JPモルガンCEO 2

ビットコインが値上がりした頃、『詐欺だ!』の『無価値だ!』のと発言する人


仮想通貨に投資をしていると、

  • JPモルガンのダイモン最高経営責任者(CEO)

がたびたび登場します。


それはこの人が

  • ビットコインに対して否定的な発言

をするときが、

  • 買いのサイン

だからです。

思えば2017年もこの人が、

  • ビットコインは詐欺だ!

と発言したあと、大きく値下がりし、

その後、年末に向けて暴騰しました。


そして、

  • なぜ、そんなことを言うのか?

と言えば、

  • 発言によって値下がったところを
  • 裏で購入する

からなのであります。


本日はこの仕組みをお伝えしてまいります。


わりとガチでヤバいときは発言を慎んでいる


ビットコインに関しては、

  • 中国の規制であったり、
  • 中国の恒大集団の債務危機であったり、
  • わりとガチのFUDが流れている際は、
  • こういった発言はなかった

りします。

  • それはただでさえ相場が冷え込んでいるので、
  • さらに冷え込めば
  • 困る

からなのであります。

ところが、何もなく、

  • あともう一息のときや、
  • これから上がるだろう!

と期待に胸を膨らませているときほど、

このダイモンCEOが登場し、

  • 詐欺だ!

や、

  • 価値はゼロになる!

や、

  • 無価値だ!

と発言を繰り返します。

それは盛り上がっている相場に水を差して

冷え込ませる意図を含んでいます。

  • その裏で購入するか?

もしくは、

  • 自身の顧客へ安く購入してもらうか?

おそらくはそういった意図があるのだと思います。

つい先日もまた

  • 無価値になる!

発言をしましたので、

これをもって、

おそらくは

  • 買いサイン

の気がします。

つまり、

  • 近々上がるか?

もしくは、

  • それなりに高い金額である

とする情報リテラシーです。

さまざまな情報から上がるか?下がるか?見きわめる方法と彼のリアクションで上がるか?下がるか?見きわめる方法


ビットコインに関しては、

  • さまざまなテクニカルの情報や、
  • さまざまなサービスの情報

から

  • 上がると判断する

場合もあります。

ですが、

このJPモルガンのダイモンCEOのように、

彼のリアクションをもって、

  • 上がるか?
  • 下がるか?

確認する方法もあると思います。

それは人間としての癖だからです。

彼はおそらく、

その立場上の問題からか、

  • 上がっているときに、
  • ネガティブな発言でもって下げ、

  • 下がっているときは、
  • 何も発言しないことによって、

ビットコインの成長を見守っています。


そして、このことは、

  • 彼がネガティブな発言をしたとき、
  • これから上がる

ことを表現していることになるからです。

これから上がるとは言い過ぎかも知れませんが、

  • 少なくともビットコインが調子に乗っている

と言うことはできると思います。

なぜなら、本当にクタクタであれば、

  • 彼は何も発言しない

からなのです。

それが彼の人間としての癖でありますし、

ビットコインに対しての態度であるからです。