2020-05-23 入荷未定商品2

インフレは物価が上がることではない 供給量が減少た結果、物価が上がっているだけ


インフレで物価が上がってしまったので、

  • 最低賃金の見直しや、
  • 物価対策が急務

になってまいりました。


ですが、インフレは実は、

  • 物価の上昇ではなく、
  • 供給量の減少から起こっている

ことに気がつけない人が多いように思いました。

そこで本日は、

  • 供給量の減少から、
  • なぜ物価の上昇が起こるのか?

について考察をくわえてまいりたい

と思います。

インフレは需要に対して供給が不足していること


ケインズと論争を繰り広げた経済学者にハイエクがいます。

彼は、物価の上昇は

  • 需要に対して供給が不足していること

によって起こると認めた経済学者でした。

と言うのも、

同時は第一次世界大戦後のドイツが、

戦後負債に悩まされ、

  • ハイパーインフレ

を経験していたからでした。

ハイパーインフレの悪夢
アダム ファーガソン
新潮社
2011-05-25


そこには、

  • 札束でパンを買う人の姿が認められた

からです。

  • 欲しいと思う需要に対して、
  • 供給が追いつかない場合、
  • 札束でパンを買う

ことになります。

それは

  • 欲しいと思うお金の方は多いのに、
  • パンの方が足りない

ことによって起こっているからです。

ビットコインが半減期の翌年にバブルになるのも、

  • 21万ブロックが生成され、
  • 半減期に半分になってしまうため、
  • 半減期の翌年は供給量が足りなくなってしまう

からです。

物の方が足りなくなると札束で物を購入することになる


  • 欲しいと思う人に対して、
  • 欲しいと思う物が足りなくなるとき、
  • 価格を上げ、
  • バブルになります。

それは

  • 欲しいと思う人が、
  • 欲しいと思うお金を払い、
  • 他の人に負けないぐらいお金を出す

からです。

なので、

  • 物価対策は小手先の補助金や給付金でやると、
  • つづかなくなります。

それは

ただでさえ足りなくなっている物に対して、

  • 買い控えはおろか?

いつもと変わらない数量を買ってしまうことになるので、

  • インフレはますます加速してゆく

と言うことができると思います。


インフレは物価の上昇ではありません。

  • 欲しいと思う需要に対して、
  • 供給が足りなくなる現象

です。

  • 物が高くなる

と言うことは、

  • 買える人を少なくする

ので、

  • 物が足りなくなりません。

ですが、ここで補助金や給付金を支給すれば、

  • 高くなっている物を、
  • みんな買い始めるので、
  • ますます物が足りなくなってしまう

ことに気がつくことになると思います。

ドイツではハイパーインフレの際、

札束でパンを購入しました。

それは

  • お金は多くあったのですが、
  • 物の方が足りなくなってしまった

からです。

なぜこうなったかと言えば、

  • お金をバンバン刷った

からでした。


日本も同じことをしているので、

気をつけた方がいいと思います。

  • 札束でパンを購入する

と言うことは、

  • パンの方が価値があり、
  • お金の方はわずかな価値

しか持たないからです。