IMG_0270

口座は予備口座を持っておく


私は仮想通貨は初期に始めたので、bitFlyerZaifへも口座を開設しています。

銀行もそうだと思いますが、何かあったときの為に予備は少し余分に開設しておいた方がいいと思います。

ちなみに、私は日本がダメになったとき用にBybitにも口座を開設しております。

コツは取引用の口座とあまり取引しない口座を分けておいて、なんかあったとき、そちらの口座で管理するのが理想的です。

でも、基本は取引所で売買したあとはコールドウォレットの保管してホールドすることをオススメします。

ビットコインはもう、多分、キます。

IMG_0271

中国政府とリブラの関係


ビットコインについて理解をする際、まずブロックチェーンがあります。

ブロックチェーンが前提で、ビットコインがブロックチェーンの大元となってます。

そこから派生的にアルトコインと言われるライトコインやネム、リスクなどが生まれてます。

これらはビットコインの相場によって激しく上下する為、リブラのようなステーブルコインが必要で流通するであろう流れです。

中国政府も仮想通貨へ流れるのは、中国初のアルトコインを流通させたいからです。

米中貿易戦争ともかかわりがありますが、フェイスブックはアメリカの企業です。

リブラはフェイスブックが発行するステーブルコインです。

その大元はブロックチェーンによって価値付けされています。

これに中国政府は中国初のアルトコインで対応します。多分…。

IMG_0264

不景気な中での価値の奪い合い


このようにブロックチェーンにしてもリブラにしても、中国初のアルトコインにしても、要所はインターネット社会であり、webへ価値を移したいという思惑です。

中央銀行のある国々には通貨や貨幣があります。それはドルだったり、円だったりします。

でも、戦争が行われている国だったり、テロが行われた国だったり、政府自体が機能していない国々では、あるとき銀行がなくなって引き出せなくなったり、越境したタイミングで銀行へ行けなくなったりというのがよく起こる話です。

なので、スマホであれば今はほとんどの国の人が持ってますし、それはwebにつながってあるので、そこへ価値を落とし込めば失われることはなく、webで絶えず流通するようになります。

フェイスブックのリブラも、フェイスブックがある国やフェースブックアカウントがあれば持てますし、それらの国では流通できる仕組みです。

また、一方の中国初のアルトコインも、中国系のwebであれば流通できる仕組みになると思います。

中国ってGoogleとかない、中華独自のwebシステムなんで、その辺が若干の未知数ですが、アリババやテンセントって言う大きい企業があるワケです。

IMG_0272

すべての大元のビットコイン


私はかなり初期に仮想通貨を始めたので、ビットコインと同時にビットコインキャッシュやイーサリアムとかネムとかモナコインとかけっこう分散して投資しましたが、今だとほぼほぼビットコインへ集約されてきています。

イーサリアムはパブリックチェーンで可能性的には大きくなる可能性が高いですが、でも、結局は未知数です。

ところが、ビットコインはやはりビットコインと言いますか、当時はビットコインキャッシュと入れ替わるのではないか的な疑惑もあって、半信半疑だったのですが、状況は一変し、ほぼほぼビットコイン一択となってきてます。

IMG_0265

今から始めるんであればGMOコインをオススメいたします。

現物保有で購入し、コールドウォレットで保管しておくことをオススメいたします。

IMG_0266

レバレッジ4倍とかありますが、仮想通貨は値動きが激しいのでオススメいたしません。

一日で30%の上下とか普通にあります。

IMG_0268

APIでプログラムを組んで自動売買もできますが、そろそろ固定相場といいますか、あまり売り買いするよりはがっちりホールドの期間に入ると思います。

IMG_0269

パソコンでもスマホでもアクセスできるのが強みです。

ブロックチェーンの取引とか保管上、すべてのデバイスからアクセスできた方が、いつなんどき取り出せるようになっているので、本来の強みとなります。

IMG_0274

口座の開設はメールアドレスかフェイスブックアカウント、またはGoogleアカウントで開設できます。

まだ取引したことがない人は試しに取引してもいいですし、でも、そろそろ上昇期と言いますか、リブラは延期で停滞感はあるものの、ブロックチェーンの流れ自体は決定的となってます。

あまりよくないのは下がったと思って売ってしまうことです。

けっこう下がったり、下落幅が激しいときでも、今まで元に戻ってます。

一時的な動揺もあり、無関係な情報操作によって不安に陥れる輩もいるので気をつけましょう。