若者向け新型コロナウイルス感染症に関するメッセージ

Go To トラベルが感染の原因ではないが一時停止するワケ


新型コロナウィルスが感染を拡大させております。

Go To トラベルは大失敗だったのですが、

  • 直接的な原因ではない

とする専門家や政府の方がいたりするのでよく分からない現象が生じています。


しかし、よ~く冷静に考えてください。

なんで、原因でないものを一時停止するのですか?

それは

  • 原因ではない

と口では言ってますが、

  • 一時停止という行動や判断が結果や行動

なので、

それは体が、

  • 原因だ!

と言っているのです。

学校教育や頭でっかちの人が増えると、頭と体がこんがらがりますが、答えはいたってシンプルです。


一時停止する理由があるワケなのです。

それは単刀直入に怖いからです。

体が恐れているのです。

感染拡大地域を一時停止にすると何が起こるか?


Go To トラベルはどうも関係団体や関係業界に忖度があるようで、これだけ感染が拡大しているのに感染原因と言えなかったり、全面的に中止することをしなかったりしています。


おまけにJTBでは6500人の削減を発表したり、ANAでも3500人の削減を発表しているのでこれ以上ムダ金を使うのはやめていただきたい心境です。

素直にGo To トラベルが感染を拡大させたし、Go To トラベルの中止を発表した方が日本経済は瀕死の状態におかれますが、被害の拡大も防げますし、助かる命も増えると思います。

さて、感染拡大地域を一時停止にする方向で調整されておりますが、これによってどういった状況が起こるか?と言いますと、感染が拡大していない地域に観光客が集中する点です。

感染拡大地域が人の往来を停止すれば感染が拡大していない地域へ人が集中するのは自明の理です。

逆に言えばすべて停止した方がいさぎよいのですが、忖度が働いているとそれもままならないのだと思います。

働いている人が旅行へ行っているとは思えない


Go To トラベルで思うことなのですが、我慢の3連休とは言いながらも観光地では観光客であふれている光景が流れたりしています。

そしてふと思ったことなのですが、もしかしたら現時点で働いている人が少ないのかも?という推測です。

当初、新型コロナの影響で村八分的な管理に成功していたのですが、通常、村八分的な管理では外出や旅行はしづらい心理的傾向があるのです。

当事者意識で考えると分かりますが、仮に自分が感染したり、家族が感染した場合、村八分的な管理では村八分の制裁を受けます。

ですが、こうやってGo To トラベルなんかで観光地が観光客であふれている光景を目にすると、あまり会社で働いてない人たちや組織に所属していない人たちのような気がするのです。

もしそうだとしたら逆に無職の人が増えているという現実なので、Go To トラベルは失敗であるし、単純に感染者を増やす結果になった施策であると言えます。