2022-05-15 p

今回の暴落はビットコインは無実です


UST(テラUSD)やLUNA(Terra テラ)の崩壊でビットコインも暴落しているのですが、

今回の震源地はあくまで、

  • UST(テラUSD)とLUNA(Terra テラ)

です。


ビットコインが株価と連動していたり、

UST(テラUSD)やLUNA(Terra テラ)と連動していても、

ビットコインに投資をする場合、

問題となるのは、

  • ビットコインの価格だけ

です。

ビットコインの価格が、

  • 将来的にいくらになるのか?

考えて投資をすればいいだけだからです。

アメリカで長期金利が上昇し、

  • 金融緩和から、
  • 金融緩和縮小の流れ

が生じています。

そうしたときは、

  • 餅は餅屋

で実際にアメリカの投資家を観察すれば、

ある程度の予測はつくと思います。

そこで本日は、

アメリカで著名な投資家のピーター・ブラント氏が発信した、

ビットコインのローカルボトム予測について

考察をくわえてまいりたいと思います。

Peter Brandt(ピーター・ブラント)のローカルボトム予測


Peter Brandt(ピーター・ブラント)のメールマガジンはこちらで登録が可能です。


株式市場や先物市場、ビットコイン市場について、

チャートの分析から価格を予測されている投資家です。


Bitcoin’s Local Bottom Is At $27,000: Peter Brandt

We might have already reached the bottom.

In a Thursday tweet, Peter Brandt observed that the $27K level could be a local bottom for bitcoin.

The classical chartist said the massive spike in volume is an indication that traders are capitulating.

日本語訳
ビットコインのローカルボトムは27,000ドルです:Peter Brandt

すでに底に達したかもしれません。

木曜日のツイートで、Peter Brandtは、27,000ドルのレベルがビットコインのローカルボトムになる可能性があることを観察しました。

古典的なチャーティストは、ボリュームの大幅な急上昇は、トレーダーが人を捕らえていることを示していると述べました。

今回の暴落の予測も、

  • 27000ドル

で底を打ったとの発信でした。


日本語訳
これは、降伏した降伏と1年間の減少の終わりの始まりを示すことができるボリュームスパイクのタイプです。大虐殺は続くことができますか?何でも可能で-- 、ローカルボトムを含みます。私は27,000のエリアを可能な限り低く言及しました、そしてそれは$BTCである可能性があります

彼は以前にも暴落予測の際、

最悪、

21000ドル

の事態を想定していたので、

21000ドル〜27000ドルの間

が最悪なラインであると思います。


逆に言えば、このラインより下へは、

よほどの崩壊がないかぎりいかない

との見識であると思います。

ビットコインはすでに多くの人が持ち始めている


ビットコインはすでにさまざまな人が投資し、

さまざまな人が持ち始めています。

初期の頃ではなく、

エルサルバドルのように国家が所有したり、

イーロン・マスクやマイケルセイラーのように企業が所有する時代となったので、

もうそんなに大きな下落

以前の30万円や60万円にはなりえない

とさえ思います。


ですが、投資は、

  • どのぐらいのスパンで、
  • 将来的に価格がどうなるのか?

であるので、

  • 21000ドル〜27000ドルの範囲を許容できる人

であれば買い始めてもいいような気がします。

しかし、それは絶対ではなく、

少なくとも今現在であって、

今後も注視してゆく必要がございます。

ですが、アメリカの著名投資家のピーター・ブラントの見立てでは、

  • 21000ドル〜27000ドル

が最悪なラインであるので、

ある程度の目安にしてもいいのかもしれません。

エルサルバドルが大量に売却したり、

イーロン・マスクやマイケル・セイラーが大量に売却すれば話は変わってきますが、

ある程度買われ、

買いすすめられたことを考えると、

今回の暴落はその底に達する暴落でありました。

まだ下がるおそれもありますし、

上がる期待もありますが、

  • 底だということは、
  • このラインで持っている人たちが多い

ので、

  • レバレッジで上がったとしても、
  • 下がったとしても、
  • 最終的にはこの価格に落ちつくライン

であるということです。

もしアメリカの金融緩和縮小が、

ビットコインの長期価格に影響を与えるならば、

こういった発信にはならない

ので、

一目に値する情報であると思います。




最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン
大塚雄介
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2021-12-23