アメリカの雇用統計発表後も持ち合いの状態が続くビットコイン プラスの材料は追い風にならない?


株式相場に

  • 夏枯れ相場

という言葉があるとおり、

ビットコインも9月に暴落する傾向が認められます。


それは必ずしも9月に下落するのではなく、

  • 9月は下落する傾向が認められるので気をつけましょう!

という警告として受け止めてください。

投資は自己責任であるので、

くれぐれも最後の判断は、

ご自身でくだされる

ことをオススメいたします。

昨日、アメリカの雇用統計が発表され、

  • 就業者が少ない

ことが発表されました。


  • 就業者が少ない


と言うことは、

  • 失業者が多い

ということを表します。

この材料から見れば、昨日お話ししましたとおり、ビットコインにとってはプラスの追い風なのですが、

  • 急上昇するでもなく、
  • 急下降するでもなく、

持ち合いの状態が続いている

のが実際です。


1年で7月・8月は最も売り上げが高い期間 それが過ぎれば資産は引き上げられる


冒頭に申し上げました、

  • 夏枯れ相場

という言葉は、

  • 夏に投資された資産が枯れるように引き上げを開始する

ときだからであります。

  • 夏商戦や、
  • サマーセール

という言葉があるように、

夏は売上が大きく伸びる期間だからです。

  • 旅行やデート、
  • 外食やBBQ(バーベキュー)など、

さまざまな余暇活動をとおして消費が活発になるからなのであります。


と言うことは、当然、それらの関連企業に投資されますし、

当然、それらの企業に投資されたお金が引き上げられる日程が、

  • ちょうど9月に当たります。

つまり、

  • 9月は利益確定売り

になりやすいと言うことができると思います。

年末までには1000万?! その発言、AIが分析し、監視してますよ?


ビットコインに関しては、

  • 年末までに1000万!

というかなり気合いに似た声が大半なのですが、

だからこそ気をつける必要があって、

機関投資家の方々やAI投資のコンピューターは、

人びとが浮かれて油断しているときこそ、

  • 売りに出たりする

からです。

そして、

  • AI投資は人間の投資行動を分析して投資している

話はすでに述べましたが、

だからこそ、

  • あなたがこれから上がる

や、

  • あなたがこれから買おう

と思ってあるときほど注意が必要です。


  • あなたがそう思う

というときには、

  • それなりの情報が出尽くしている

からなのであります。

当然、AIはそのことを知っていて、

その他の周辺の情報まで熟知しているものと思われます。

  • あなたは絶えず観察され、
  • あなたは絶えず分析され、
  • あなたは絶えず攻略されている

自覚を持った方がいいように思いました。

だからこそ、ある意味、

  • あなたはロボットになって、
  • 人びとが買いたいと思わないときにこそ、
  • 買うべきなのです。

バブル崩壊の前はみんな強気でいる 誰もバブル崩壊がくるなんて思ってない


NFTがバブルになっている話はこちらでしました。


NFTはイーサリアムのERC20トークン上で動くので、

  • イーサリアムもバブルであるし、
  • ERC20トークンもバブルであります。

それがもし、夏枯れ相場でお金が抜けるとき、

  • NFTも暴落しますし、
  • イーサリアムも暴落しますし、
  • ERC20トークンも暴落してしまいます。

ビットコインも決して無傷ではいられないと思います。

  • ビットコインは長期的にはプラスが正解です。

ですが、半減期後のバブルに関しても、

  • 今はイーサリアムの影響で、
  • DeFiが活発であったり、
  • NFTがバブルであったり、

さまざまな環境が変化しています。

それは2017年とは単純に比較できない現象だからです。

  • なので、年末に1000万!

という気合いに似た声が強いのですが、

あまり過信するのは禁物です。

2017年の頃も、

誰が200万円のあと、

  • 100万円まで暴落するとは思いましたか?

60万円まで下がるとは誰一人、予想できませんでした。

それから4年、地獄を味わうことになるのです。

バブルやバブル崩壊は誰も予想がつかないからこそ、

起こりうるのです。

新訳 バブルの歴史 ──最後に来た者は悪魔の餌食
エドワード・チャンセラー
パンローリング株式会社
2018-06-16


そして、それはみんな強気だからです。

確かあのときも、

  • 来年には400万円と言っていた人がいました。

ですが、答えは100万円だったからです。

意外に人間って、

いい加減ですよね?

言うだけなら誰でも言えるからです。