ロレックス買取20210514

ドルが上がればドルの人の方がビットコインを多く買える


ビットコインが上がっている背景で、

ドルも上がっていることに気がついている人もいると思います。


ついこの間までは、

  • 日本円は1ドル108円ぐらいでしたが、
  • 今は113円に近づこうとしています。

ビットコインも値動きがあり、

  • 日本円やドルの評価額に左右されます。

それはアメリカ株が、

  • ドルが高くなることによって
  • 儲かったように見える

のに似ていると思います。

本日は、

  • なぜドルが上がれば、
  • ビットコインが買えなくなるのか?

という理由について考察してまいります。

円が安くなれば円でビットコインは買いにくくなる


  • 1ドル100円の場合、
  • 100円で1ドルが購入できます。

ビットコインが100万円の場合、

  • 100円で0.0001BTCが購入できる

ことに気がつかれると思います。

その通りで、

円やドルの価値も、

  • 一方が上がって、
  • 他方が下がれば、
  • 下がった方では、
  • ビットコインが買いにくくなる

ことに気がつかれると思います。

日本の物であれば日本円は影響を受けませんが、

世界で取り引きされる物ほど、

このドルや円といった為替により、

  • 恩恵を受ける場合と、
  • ハンデを受ける場合

に分かれてしまいます。

日本円が安かったのも、

実は自動車を海外に売り込むためであったご指摘があるように、

海外へ売り込むためには、

日本円は安い方が好都合だからです。


日本円が安くなれば海外の物は買いづらくなってしまう


それとは逆の現象で、

海外の物を買う場合、高くなってしまって買いづらい問題を抱えてしまいます。

iPhoneが出た当初はお求めやすい価格だったのですが、

今は手が出せないぐらいの値段になっているのもそのせいであったりします。


こうすれば実質的に、

  • 日本の企業が恩恵を受けますし、
  • 海外製品よりも戦いやすい環境

ができるからなのであります。

ところが、食品でさえ海外に依存した環境であると、

この状態が長くつづけば、

日用品ですら高くなって買えない現象が生じます。


だからこそ、アメリカやヨーロッパでは保護貿易と言って、

自国の産業を保護する目的で、

  • 海外の産業に強めの課税をする仕組み

があります。

日本の場合はそれが逆で、

  • 自動車を販売する目的で、
  • 海外の製品を多く仕入れたりしているので、
  • 自動車なんかが売れなくなってきた際、
  • さまざまな物が値上がりしてゆく

結果になってしまいます。


今までは

自動車を売るために日本円が安かったのですが、

その日本円がドルに対して下がってしまうとき、

  • 今度はドルの物が買えなくなってしまう

という副作用の方が強く出てきてしまうからです。

それはiPhoneであったり、

ビットコインであったりします。

今までは手近で手に入れられていた物が、

ドルに対して円が安くなってしまったことにより、

買いにくくなってしまうからです。

これはドルで持っていると分かりますが、

  • ドルの評価額が相対的に上がるので、
  • 円の物が買いやすくなる

ことをあらわしています。

逆に言えば、

  • 円であれば、ドルの物が買いにくくなる

と言えるのかも知れません。