投資の失敗と追加の融資とその断念


新型コロナの影響でソフトバンクGの赤字が膨張を続けております。

もともとはWeWorkへの投資が失敗したことによる損失でした。

んで、ソフトバンクGは投資会社で世界中のユニコーン企業へ投資していたりします。

ユニコーン企業というのはITを駆使しているので初期投資や設備投資が少なくて済むので、ビジネスモデルさえしっかりしていれば成長も期待できますし、経常利益も楽に取れる企業だとは思うのですが、それには嘘もあったりするのです。

投資家であればちゃんと事業計画なり、進捗状況をチェックしなければならないのですが、このWeWorkが株式上場直前でどうもITではなくただの不動産屋さんなんじゃないか?と気づいたのがそもそものきっかけでした。

んで、よくよく調べてみると会計管理もずさんですでに多くの損失を抱えていて、株式の上場も断念せざるを得なくなった点です。

このときもまだやり直しが効いて、ここで損切りをして資金を回収すればよかったのですが、何を思ったか孫さんはここで追加で投資を行ない、役員まで派遣して復活させようとした点が傷口をさらに深くした点です。

コロナショック後の株価下落と金融不安


そして、コロナショック後の株価下落が追い打ちをかけ、株価の下落は資産の下落も意味するので、資産が下落した分、追証として追加の資産を入れなければなりません。

資産を次々に売却し、自社株を購入したのもよかったのですが、そんなに株価も回復することがなく、赤字は膨らむばかりでした。

ここに来て、アリババの株も売却し、アリババのジャック・マーも取締役を退任しました。

次々にお金も離れ、人も離れていってます。

資金繰りに窮するベンチャー企業とユニコーン企業


確かに新型コロナショックでの株価の下落は深刻で、ベンチャー企業やユニコーン企業と言われている人の中には資金繰りで深刻に困っている方々が多いのです。

その原因は、ベンチャー企業なんかも企業の際、いくらかの融資を当てにしたり、VC(ベンチャーキャピタル)を利用したりしています。


ところが、このベンチャー・キャピタルも資金繰りに困れば一斉に融資を引き上げたり、当初のもくろみとは違った展開になってきています。

たとえば融資が向こう3年だったものが、いきなり融資を断られたたり、なかったものにされたりすれば、たちまちに経営が立ちゆかなくなる算段です。

ベンチャー企業もユニコーン企業も当たれば大きいのですが、不景気や社会変化の際はこの融資という金融の部門が、けっこう相互に関連しあって共倒れの様相で倒産が連鎖したりといった現実があります。

なので、今回のソフトバンクGの巨額赤字は、WeWorkの件で再復活をもくろんでいたのですが、折しも新型コロナとその後の株価下落が追い打ちをかけ、かなりの危機的状況へ追い込まれるという構図です。


本来はアリババ株は唯一の命綱だったのですが、それを泣く泣く売却する意味は本当にシャレにならないぐらいのピンチであることを物語っております。


以上、新型コロナで深刻化するソフトバンクGの巨額赤字の話でした。

関連記事