MichaelSaylor相談ツイート

暴落しても買い増しつづけるマイクロストラテジーのマイケル・セーラーの強い信念と男気


ビットコインが暴落しています。


はじめはイーロン・マスクのツイートからでしたが、

中国の規制問題も加わり、

暴落続きの毎日となりました。

ビットコインに投資されている皆さま方は

さぞかし心労がたまっていると思われます。

アメリカでも手厚く出されていた失業保険が、

深刻な人手不足の影響からカット

され、ますますの落ち込みも予測される昨今であります。


そんな中、

マイクロストラテジーのマイケルセイラーは買い増ししつづけているので、

ビットコインを愛していたり、

ビットコインを信じている

とはこういう行動を指すのだと思いました。


ビットコイン業界でも、

いかにもなトレーダーの方々や、

マーケティング担当者の方々がいらっしゃいますが、

さすがにこのマイケル・セイラーの行動自体は、

予測が困難で、

下がり具合によっては、

会社が倒産してしまうぐらいの命運を握っているからです。

そこで本日はマイクロストラテジーのマイケル・セイラーが買い増しをつづけることによって、

なんとなく安心した話を中心に考察をくわえてまいります。

下がったら買い増すマイケル・セーラーに対して市場関係者が思わず心配してしまう空気感


イーロン・マスク氏がビットコインの購入を相談したのもマイケル・セイラーでした。


そのあと、イーロン・マスクが参戦し、

コインベース上場後、700万円をつけた話は記憶に新しいと思います。


ですが、そのあと、

イーロン・マスク氏は、

  • 環境に悪い!

と発言してみたり、

テスラ車のビットコインでの支払いを停止してみたり、

  • ドージコインを詐欺だ!

と発言してみたり、

踏んだり蹴ったりだったと思われます。


同志として相談にのってあげたイーロン・マスクが

このような裏切りとも取れる行動をとったのに対して、

マイケル・セイラーはことあるごとに買い増しをつづけていました。


  • お金があるからいいだろう

の発言や、

  • まもなく価格が戻るだろう

という発言があるうちはよかったのですが、

さすがに今回ばかりは、

あまり前向きな材料もない中で

買い増しを発表しているので、

仮想通貨トレーダーの方々や、

仮想通貨マーケティング担当者の方々も、

  • 思わず心配してしまう空気感

となっております。

強い信念を持っている人は誰に何を言われようが気にしない自分の信念を持っている


ですが、

何かを信じたり、

何かに賭ける場合、

おおむね誰が何と言っても、

誰から心配されても、

信じている人や、

賭けている人たちは

あまり気にしないのであって、

それが信念と呼ばれるものである気がしてきました。

逆に言えば、

このマイケル・セイラーの買い増しが、

ビットコイナーの信念に火をつけ、

  • 売らない根拠になる

気もしています。

  • ビットコインが暴落する理由は、

  • みんな売ってしまうから

です。

逆に言えば、

  • ビットコインが高騰する理由は、

  • みんな売らないから

です。

もちろん、仮想通貨の世界は裏切りの連続です。


実際、イーロン・マスクは購入して参戦したものの、

今では少しうらみを買ってしまい、

退場寸前の立ち位置になってしまったからです。


そんな中で買い増しをつづけている

マイケル・セイラーは、

ある意味、

  • 救世主のような存在

となって、ちょうどイーロン・マスクと対をなす存在となりました。

そして、こんだけ注目し、

こんだけマイクロストラテジーの名前や、

マイケル・セイラーの名前が有名になれば、

それはある意味、コマーシャルになっているので、

  • 宣伝・広告費

と考えれば元は取れるのかもしれません。

私はそんなにお金がないので、

安いときに買って、

高いときに売りたい

ですが、

本当のお金持ちは、

値段がいくらだろうが、

買い増しをしていれば、

下がったときに買えるだけ買うのだな

とリスペクトをあらたにした話です。

人間の器と言いますか、

  • 貧乏人根性と富裕層の違い

と言いますか、

何か非常に考えさせられた

マイケル・セイラーのビットコインの買い増しの話でした。