太宰治10082

ブラック企業の業務スキルはできない人材に合わせる


ブラック企業に勤務をしていると、

  • サービス残業や、
  • 長時間労働が多い

ことに気がつかれると思います。

その反面、

  • 給料は変わらないか?

むしろ

  • 減ってゆくので、

  • 生産性が低い

ことにも気がつれると思います。

それもそのはずで、

  • 高齢化で経営者や従業員でさえ、
  • 業務スキルが落ちていて、

かつ、

  • 変えるつもりもない

からなのであります。

そこで本日は、ブラック企業で生き残るために必要な、

  • 『やった』感を醸し出すスキル

についてお伝えしてまいりたいと思います。


仕事を片づけるのではなく、みんなでやることが大切 手を動かすより口を動かせ!


ブラック企業では、先ほどもお話ししましたとおり、

高齢化で経営者や従業員でさえ、

  • 業務スキルが落ちている

ので、その中で必死に頑張ったり、

変えようとこころみるのは大きなあやまりです。

それは

  • 誰も変わることを望んでいない

からです。

あくまでもその決められたフレームワークにのっとって、

その環境にあった業務スキルで働かないと

  • 体を壊してしまう

からです。

生産性を追い求めると、

ただでさえ、

落ちきった生産性の中で上げようとする

のですから、

  • あなた一人がその落ちきった分を背負う

ことになってしまいます。

そうではなくて、

そういう場合は、

  • 手よりも口を動かして、
  • あくまで参加しつつも、
  • 手を抜くスキルを獲得すべき

だからです。

それは

  • 手よりも口を動かすことにより、
  • 手を抜いていることがごまかせ、

かつ、

  • 参加している風を装える

からです。

逆に、ここで口を動かさないで手を動かしたとしても、

それは

  • ただ仕事が早く終わってしまう

だけで、

  • 誰も得をしない

からです。

そして、それは、

  • 誰の記憶にも残りません。

よく休日出勤で出社して、

  • ただ黙々と手だけ動かして帰る人

を見かけますが、

  • それは誰もやったことがわかりません。

それは

  • 仕事があって、
  • 仕事がなくなった

ことを意味しますが、

黙々とやってしまったために、

  • 誰がやったのか?

さえわからなくなるのが大きな問題です。

せっかく働いたのだから、

  • 誰がやったのか?

わかるように手よりも口を動かすことが重要だからです。

それはその仕事をやりつつも、

  • 誰かを笑わせたり、
  • 誰かをいじったり、

することによって、

手を動かすよりも効果的な方法で『やった』感を醸し出すことができる

からです。

そして、ブラック企業においては、

  • 業務に精通している人材よりも、
  • みんなに好かれている人材が重宝される

ため、

  • 手を動かすよりも、
  • 口を動かした方がいい

のです。

三島由紀夫10082

あなたが一人黙々とやるよりも、

  • みんなを笑わせたり、
  • いじりつつ、

業務をおこなえば、

  • あなたも『やった』感になり、
  • みんなも『やった』感になります。

それはたとえあなたが一人で黙々と終わらせた方が早いにしても、

  • みんなを巻き込むことにより、
  • 得られる物の方が大きくなる

からです。

できない人も『やった』感で自信がつきますし、

あなたも『やった』感で手を抜けます。

それは巻き込む人、

すべてを幸せにするスキルです。


会議の議題は決める必要がない 『議題に上げます』と意見を幅広く聞くだけでいい


ブラック企業においては、

  • ブラックな規則や、
  • ブラックな問題

がいたるところで浮かんできます。


それは

  • うらみごと

であったり、

  • ひがみごと

であったり、

  • ねたみごと

であったりします。

そういった理不尽な問題やきわどい問題も、

幅広く意見を聞くことにより、

多少やわらぐので、

  • 『次回の議題に上げます』

と言えば、

丸くおさまります。

そして、ここで一番重要なことは、

  • 議題に上げる

だけで、

問題については、

  • 決して評価をくださない、

つまり、

  • 決めてはいけない

ということです。

決めてしまえば、

それが仕事となり、

余計な仕事がまた一つ増えてしまう

からです。

あくまで

  • 議題に上げる、

もっと正確に言えば、

  • 意見を聞く

だけでいいので、

下手をすれば、

  • 議題に上げる必要もない

からです。

それを


と言う人もいますが、

  • 嘘も方便

でその場が丸くおさまればなんだっていいからです。

お悩み相談や恋愛相談も、

いろいろとお悩みを聞いたあと、

  • 『こうした方がいい』

と素直にアドバイスすることにより、

  • 台無しにしてしまう場合が往々にしてある

からです。


それはただお悩みを聞くだけで、

  • 解決策はどうだっていい

からなのです。

真面目な人は、

意見を募ったあとに、

フィードバックされないと

後味が悪いようですが、

ブラック企業の従業員は、

  • 意見を言うことにより意外にスッキリしてしまう

ので、

  • フィードバックは意外にどうでもいい

からです。

そして、それは、

  • 意見を吐き出してスッキリすることによって忘れます。

  • そんなことはない!

と思いがちですが、

現実がそのようであれば、

  • それでいいのだ!

と思います。



それでいいんだ今は
DADA label
2017-05-05