バイデンツイッター

ビットコインが半額になるかもしれない? バイデンのせい?


ビットコインが半額になるかもしれないという話がニュースになりました。


せっかくビットコインに投資をしはじめたのに、コインベースの大量売却やバイデン大統領のキャピタルゲイン課税による大暴落を受けて意気消沈している投資家の方へ耳寄りな情報をお伝えしたいと思います。


ビットコインが半額になるかもしれないニュースを検証してみました。

結果、

  • 安心してください。

  • 半額にはなりませんよっ!

以下に検証結果をくわしく考察してまいります。

2016年7月9日の半減期から18ヶ月後の2017年12月は年初より50倍の高値をつけた


新型コロナのニュースでもあきらかですが、専門家は不安を煽ります。

  • それは、なぜか?

不安を煽っといた方が自分の記事が幅広い人たちに読んでもらえるからです。

つまり、不安は、

  • 本当か?

  • どうか?

は別にして、

記事を読んでもらうための

  • スパイスである

場合が多いのが実際です。

さて、今年はビットコインにとっては最大の山場である半減期後の価格上昇です。


そして、ビットコインの半減期は去年、ちょうど新型コロナの給付金を配りはじめた5月でした。

  • 今回の半減期は2020年5月12日です。

ビットコインが半額になるおそれは常にあります。

ですが、この半減期の翌年に半額に落ちたケースは今まで確認できません。

半額に落ちるのは、むしろ、半減期後にピークをつけたあとのタイミングです。

わかりやすい例で2017年のケースを紹介いたします。

  • BTC/JPY-28APR2017 2017/4/28 149,360
  • BTC/JPY-05MAY2017 2017/5/5 178,500
  • BTC/JPY-12MAY2017 2017/5/12 213,600
  • BTC/JPY-19MAY2017 2017/5/19 232,000
  • BTC/JPY-26MAY2017 2017/5/26 292,000
  • BTC/JPY-02JUN2017 2017/6/2 273,800
  • BTC/JPY-09JUN2017 2017/6/9 312,030
  • BTC/JPY-16JUN2017 2017/6/16 273,727
  • BTC/JPY-23JUN2017 2017/6/23 305,499
  • BTC/JPY-30JUN2017 2017/6/30 285,020
  • BTC/JPY-07JUL2017 2017/7/7 292,290
  • BTC/JPY-14JUL2017 2017/7/14 265,300
  • BTC/JPY-21JUL2017 2017/7/21 300,850
  • BTC/JPY-28JUL2017 2017/7/28 298,000
  • BTC/JPY-04AUG2017 2017/8/4 308,200
  • BTC/JPY-11AUG2017 2017/8/11 377,871
  • BTC/JPY-18AUG2017 2017/8/18 469,515
  • BTC/JPY-25AUG2017 2017/8/25 474,697
  • BTC/JPY-01SEP2017 2017/9/1 527,684
  • BTC/JPY-08SEP2017 2017/9/8 499,884
  • BTC/JPY-15SEP2017 2017/9/15 367,000
  • BTC/JPY-22SEP2017 2017/9/22 408,099
  • BTC/JPY-29SEP2017 2017/9/29 456,000
  • BTC/JPY-06OCT2017 2017/10/6 483,760
  • BTC/JPY-13OCT2017 2017/10/13 635,337
  • BTC/JPY-20OCT2017 2017/10/20 636,140
  • BTC/JPY-27OCT2017 2017/10/27 670,740
  • BTC/JPY-03NOV2017 2017/11/3 804,676
  • BTC/JPY-10NOV2017 2017/11/10 831,210
  • BTC/JPY-17NOV2017 2017/11/17 902,403
  • BTC/JPY-24NOV2017 2017/11/24 900,830
  • BTC/JPY-01DEC2017 2017/12/1 1,138,020
  • BTC/JPY-08DEC2017 2017/12/8 2,050,000
このチャートはbitflyer Lightning Futures SQ(清算値)一覧を参考にしております。


2017年は12月に205万円のピークを迎えました。

このときも半減期後の価格上昇と説明されております。

そして、このときの半減期は2016年7月9日でした。

つまり、半減期から数えて18ヶ月後のことです。

その間に年初から半額になったケースはありませんでした。

なので、下がることはあれ、半額になることはありえないことが検証されると思います。

むしろ、半額になるのはなお一段の上昇を見てからと言うことができると思います。

半減期後の高騰のあとは半額になる事例は多数確認できる


ビットコインは今、年初より2倍上がりました。

  • そう、まだ2倍なのです。

2017年の12月につけた205万円は年初より50倍の値上がりと言われております。

年々上昇率は下がってゆくので、50倍は期待できませんが、2倍で終わることは考えづらいことがご理解いただけると思います。

  • 年初より10倍または20倍らへんが妥当な価格ではないか?

10倍になれば

  • 300万ドルですし、

15倍になれば

  • 450万ドル

なので、ちょうどブルームバーグの報告書と同じような数字になりました。


そして、忘れてはならないのは、この価格をつけて以降は

半額になるおそれもございますので、

  • 3000万円であれば、

  • 1500万円に

なるかもしれません。

ビットコインはテクニカルな考察も欠かせませんが歴史は繰り返すで、ある程度のチャート分析も必要になります。

  • それはその年であったり、
  • その月であったり、
  • さまざまなイベントが存在し、
  • さまざまな行事が存在する

からです。

それはある程度、同じ規則をもって繰り返されるので、

  • お金が必要であれば売却されますし、
  • お金に余裕があれば投資されたり

するからです。

バイデン大統領のキャピタルゲイン課税2倍のニュースも、

  • 大統領の一存で課税の上げ下げができたら、議会はいりません。

  • 議会が必要なのは、民主主義国家だからです。

  • 司法であったり、
  • 立法であったり、
  • 行政であったり、

は三権分立が原則だからです。

なので、バイデン大統領がいくらキャピタルゲイン課税を2倍にすると言っても、

議会が承認しなければそれは通らないからです。

またそれを承認してしまったら、それは議会に対する信任も負うもので、

  • 賛成派や
  • 反対派で

次の議会議員選挙に影響が及ぶからなのです。