MichaelSaylor相談ツイート

イーロン・マスク氏のツイッターがビットコイン相場をつくる


テスラ社のイーロン・マスク氏がビットコインを購入した話はこちらでしました。


それによりテスラ社の株価が上がればビットコインも上がり、S &P500銘柄も連動する革命的な仕組みの話もお伝えしております。

ビットコインに関してはイーロン・マスク氏のツイッター発信が大きく価格へ影響を与え、ドージコインもその流れから大きく高騰しました。


今では働かないで黙ってドージコインを買っておいた方がよかったと嘆く方多数の相場が形成されたりしています。

イーロン・マスク氏に絶大な影響を与えるマイケル・セーラー氏


テスラ社のイーロン・マスク氏がビットコインを購入したのは大ニュースだったのですが、実はこの相談を持ちかけた相手がマイクロステラジーCEOのマイケル・セーラー氏であったということに気がつく人は少ないと思いました。


マイクロステラジーはアメリカの企業で真っ先にビットコインを大口で所有したことで有名な会社です。


そのCEOがマイケル・セーラー氏なのです。

なので、この一連の流れはつながっていて、はじめにアメリカでマイクロステラジーが大口でビットコインを購入し、それに熱心に相談や質問をしたのがテスラ社のイーロン・マスク氏でこれはツイッター上でおこなわれました。

テスラ社のCEOがマイクロステラジーのCEOにツイッターで相談する時代なのです。

実は、このテスラ社の株価が上がればビットコインも上がり、S &P500銘柄も連動する革命的な仕組みを提案したのはこのマイクロステラジーCEOのマイケル・セーラー氏だったのです。


このツイッターを見ていた人たちはもうすでに持ち始めてますし、その当時はビットコインも500万円ではなかったので価格が上がって恩恵を受ける形となりました。

今後もそういったことが起こると思っていて、まだまだバブルではないのです。

株価の方がバブルであることに気がつけない人たちへ


逆に日経平均は3万円台を回復したましたが、そちらの方が真の意味でバブルであるというのが大方の識者の見方であると思っています。


新型コロナの稼げないときは稼げる分野へ投資をおこなった方がよくて、日経平均がバブルなのは他に適当な投資先がないのでバブルになるものだと思っています。

  • ビットコインがいいのか?
  • 日経平均がいいのか?

は価値観の問題なので難しい選択だと思いますが、私は日経平均のバブルは弾けてやがてビットコインへお金が集中する未来はそんなに遠い未来のことではないように思っています。

以前、財政破綻したレバノンやベネズエラの話をしました。


レバノンやベネズエラを観察していれば、新型コロナの影響で国が貧しくなり治安が悪化してゆく様相を観察できると思います。

そこでは今まで信用していたものが信用できなくなり、絶望に暮れている国民の姿を目の当たりにするようになります。

避難訓練も予防策も余裕のあるうちにシュミレーションをしておかないと、本当に困ったときやあせったときは貧すれば鈍する状態におちいってしまうからです。

本当に困ればお金もなくなりますし、食べる物もなくなってしまい、正常な判断力や決断力の維持すらまともにできなくなることに想像力を働かせられる人は少ないように思います。

ビットコインに関しても2017年の仮想通貨バブルの際は、確かに日本だけ盛り上がっていて過熱感はありました。

ですが、今はアメリカが、しかもアメリカの機関投資家が参入をはじめたばかりの状態なので、今やらないでいつやるの?!状態なのです。

  • ビットコインやるなら

  • 今でしょ?!


新型コロナで国民の生活が苦しくなり、お金がなくなってきた状態で日本がこのターンなのが非常に心苦しいのですが、2017年のときでも40万円で買えましたし、2018年でも100万円近辺で買えてました。

  • 今もまだ500万円なのです。

  • 機関投資家はまだ3%しか買っていないのです。


これは非常にチャンスなのですが、理解して信じられる人と理解できなかったり信じられない人がいるのも事実であったりします。

何事も新しいものは、

  • 「最初は無視され、
  • 次に笑われ、
  • それから戦いを挑まれる。
  • そして最後にあなたが勝つ!」

これはマハトマ・ガンジーの有名な言葉です。


ガンジーも最初は無視され、次に笑われていたことを考えると、ビットコインに関する理解も同じような流れになるものと予想されます。