消耗

リストラのある会社は成長が止まったか?営業成績があまりよくない?!


仮想通貨取引所でリストラが始まりました。


Coinbase(コインベース)に始まり、

Gemini(ジェミニ)などでも始まっております。

  • 成長する産業や、
  • 成長する分野は、
  • 人手が足りず、
  • 人手を募集する

のが常です。

  • 仮想通貨の取引所でリストラが始まった

ということは、

  • そういうこと

です。

つまり、

  • そういうこと

と言うのは、

  • 成長が止まった、
  • 成長が見込めない

ということを意味します。

そこで本日はこの理由について考察をくわえてまいります。

取引所のリストラは取引所が今後成長しないことをあらわす


仮想通貨のトレードをする際、

  • チャートを分析する人も多い

のですが、

こういった取引所のリストラや取引所の経営難は、

  • 長期的なスパンでの価格予測

に影響を与えます。

少なくとも、

  • ビットコインが1000万円になる!

と取引所サイドが考えていれば、

  • リストラにはならない

からです。

逆に言えば、

取引所サイドは、

  • ビットコインは向かう何年か?
  • 1000万円にさえ到達しない

と考えているからこそ、

  • リストラをするのだ、

と考えることが妥当だからです。

新聞やニュースサイトでも、

文脈を読み解くことが重要で、

文脈がさまざまな情報を与えてくれます。

それは仮想通貨の大手取引所のリストラは、

  • 経営が厳しいからリストラとなる

のであり、

  • 経営が楽であればリストラにはならない

からです。

それは裏返せば、

  • 暗号通貨市場の縮小であったり、
  • 技術的にもある程度の到達点に達したことを意味する

ことになるからです。

なので、今から投資をする人たちは、

このことを重く受け止め、

  • 今後はあまり飛躍的な成長は見込めない

と考えるのが妥当な考え方であると思います。

なぜなら、

  • 飛躍的に成長するのであれば、
  • リストラの逆で、
  • 人員を大幅に募集する

からです。

リストラを平気で言いわたせる企業と罪悪感を覚える企業の違い


ブラック企業は絶えずリストラの嵐です。

それはただでさえ営業成績も悪く、売上も不振で、

  • 叱咤激励で非常にピリピリしている

からでもあります。

そういった環境は、

  • リストラしやすく、
  • リストラにも抵抗がありません。

つまり、

  • いらない人にやる金はない、



  • 素直に面と向かって言える

からです。


豊かな企業や余裕のある企業は、

ここに罪悪感が生まれ、

  • そんなひどいことは言えない

となりますが、

  • 貧すれば鈍する

と言うことわざがある通り、

ブラック企業の経営陣は、

  • 平気でなんのためらいもなく
  • 口にできる

からです。

このことを考えるとき、

仮想通貨市場もひとたび栄華を極め、

  • 奢れる者も久しからず、
  • ただ春の世の夢のごとし

です。

平家物語 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 全30巻)
古川日出男(翻訳)
河出書房新社
2016-12-08


それは

  • 縮小を意味し、
  • 撤退や退却も意味する

ことになるのだと思います。

考え抜いた思いが実際に行動につながるとき…


アメリカのイーロン・マスク氏も、

近々、アメリカは景気後退に直面する旨、発言しています。


日本語訳

誰もが米国の不況のリスクについて話している。

イーロンマスク、トップCEO、ウォールストリートウォッチャーが言っていることは次のhttp://trib.al/0OyrnMj


それは脅しでもなんでもなく、

  • そのように思うから、
  • そうなる

のです。

日本に多いのは、

それを

  • 笑ってごまかす傾向

なのですが、

  • 真面目にそう言う場合、
  • 多くはその通りになります。

それはイーロン・マスク氏が真面目に考えたすえの発言なので、

  • その通りになる

のだと思いました。

おそらくそれは、

リストラした仮想通貨取引所の経営陣たちも、

  • 同じ思い

なのだと思います。