ロレックス相場

お金を稼ぐ経済の仕組みのほとんどは転売


新型コロナの影響で物不足がすすみ、

最後には売る物がなくなってしまう懸念の話はこちらでしました。


それと言うのも

  • お金を刷りすぎて、
  • 需要だけを上げ、

肝心の

  • 供給がそのままか?
  • 低下していれば、

  • 物の値段は上がってゆき、
  • やがて物自体が足りなくなってしまう

ことに気がつかれると思います。

人気のゲーム機であるSwitchが転売に上がると、

毎年のように炎上するのですが、

経済の基本原理は転売です。


本日はこの仕組みについて考察をくわえてまいります。

買ったり仕入れた商品に付加価値を与えて販売するのが商売


半導体が不足して、Switchの生産にもかなりのダメージが与えられるのですが、

  • 半導体を買って
  • Switchは生産されます。

  • 半導体と
  • もろもろの基盤や
  • プログラムなどを組み合わせて、
  • Switchとしてゲーム機を販売する

からです。

そのSwitchには、

  • 半導体もありますし、
  • 基盤もありますし、
  • その他もろもろのソフトプログラムや、
  • 電源などが組み込まれます。

これがSwitchで言うところの、

  • 付加価値

だからです。

ですが、個々に分析をしてゆけば、

  • 半導体にも付加価値がくわわり、
  • 基盤にも付加価値がくわわり、
  • プログラムにも付加価値がくわわって、
  • より高い次元の商品になっている

のですが、

それは一方では、

  • 半導体の転売であり、
  • 基盤の転売であり、
  • プログラムの転売である

ことに気がつかれると思います。

みんな安いときに買って高いときに売ろうとする 実際に買ったり売ったりするのは期間の違い


投資の世界でも、

  • 下がったときに株を買い、
  • 上がったときに株を売り

ます。

そして、その企業は何も変わらなかったりします。

トヨタの株であれば、

  • 下がったときに買い、
  • 上がったときに売り

ます。

ですが、トヨタは相変わらず車を生産しつづけるからです。

おもしろいことに、

  • 何かの拍子に下がり、
  • 何かの拍子に上がり

ます。

そして、

  • 何かの拍子に下がったタイミングで買い、
  • 何かの拍子に上がったタイミングで売り

ます。

そこには、

  • 下がるタイミングで売る人と、
  • 下がるタイミングで買う人、

  • 上がるタイミングで買う人と、
  • 上がるタイミングで売る人

がいるからなのです。

そして、この売り買いは企業にあまり影響を与えずに、

  • 単純にお金の権利だけが移行する

だけであります。

ですが、ここにも経済の原理があって、

  • 下がっても買われるところに支持があり、
  • 上がっても買われるところに支持がある

からです。

物や商品の値段や価格は価値の尺度を表現する 売れている物が高く、売れない物は安い


Switchの転売に戻れば、

  • よく転売ヤーから買うのは止めましょう!

という声を耳にします。

それはそれでけっこうなことで、

  • 価格が高い場合は買うべき

ではありません。

ですが、経済にはさまざまな合理性があって、

Switchを手に入れたくて

  • Amazonで探す時間や、
  • お店を回る時間、
  • ガソリン代などを考えれば、
  • 1000円や2000円高くても買う

という合理的判断ができる人たちが一定数います。

つまり、単純に金額だけを吟味すれば高いのですが、

  • 欲しい物を探す時間や、
  • 探す労力やコストを考えれば、
  • 出せる金額も決まってくる

からです。

これは株にも当てはまり、

この株が

  • 高いか?
  • 安いか?

はそのときの企業情勢であり、

投資家の資金の問題などさまざまあり、

そのタイミングにより、

  • 高いか?
  • 安いか?

の判断がくだります。

  • 3ヶ月後で考える人や、
  • 1年後で考える人や、
  • 10年後で考える人

もいたりします。 

つまり、短期で考える人と長期で考える人でも利害関係が異なり、

さまざまな思惑から売買がおこなわれている

からです。

  • 上がったら買えなくなる人は、
  • 安いうちに買い、
  • 下がってもかまわない人は、
  • 高いうちに売ります。

こうした需要と供給の関係から、

  • 売り


  • 買い

がおこなわれ、

一番肝心なことは、

  • 売ったあとで、
  • 買われている

という支持であります。

つまり、買うということは、

それを支持しているというコミュニケーション方法になるからです。

転売商品の値段が上がるのは買われている証拠、買われていなければ値段を上げることができないから


Switchの転売も価格が高騰して、

誰も買わなくなれば高騰しません。

高騰している背後には、

  • 少なくとも買っている人がいる

ことを表現しています。

誰もこれこれと教えてくれませんが、

  • 価格が表現している

のです。

  • 誰も買う人がいなくなれば、
  • 高騰しませんし、
  • 高騰した金額も下がりはじめます。

それは買う人がいないので、

  • 支持されなかった

ので、価格が下がるからです。

物や商品を手に入れる場合、

その物や商品そのものの価値や値段も大切なのですが、

それを手に入れるための時間や労力といったコストに関する意識もかかせません。

  • 長蛇の列に並んだり、
  • 何店舗も回れば、
  • 体も疲れますし、
  • ガソリン代もかかります。

転売ヤーが目指すのは、

  • そのコストに対する利益

だと思います。

逆に言えば、

  • Switchが人気であれば、
  • Switch専門のお店を作り、
  • Switch専門店で販売する方がいい

のだと思います。

AppleのiPhoneがそうなので、

一般的なお店で販売すれば問題が多いようであれば、

販売する側が対策を講じるのも一つの手のような気もします。

それはある意味、

  • ムダに商品の価値を上げてしまう

ので、やりたい放題になってしまうからです。

  • 売る方も悪いのですが、
  • 買う方も悪いですし、

なにより、そういった

  • 貧しい経済環境にあることが一番の悪

だからです。