正義11191

経済が停止しているのに日経平均を買い増ししている危険思考なアベノミクス信仰の話です。

アベノミクス信仰


経済が停止しているのに株価は戻ったりしています。

新型コロナウィルス後の急激な急落から何一つ明るい材料がないのに株価が戻るのだとしたら、それは信仰に近い話だったりしています。

アメリカの方では新薬の開発に動き出したり、それを政府が後押しする施策が見られるので、アメリカの株価が戻るのは理解できます。

ですが、日本の株価に対しては本当にあまり明るい材料がないのに戻ったりしているので謎なのです。

この現象はおそらくはアベノミクス信仰と言われるもので、日本においてはこのアベノミクスが経済を回復していたとの認識が強いので、その点について考察を加えて参りたいと思います。

内閣09181

アベノミクスとは?


アベノミクスはリーマンショック以降に顕著になりましたが、それは日銀の異次元緩和とセットにして考えるべき現象です。

んで、それを行なっているのは日本だけなので、この点も考慮して対策を練る必要性がございます。

日銀の異次元緩和はMMT理論に代表されるようにお金をたくさん刷ります。


まずはデフレ対策でもって、お金をたくさん刷ってお金をばらまき、物価をさらに下げます。

んで、それで消費が回復すれば経済も回復するかに見えるのですが、単純に物価が下がっているだけです。

一方で日銀はETFによって株価へ介入します。

株価は上がったように見えますが、中央銀行が多額の資金を流入しているので、そういう国は他になく、株価は大盛況で企業の業績もいいものと勘違いをしてしまいます。

ですが、株価は回復したりしているので、大企業はその潤沢な資金を生産なり、営業活動へ回せますし、株を購入している投資家の方々も儲かったりしています。

ですが、それは日銀という国のお金が流れているからであり、かつ、そういうことをするのは日本だけなのでかなり異常なことをしているというところには気がついた方がよかったりします。

本来の株価は、企業が営業活動を行ない、それにより利益が出て、その業績のもと評価され、新たなお金が流れるのが正常な循環です。

銀行10211

水増しされている日経平均


ですが、日銀のお金が流れているので、そのお金分水増しされた価格であり、本来の株価の価格ではないという点です。

なので、先の新型コロナウィルス後の急落で落ち込んだ際は日銀の損益分岐点も下回り、その後あらたに日銀が投資をして元に戻している流れであります。

あと背後ではAI投資の隆盛で、AIが株価チャートなどをもとにロジカルに買い増ししているのが現状なので、そんなに長くは続かないような気がしています。

今、株式市場ではアメリカも含め、けっこうな国のお金が流れ込んでいて、これも異常事態の原因になりつつあります。

個人の投資家で買い増ししている人もいると思いますが、多くはAI投資が買い増ししていて、株式にお金を投入するとAI投資側がロジカルに反応するというのがシステム上の問題であるとも思っています。

ロボット09121

株や金融から距離を置く二人


事実、投資の神様のウォーレン・バフェットですら株を売却しましたし、ポール・チューダー・ジョーンズはビットコインへ投資するという旨の発言を行なっています。


この二人の挙動の意味するところは、少なくとも血の通った人間は株式や従来の金融からは距離を置いている点です。

なにも強引にビットコインへ結びつけたいワケではなくて、少なくとも株式や従来の金融には期待しなくなった二人がいるという事実の問題です。

この事実をどう受け止めるか?はもちろんあなた次第であるし、そんなの関係ないといって株を買い増しするのもあなた次第です。

リセッション08081

んで、株価はアベノミクスもそうですが、けっこうなバブルになってました。

なので、どちらかと言うと元に戻るということは考えづらく、落としどころを探る感じになるのだと思います。

今、世界中で経済が止まり、失業者で溢れています。
この状況は世界恐慌並みだと言われておりますし、リーマンショックの比ではないと囁かれております。

なので、当面経済は停滞しますし、経済は縮小するので、それに合わせて事業を再構築したり、リストラを図らないと採算はとれなくなってしまいます。

なので、今株価に投資している人は何をもって株に期待し、どんな数字を見て業績回復を見出したのか?正直、私にはよく分かりません。

ただアベノミクス信仰というか、以前の株価に戻ることを信仰しているような気がするのです。

んで、それはぶっちゃけ日銀のお金が流れていたから実現できましたし、お金をばらまいたことで実現できていました。

今、リアルにお金がなくなった際、正直、維持できないレベルになっているような気がしています。

なので、株価は元に戻らないどころか、日銀のお金が戻らないことを考えると、リーマンショック以前の価格が少なくとも妥当な価格であると思っています。

それ以降は日銀のお金で嵩増しされているので、業績以上の金額だったということです。

以上、経済が停止しているのに日経平均を買い増ししている危険思考なアベノミクス信仰の話でした。