ビットコインを買えなかった人や持っていない人は下がって欲しいが下がったら大変なことになる


ビットコインに関しては、

  • 価格が上がるよりも、
  • 価格が下がった方が盛り上がりますし、
  • 下がる論理の方が人びとに受け入れられやすい

傾向が見受けられます。

それと言うのも、

  • 買えなかったり、
  • 持っていない人

が多いからで、

  • 価格が上がる論理よりも、
  • 価格が下がる論理

の方が好まれるのだと思います。

なので、本日はこのビットコイン価格が下がってゆき、

ゼロになる場合に考えられる思考実験をおこないたいと思います。

ビットコインが売られるとお金が増えて物価はますます上がってゆくことになる



ビットコインの価値が500万円あるとき、

  • それはさまざまなお金でビットコインが買われ、
  • さまざまなお金が入っている

ことを意味します。

  • 日本円であったり、
  • ドルであったり、
  • ユーロである

かも知れません。

それらのお金がビットコイン500万円の価格に内包されております。

ですが、ビットコインの価値がゼロになるとき、

ビットコインは次第に売られてゆき、

  • 500万円から400万円、
  • 400万円から300万円

と下落してゆき、

やがてゼロに近づいてゆくとき、

これらは売られているので、

同様に、

  • 日本円で500万円が増えたり、
  • ドルで500万円が増えたり、
  • ユーロで500万円が増えてゆく

過程をへることに気がつく人は少ないと思いました。

以前、日本円が紙切れになってしまうのでビットコインへ投資されている話はこちらでしました。


ビットコインの価値がゼロになってゆくということは、

ビットコインの中からお金が抜けてゆき、

それらが

  • 日本円や
  • ドルや
  • ユーロ

に戻ってしまうことを意味しているからです。

と言うことは今までビットコインに入っていたお金が、

  • 日本円や
  • ドルや
  • ユーロ

として市場に出回ることになるので、

  • たくさんの物が買われたり、
  • たくさんの投資がされたり、
  • たくさんの貯蓄がなされたり、

すると思います。

そうなったとき、

  • 物の価値がそのままであればより多く買われますし、
  • 株の価値がそのままであればより多く投資されます。

海外ではコロナ禍でお金を刷りすぎたことによるインフレ(物価高騰)、日本だけデフレ(物価下落)


お金は常に一方通行ではなくて、

何かが下がるとして売った場合、

  • 売られた物と売る物

が存在します。

  • ビットコインは売られますが、
  • 売った代わりにお金が入ってきます。

そして、そのお金でまた何か買われるからなのです。

資本主義は絶え間のない

  • 売りと買い

であり、

売りが発生することによりお金が入り、

次の買いにつながります。

資本論 1 第1巻 第1分冊 (国民文庫 25)
カール・マルクス
大月書店
1983-07-01


なので、ビットコインの価値がゼロになると言うとき、

ビットコインの価値だけがゼロになることはありえず、

その分、お金が抜けて、

  • 何かは上がり、
  • 何かは下がる

と言うことができます。

ビットコインの価値がゼロになるのだとしたら、

  • ビットコインは下がるけども、
  • 日本円は増える

と言うことができます。

お金を刷りすぎたことによりインフレ懸念が広がっている話はこちらでしました。


ただでさえお金を刷りすぎてインフレにより物価は上がっているのに、

ここにビットコインを売却した、

  • 日本円や、
  • ドルや、
  • ユーロ

が加わればますます物価が上がらないと、

さまざまな物がなくなってしまうからです。

それはビットコインの価値をゼロにするのですが、

その分、それを売却した人の、

  • 日本円や、
  • ドルや、
  • ユーロ

が加わってしまうからです。



それらで暴力的に物が買われるとき、

市場からは物がなくなってしまい、

お金があまる事態におちいるということに気がつく人は少ないと思いました。

ビットコインが高騰するとバブルだと言う人がいるのですが、

ビットコイン高騰の裏にも、

何かしらの理由が含まれています。

そして、それはいったん上がってしまった物はバブルではなく、

そこにお金が流れた事実をあらわしているだけなので、

  • 誰かが大きく得をし、
  • 誰かが大きく損をした

だけなのです。

  • 誰かが大きく損をした分、
  • 誰かが大きく得をする

だけなので、

意味や理由がないワケではなく、

意味や理由の方が逆にあるワケなのです。