2021-11-27 ビットコイン616万

南アフリカ新変異株の確認で全面安となる株式市場と仮想通貨市場


南アフリカでまた新型コロナの新変異株が確認されました。


従来の免疫を回避し、高い感染力の恐れが指摘されております。

それを受けて各国は入国を制限したり、

水際対策を講じたことにより、

  • 株式市場や、
  • 仮想通貨市場は、
  • 全面安

の展開となりました。


  • ですが、安心してください。

稼げるチャンスの到来です。

ビットコインに関しては、

  • 年末までに1000万円!

の声が根強かったため、

700万超えで購入してしまった方もいらっしゃると思いますが、

  • 残念!

お買い得価格の到来です。

本日はこの

新型コロナの変異株が確認されるたびに全面安となる株式市場や仮想通貨市場の理由について考察をくわえてまいりたいと思います。

取引(トレード)に正しさや先見の明は関係がない


投資の取引(トレード)で重要な点は、

  • 正しさ

にこだわらないことです。

特に新型コロナ以降の相場は、

単純に、

  • 上がるか?
  • 下がるか?

のところがあって、

投資する人たちの多くが、

  • 会社の業績や、
  • 仮想通貨の展望は、
  • どうでもいい

というところです。

これには私も唖然としました。

通常は、

  • 会社の業績であるところの経常利益や、
  • 粗利の点に着目して、
  • 伸びる企業や、
  • 伸びしろのある企業

を選別し、投資したりするのですが、

投資自体がパワーゲームやマネーゲームとなっているところがあるので、

  • あまり気にしない方がいい点

だからです。

つまり、余計な先入観を持たずに、

ただ

  • 上がるか?
  • 下がるか?

を考え抜いた方が取引(トレード)では稼げる点

だからです。

仮想通貨に関しては2017年より投資をしておりますが、

  • ブロックチェーンのすごさに気がつき、
  • 人より早く投資をし、
  • 儲けにあずかりたい思いで投資をしましたが、

その後、

  • 200万円から100万円、

最後は

  • 30万円まで下落したので、

あまり

  • 早かろうや、
  • 先に目をつけた

という点は、

  • 儲けといっさい関係がない

ということを身をもって痛感しているからです。

なんなら

かなり遅くに気がついて、

30万円の頃に投資をしていればよかったと、

早く目をつけたために後悔することの方が多かったです。



投資家にも情弱や老害は多い パワーゲームやマネーゲームの実態


そして、投資に参加している人たちをツイッターで観察した結果、

多くの投資家の人たちは、

あまり深く考えずに、

それこそ日本人特有の思考停止で投資をしているので、

パワーゲームやマネーゲームになっていることが確認できると思います。

つまり、ちゃんと会社の業績や将来展望を調べて投資をしている人たちはごく少数で、

多くは、

  • これから上がるか?
  • これから下がるか?

で投資をされている点です。

実際、

  • アベノミクスのよいところは、
  • 黙っていても株価だけは上がりつづけるところ

であるので、

その利点は享受した方がいいように思いました。

つまり、

  • 黙っていても上がる

からです。

それに深い理由はありません。

その全体的な流れを大局でとらえられるか?

どうか?

だと思います。

そして、一番肝心なことは、

それにより恩恵を受けた人たちが、

あとから理由をつけて、

  • いかにすごいか?

語りはじめるだけなので、

理由の多くは

  • あとから
  • あとづけでつけられる

からです。

なので、その渦中にあっては、

単純に、

  • 上がるか?
  • 下がるか?

の基準で見るべきだと思います。

現金がいるタイミングで多くが売られる


新型コロナの南ア新変異株が確認されて株式市場や仮想通貨市場が全面安となる理由は、

なんども申し上げているように、

  • 現金が入り用になる

からです。

これにより感染が拡大すれば、

移動が制限されたり、

仕事が制限されたりします。

すると、手元にお金がなくなってしまうので、

一部は早めに売られたりします。

そして、

下がっているうちは、

下落にも1波や2波があって、

いち早く売り抜けた人たちは1波組ですが、

売り逃げ遅れた人たちは1波から少し上がったタイミングで売り始めます。

1円でも高く売りたいからです。

みんな売ってしまえば高い値段で売れなくなるので、

売り逃げ遅れた人たちは、

よく、

  • ほどよいタイミングで上がった金額から、
  • 再度、売り逃げ始める

からなのです。

新型コロナ以降の相場では、以上のことを頭に入れておいた方がいいかも知れません。

株式市場も仮想通貨市場も、本来は新型コロナに入ったタイミングで暴落しました。

それが今持ち返して資産バブルと言われているだけです。

そして、それに参加している人の多くは、

  • 会社の業績や展望などどうでもよく、
  • 仮想通貨の将来展望でさえどうでもいい

のです。

そして、それは正しさで価格が決まるワケではありません。

  • 何かのタイミングでほどよく下がり、
  • 何かをきっかけに激しく暴落します。

そして、下がるときにも1波や2波があるので、

折りを見て徐々に売り逃げ

していくのが手だからです。

  • ともすれば投資家は偉い人だ!

やお金持ちや大富豪を尊敬しがちになりますが、

実際のところ、その理由はあとづけである場合が多いので、

  • あまり見る目は関係がない

のだと思います。

それよりは、ただ単純に、

  • これから上がるか?
  • これから下がるか?

の方が重要で、

投資家やお金持ちや大富豪の多くは、

  • この判断が連続して正解した人

というのが正しい解釈だからです。