元に戻りたいという心理


新型コロナウィルスで経済が停止しているのに株価が回復したりしています。

もちろん、日銀がお金を投入したり、FRBも企業の債権を買ったりして支援しているのでその影響もあるかとは思います。

ですが、今までのようにはいきませんし、株価が本当の意味で回復することは絶望に近い感じだったりします。

多分なのですが、世界中が高齢化の影響でまともに考えられる人が減っているからなのだと思います。

冷静に論理的に考えると、株価はもとに戻りそうにはありません。

正常性バイアスという考え方


認知の世界では正常性バイアスという考え方が採用されたりします。

人間の考え方として、自分は大丈夫だと思いやすい傾向であったり、元に戻ると自分の都合のよいように解釈する傾向があるということを正常性バイアスが働いていると表現したりします。

なので、たとえば牛丼屋さんで売上が落ちているのに給料をもらっていたり、売上がまったくないのにお店の営業を続けていたりしています。

続けるのも勝手ですし、もう一度、以前のように牛丼が売れたりするのなら別なのですが、こんだけ自粛警察が自粛を促したり、外出しているのを批判したりしている光景を見てしまった以上は、もう前の世界には戻れないような気がするのです。



ためしに少し考えて欲しいのですが、飲食店だとして今まで飲食店として稼いできました。

んで、外出自粛要請も解除になったので営業を再開するのですが、だったらあなたは外出して、外で飲食をするのですか?って話です。

稼ぐ方法も分かりますし、仕事なのも分かるのですが、あなたがもし、外出もそんなにしたくはなく、かつ、外で飲食をしないと思えるならば営業再開は止めた方がいい話なのです。

転職とはいきませんが、今はお店を閉めてしまって、何か新しいビジネスを考えた方がいい話なのです。

私も以前からそんなに外出はしませんでしたが、今後外食をするか?というと外食はしないと思います。

以前と違って、新型コロナウィルスの感染リスクへ身をさらすことになるので、それは安いとしても感染リスクがゼロでない限りは外食しません。

んで、それを分かったり、理解できるという人はやっぱり営業再開はしない方がよくて、お店は閉めて新しいビジネスを考えるべきなのです。

仮に投資家だとして、株が割安だと判断し購入したりしていますが、経済が停止して株価が元に戻らないと思うならば、株ではなく、金とかビットコインへ投資すべきです。

今まで株をやってきたからではなくて、今までの常識を疑ってください。

投資家は投資をして生活できればいいので、投資の対象は株だけではなく、金でもビットコインでも不動産でも何でもいいはずなのです。

ところが正常性バイアスが働けば、今までの事があたかも元に戻ると考えたり、今、我慢をすればやがて元に戻ると自分の都合のいいように解釈する傾向が人間の認知行動に認められる点です。

みんなと同じという発想


みんなと同じだという事も非常に安心しやすい心理傾向なのですが、みんな同じく間違う場合が考えられていません。

戦争がそうで、みんな戦争を賛成したから戦争が起きましたし、戦争を経験しました。

みんな同じく間違うこともあるので、そのことからみんな同じだから安心できるワケではありません。

ダーウィンの進化論で興味深いのは、強い者が生き残るのではなく、環境の変化に適応できるものが生き残るのが種の保存です。
なので、どんなに強くて敵がいなくても、環境の変化で寒くなったり、暑くなったりして、それに負けてしまえば強い者でも生き残れないのです。

戦う前から、環境そのものに負けてしまっては戦わずして負ける結果になるのです。

新型コロナもこの環境にあたっていて、資本主義の中で経済活動というお金の流れが止まってしまいました。

お金はやがて尽きるので、尽きない方法を考えるというのが至上命題だったりします。

なので、今はどちらかというとお金儲けの方法よりはどうやって生き残るか?に腐心した方がいいのです。

生き残ればあとでお金を稼ぐ事ができるかも知れませんし、とりあえずお金が尽きないような努力をすべきなのです。

なので、営業再開もそうですし、仕事もそうなんですが、いま一度、自分のお店や会社のサービスが本当に需要があるものか?確認した方がいいのです。

んで、まるきり元に戻るってことは考えづらく、あなたが見たり聞いたりしたものから影響を受けるすべての心配は解決しなければ元に戻れません。

一番いいのは治療法だったり、薬が見つかれば元に近い状態には戻れるのかも知れません。

ですが、それにはかなり長い道のりを要しますので、それまでのお金とそれまでの命を大切にするしか方法がなかったりします。

んで、肝心なことは余計なことを考えないことで、今までの生活はすべて忘れることだったりしています。

学校にしても勉強ができればいいので、別に学校という建物でなくてもいいし、小学・中学の区切りもいらないのかも知れません。

んで、みんな同じことを習う必要もないですし、人に合わせる必要もなかったりします。

逆に言えば、もうリモート・ワークは完璧に定着したので、勉強も覚えたり、記憶したりする必要はありません。

だって、分からないことはGoogleでも何でもネットで調べれば解決するんで…。

以上、アフター・コロナの世界は今までの常識を疑った方がいい話でした。

関連記事