パラダイムシフト

仮想通貨の相場はわからないことが多い 投資と言うより投機


ビットコインへ投資をしていると、

これから、

  • 上がるのか?
  • 下がるのか?

まったく、

  • わからない

場面に遭遇したりします。

そして、一番肝心なことは、

わからないときは投資をやめることであって、

投資をしたとしても、

  • どっちに転んでもいい

ように投資をするべきなのですが、

最近はアメリカの加熱感がすごいので、

ついつい投資をしてしまっている方も多いと思います。


  • 安心してください。

私もその一人です。

そこで、本日は、

ビットコイン相場がわからないながらも、

わからないなりに、

できるだけ損をしないような投資方法についてアドバイスをしたいと思います。

仮想通貨の購入時期は不安なときほどお買い得である理由


ビットコインに関しては、

今、OI(Open Interest)と言って

多額の未決済建て玉が積まれていて、

レバレッジが非常に高い状態にあります。


ただしこれをもって、

  • 現物価格より乖離して高い値段がついている

と考えるのも早計で、

  • バブルの初期やバブルへ向かう手前は、
  • どうしても過剰なレバレッジはつきもの

だからです。

バブルが崩壊するのも、

このレバレッジ分が決済されるからで、

バブルへ向かう途中や、

バブルの最中は、

レバレッジ分がかなりあるという事実が推測できると思います。

つまり、逆に考えれば、

  • レバレッジのない、
  • 現物だけの価格はむしろバブルではなく、
  • それそのものの相当な値段

なので、

  • 今後は下がる可能性がない価格

と言えるのかもしれません。

とは言え、

中国で全面的に禁止となり、

アメリカでもSECがステーブルコインなどをめぐって規制をしはじめるとき、

やはり投資をするにはためらう場面が多々あると思います。


そして、

このためらいという人間の心理こそが価格にあらわれていて、

ためらいを抱えている値段が今の値段であるならば、

ためらいがなくなった頃には、

  • 今以上に爆上がりする

と考えるのが相場師の発想であるのかもしれません。

つまり、ためらいがある今こそチャンスで、

ためらいがなくなった頃には価格が上がって買えなくなるおそれ

が常にあるからなのであります。

仮想通貨は無理のない金額とリスクで購入した方がいい


仮想通貨の市場はすでに成熟してまいりました。

それは2017年の比じゃないぐらいにお金が流れ、

むしろ、

  • 2017年の頃に戻るのが難しい

ぐらいです。

そのすでに流れたお金がどこへ行くのか?

考えてみたとき、

  • 株でも、
  • 金(ゴールド)

でもなく、

  • 仮想通貨

であるならば、間違いなく投資をした方がいいように思います。

逆に言えば、

2013年と2017年に繰り広げられた半減期バブルは、

2013年と2017年には共通した流れでしたが、

  • 今後はそんなに下がらない

と思う点です。

それは仮想通貨を取り巻く環境が著しく変容をとげたからです。

もう、過去へ戻るというよりは、

次の新たなサイクルに入る感じがしていて、

むしろ、

買えなくなる可能性が高いような気もしています。

投資をしていて、一番大事な問題は、

  • 気持ち

です。

これは、

  • マジか?

と思われるかも知れませんが、

自分がいくら投資した状態がもっとも安心できるか?

探るところであります。

過度なリスクであればたえずソワソワしますし、

まったくリスクのない状態であれば買えなくなってしまう不安

に襲われたりすると思います。

そこでご自身にとって、

  • いくらまでなら出せるか?
  • いくらまでなら心中できるのか?

といった金額がちょうどよい投資金額なのだと思います。

欲をたけて売ったり買ったりしていると、

  • 下がったタイミングで売ってしまい、
  • 上がったタイミングで買ってしまう

人も多いです。

それはご自身的に安心しますが、

徐々にお金を減らしていて、

最後には、

お金もビットコインもなくなってしまう現象におちいります。

なので、投資してしまう前に、

いくらぐらいなら動かさないで投資できるか?

考えることは非常に重要なことであると私は考えます。

フェイスブック(Facebook)がメタ(Meta)に社名を変更しました。


これもすでに仮想空間のメタバースに世界が建設されているからです。

東京ではハロウィーンの日に渋谷が取り上げられ、痛ましい事件も起きましたが、

それと同じ世界観がすでに仮想空間のメタバースにて建設されております。


現代はむしろ、物理で移動するよりも仮想空間で移動する時代なのだと思います。

逆に言えば、新型コロナの三密回避はこの流れを加速しているのだと思いました。