中国恒大集団の債務危機でも、経済が停滞しても、実はビットコインには関係がない


中国恒大の債務危機があきらかになってから、

  • ビットコインも、
  • 株価も下がりました。

それは景気が低迷して、せっかくビットコインや株価で儲けたお金を減らしたくないからなのであります。

人間、誰でも一銭たりとも損をしたくない生き物なので、

目先の損する情報には過敏なぐらいに反応してしまいます。

そして、信用収縮から経済が停滞し、崩壊に向かうのだとしても、

株価は景気に関係しますが、

  • ビットコインはどちらかと言えば、
  • 金(ゴールド)と同じコモディティに属するので、
  • 景気の良し悪しに関係しません。

それは商品(コモディティ)だからです。

唯一、景気に関すると言えば、

  • インフレと言った物価の上昇にのみ、

関係してきます。

そこで本日は、

かなり悲観的になってきたビットコインに関して、

  • 実はそんなに心配する必要がない

点を考察してまいりたいと思います。

TREZOR

ビットコインに関して目下の課題は電力とマイニングとハッシュレート


ビットコインについて、目下、心配な点は、

  • 電力不足によるマイニングの減少と、
  • 電力の規制のみ

にあると思います。


この問題が激しく規制されたり、絶望的になってくると、考えざるを得ません。

それはブロックチェーンというテクノロジーにとって、

  • 死活問題

となるからです。

ただ価格面で眺めれば悲観する必要はなく、

環境は2017年と違ってきているので、

  • 少なくとも2017年よりは安心していい環境

であります。


ビットコインにはすでに、

  • 機関投資家や、国家

が参入しているからです。

この大口の存在は価格面を考えるとき、

  • 大きい

と思います。

機関投資家や国家

はそう簡単に手放せないからです。

この点は日本人の個人投資家ほど、

  • 2017年の忌まわしいバブルの記憶にさいなまれている

ので、心配する方が多いのが実際です。

万が一のためです。

ビットコインに関して心配した方が注目をあびれる問題点


ですが、その心配も、単純にウケがいい心配である場合が多く、

  • 必ずしも本人が本当に心配しているのか?

探る必要性があります。

と言うのも、

  • みんなにウケがいい、
  • 心配した発言の方がいろんな人に注目され、見てもらえる

からです。

ビットコインはすでに注目されています。

それはアメリカではかなりの熱狂で、

機関投資家も参戦し、

ニュースなどでもトップニュースの扱いになるぐらい

国民が注目して眺めおります。

それはビットコインへ投資をすると稼げるからです。

ただ稼げる反面、

損をしている人がいるのも儲けのからくりで、

注目すればするほど、

この傾向が強くでるのも実際であるからです。

  • なので著しく上がったり、
  • 著しく下がったりしています。

そもそもあのとき、ビットコインの価格っていくらだったっけ?


そういうときにオススメしたい視点は、

  • まだ注目されてないときの価格を思い出す

ことです。

テスラのイーロン・マスク氏が買い始めた頃が380万円でありますし、

テスラのイーロン・マスク氏が相場を上げ下げしたのも、

450万円を超えたあたり

からでした。


なので、このあたりの価格帯は

  • 比較的もっとも影響を受けていなかった価格帯

と考えられます。

つまり、その頃はあまり注目されてなかったので人びとは忘れてますが、

  • 380万円から450万円のあたりは

黙ってても自然にその価格に落ち着いたラインであり、

黙ってても持ち堪えられるラインであるように思われるからです。

そこから絶望的になって売り増したり、

今まで持っていた人たちがかなり売ってしまえば下がると思います。

ですが、この価格帯であればそんなに絶望的な落ち方はしてゆかないように思うワケなのです。

中国の規制や恒大集団の債務危機でも答えは相場の価格に反映されている


中国の方で規制が開始され、

電力も規制され、

中国の方で売りが加速すれば下がるのですが、

まだ幸いに価格は落ちきっておりません。

そして、一番大事な点は、

  • この落ちきっていない価格

が答えだからです。

さまざまなニュースや、

さまざまなFUDが配信されるとき、

その答えは価格にあらわれます。


価格が下がればそれが答えだし、

価格が下がらなければそれが答えです。

つまり、

  • 売りが答えであり、
  • 買いが答えである

ということです。

さまざまに言って、

さまざまに解釈することは可能ですが、

お金の論理や資本の論理は、

  • 買うということがイエスであり、
  • 売るということがノー

だという点です。

マルクス 資本論 1 (岩波文庫)
向坂 逸郎
岩波書店
2017-11-16


今はノーが少ないので、

それがある意味、大勢の答えである気がしています。