロナの感染拡大は歳出を増やす


新型コロナウィルスはPCR検査費用にはじまり、医療費や社会保障を圧迫する歳出が増えてゆく現象を作り出しております。

その反面、経済を回すという識者も多く、Go To トラベルやGo To イートが続行されているワケなのですが、国民が恐怖におびえて委縮した中、経済は回らないと思う派です。


経済を回す、回さないも結局、人間の心理であって、人間の心理が冷え込んでいれば経済は回らないと思うのです。

そう考えていたところでGo To トラベルやGo To イートが続く限りは感染者が増え続けますし、PCR検査費用や医療費や社会保障はどんどんかかり増しになるのです。

東京で満員電車が運行していれば感染が拡大して当たり前だと思いませんか?

感染者が一人乗れば確実にクラスターになると思うのですが…。

それって別に考えなくても、想像すれば分かるたぐいの問題だと思います。

商品を安くしても売れない場合、市場にお金が流通していない


以前、物が安くなっている話をしました。

福岡ソフトバンクホークスが優勝してペイペイモールなんかでもセールがおこなわれているのですが、50%から60%引きまであって、物の値段がどんどん安くなっている印象です。

市場にはお金と商品があって、お金と商品が交換されて経済が回ります。

商品が売れないということは欲しくない商品か? 値段が高い場合です。

ですが、いくら値段を下げても売れない場合、お金がそもそも流通していないという問題も頭をよぎるのです。

以前お話しましたが、株やビットコインという投資にお金が流れていれば、それは使われることがありません。

株であれば企業に投資されるので、企業は運転資金としてお金を運用します。

株主は配当を期待して投資しますが、実際、営業利益が上がらなければ企業の業績はよくなりません。

しかし、お金は株に投資されるので企業側はお金に困ることがないのです。

ですが、物は売れません。

商品の値段を50%や60%下げて販売しても売れないのです。

100%の商品を50%で販売すれば半額で、当初の利益予想の半分になります。

商品を生産させたり、流通させたりするのは一方で工場の従業員の雇用を守り、物流業者の雇用を守ります。

ですが、その最終段階の販売の段階で売れなければ、結局、企業は損をしています。

それが限りなく繰り返されると、企業の方でもお金がつき、株価は大暴落すると思うのです。

株は企業へ投資する 物が売れなくなれば???


商品が100%のプロパーで売れたり、50%までいなくても20%ぐらいで売れるようであればそうならないのですが、半額や半額以下になれば、正直、生産活動でさえも市場が支持しないという証であることに気がつく日本人は少ないと思います。

資本主義も市場原理も、市場が淘汰をおこないます。

Go To トラベルもGo To イートも売上が上がって、サービスが使われて、市場は評価します。

つまり、売上が上がらない場合、サービスが使われない場合は市場がいらないという評価を下しているという意味です。

その評価が下っているのに気合いと根性で回しつづけるのが日本経済のような気がしています。

ですが、その経済を回す一方、片方ではPCR検査費用や医療費や社会保障が支出されています。

  • この経済を回す方と、
  • PCR検査費用や医療費や社会保障

を天秤にかけて、トータルでマイナスにならない点が最適解だと思います。

あんだけ東京で感染者が増加しているのに、いまだに東京では満員電車が走っていたり、新幹線も出ているようなので、感染は抑制する気配はないように思うのです。

交通を止めないかぎり、感染は抑制できません。

それは多分、素人でも分かります。

地方から若者がGo To で東京や大阪、またはそのルート上を通過すれば感染のリスクもありますし、持ち帰るリスクもあるワケなのです。

経済を回すってそんなに大切なのですか?

多分、経済を回す以上に莫大な費用がかかっていて、のちのち多額の負担を背負わなければいけないのかもしれません。