若者向け新型コロナウイルス感染症に関するメッセージ

毎日何か怒っていたのでやった感になっていたが実は何もしていない


新型コロナウィルスの感染対策について日本はノーガードであるという話は当ブログにて再三しました。


西村経済再生担当相が会見をおこなうように日本にいたってはこの経済対策がコロナ対策であるという誤解が起こっています。

日本がノーガードなのになんか対策をやった感になるのは、緊急事態宣言の会見であったり、テレビやマスコミでの会食批判だったりするからです。


その会食について批判したり、人数について吟味し始めたりするので、新型コロナに対しては何一つ対策をしていないのに、やった感になっているものと思われます。

  • 高級店であったり、
  • 焼肉店であったり、

やはり、普段の願望から反するものが燃えやすい怒りポイントだと思われます。

今では逆に、

  • ノーガードであることと何もやっていないということが知れると、

逆に、

  • そんなことはない!

と怒ってしまう感じになると思います。

  • ですが、安心してください。

  • 新型コロナの感染対策は何ひとつやってません。日本は…。


医療従事者は今日もノーガードで働いている


北海道の旭川で医療崩壊した点は記憶に新しいと思います。


感染者が拡大し、看護師さんが大量退職したからです。

それにより自衛隊が派遣され、自衛隊が看護にあたる光景が繰り広げられました。

これについても医療崩壊という形からはちっとも考察されずに、自衛官に感謝したり、医療従事者に感謝する空気が醸成されました。


ですが、欲しいのは感謝でなく、対策であったのだと思います。

中国の武漢でも当初は医療従事者が逃げ出すリスクがありました。

医療従事者が感染して命を起こす事例が多発したからです。


そのときに登場したのがワクチンですし、ワクチンは高齢者や医療従事者に優先的に投与されてゆきました。

ワクチンについても賛否両論ありますが、ワクチンがあるとないのとでは対策や心持ちは違うくなります。

それは医療従事者でもそうですし、他の職種の人でもワクチンがあるとないのとでは違うのです。


日本は先進国であるのにいまだワクチンについて手配の段階なので、いかにノーガードの国であったか?気がつかれると思います。

しかも、イギリスの変異種が見つかって、ようやく感満載なのです。

なので、この段階でワクチンもなしにノーガードで働いている医療従事者の方には本当に頭が下がりますし、リスクしかない職場でよく働けるものだなと人間として尊敬すらしてしまうぐらいなのです。

ここまで怒らない国民も珍しくて、飲食店は時短営業を要請されましたし、電車も終電が繰り上げられたみたいです。

日本は怒ったりかわいそうと言ってるだけの国で実は何もしていない


トリアージもそうなのですが、みんなに同情的になって、みんなの意見を聞いていればトリアージは無理です。

そして、救える命と救えない命があることも事実なのです。


また、救える側と救えない側、死なれたら困る人と死なれてもいい人がいるのも事実なのです。

自殺についてもさまざまな同情的な意見はございますが、今は不景気で貧困であることを考えると、

  • 死んだら負け

だと覚悟した方がいいと思います。

日本の場合、内向きに作用して自殺を選択しますが、海外では外向きに向かいデモやクーデターや襲撃事件が頻発しているので、苦しい状態はみんな一緒で、

  • 生きるか?
  • 死ぬか?

の生存競争になってしまったのです。

日本に多い点は、こういったトリアージ的な発想ができずに、単純に、

  • かわいそう文化

になっているので、下手をすれば肝心な命でさえ救えない状態になるのかもしれません。


古くは脳死の延命措置やがんなどの病名の告知の問題もあったと思います。


  • かわいそうだけでは人は救えないのです。

そして、多分なのですが、かわいそうなのはみんな理解できるのです。

これは認知の差になりますが、

単純に、

  • かわいそうと感想を吐露する人と、

  • かわいそうだから助けよう

と発想する人がいて、

かわいそうだから助けようと思う人たちは、助けられないことも考えるので同情的にならない部分もあると言うことです。

  • 同情するなら金をくれ!

と言った家なき子の安達祐実さんの発言が象徴的ですが、

  • 同情だけでは救えない

のはこういうことなのです。


そして、この同情や怒りがやった感になっていれば、それは何もしていないことに等しいので、ワクチンの対応もそうですし、政府に働きかけてゆく行動が必要になるのだと思います。

今はまだ新型コロナも始まったばかりなのです。

ワクチンもそうですし、今後もこのような状態はつづいていきます。

ワクチンが行き渡ったら解決も楽観論で、健康でなければ生き残れない社会になったのだと考えた方がいいと思います。

お金を稼いだとしても、家族ができたとしても、新型コロナにかかれば命の危険にさらされる社会になったので、せめて自分の健康は自分で守る意識は持った方がいいと思います。

それがお金を稼いだり、勉強をするよりもかなり重要なテーマになるのが、新型コロナウィルスの社会になると思っています。