テクノロジーとしてのビットコインとブロックチェーン


ビットコインと言えば投資の対象だったり、お金儲けの為と考えている人も多く見受けられますが、実はビットコインと言うのはブロックチェーンと言うテクノロジーに対しての投資であると言う点が本質であったりします。

ブロックチェーンと言えば改竄ができなかったり、数珠つなぎで記録を書き込んでいくシステムなんですが、そこにはP2Pネットワークという概念が存在したりしています。

今回はこのP2Pネットワークについて分かりやすく解説したいと思います。

P2Pネットワークについて


ネットワークと言えばインターネットの代表ですが、通常はクライアント型サーバーなんて言われ、クライアントに依頼をし、データを取得するイメージです。

なので、アクセスが集中したりするとクライアントサーバーがダウンしたりしてつながりにくい状態が発生したりします。クライアントへの依頼が集中するからです。

ブロックチェーンなどのP2Pネットワークは分散型と言われていて、各コンピュータがIPアドレスでつながるイメージです。

データもクライアントサーバーに置く従来型と違っていて、各コンピュータのキャッシュ(一時保存)の部分に置かれます。

ファイル共有 Winnyの仕組み


以前問題となったファイル共有ソフトのWinnyがこの技術でファイルを共有していました。

なので、データはクライアントサーバーにあるのではなく、各コンピュータのキャッシュの部分に置かれるのですが、それがネットワークでつながったコンピュータで参照できるため共有される仕組みです。

なので、データの削除にしても各コンピュータのキャッシュをすべて削除しないと削除されません。

一台でもコンピュータにキャッシュが残っていると、それがネットワークにつながった際、共有される仕組みだったりします。

これがP2Pネットワークと言われるもので、ビットコインもこの技術の上に成り立っているのです。

それが各ビットコイン所有者のアドレスからノードされ、参照されるイメージです。

コンピューター ネットワークの革命的発展


コンピュータの革命的な発展と言いますか、コンピュータを勉強した人なら分かりやすいですが、今まではデータはクライアントサーバーや各コンピュータのハードディスクやSSDに保存されていたかと思います。

ですが、このP2Pネットワークの発展は今後は各コンピュータのキャッシュの部分に保存されれば、ネットワークにつながった各コンピュータでノード(読み込み)がおこなわれ、それによって永遠に保存される仕組みなのです。

このキャッシュに保存される仕組みはゲームであればゲームソフトがいらなくなりますし、セーブデータすらキャッシュに保存される仕組みになったりする可能性が、もうある程度、予想されているのです。

なので、今までは保存する物でハードディスクやSSDを利用してましたが、今後はP2Pネットワーク上の各コンピュータのキャッシュの部分に保存する仕組みに変わりそうだと言う点です。

それがビットコインというブロックチェーンのテクノロジーですし、イーサリアムなんかのパブリックチェーンもそういう仕組みです。

イーサリアムではすでにアプリでゲームが開発されたりしていて、ゲーム内にてイーサリアムが増えていってます。

ブロックチェーンはトークンを発行できるというのがテクノロジー的な利点で、そのトークンがゲームで使われたり、増えていったりしているのです。

トークンは株式みたいな感じでも運用できますし、それこそそのトークンを保有している人を優遇する仕組みを作ったり、相互に確認できる仕組みも組めたりするのです。

ある意味、セキュリティー機能も兼ねた画期的な技術であることを理解して投資した方がいいのです。

5Gなども高速大容量通信の意味合いだけ先行されておりますが、このP2Pネットワークの拡張もそうですし、こういうテクノロジーを更に発展させるための布石だったりしています。

単純にユーチューブがあっという間に見れるという利点だけではなく、むしろユーチューブの動画自体が各コンピューターのキャッシュへ保存されるかもというイメージなのです。

以上、ビットコインとP2Pネットワークの話でした。