Screenshot_20200508-122649

新型コロナ禍でビットコインのトレードで儲ける話です。

不景気にお金で稼ぐ


新型コロナウィルスの影響ですっかりお金がなくなってしまいました。

ですが、唯一の望みはビットコインが上がっていることだったりします。

んで、お金儲けの最短の方法は、この乗ってる波に乗る話だったりします。

茨の道ではありますが、うまく乗れば稼げなくはないので、その方法をご案内いたします。



トレード(取引)の基本


トレードの基本ですが、金利で稼ぐのもそうですが大きいお金を入れないと稼げない話です。

10%だとして、

10万円だと1万円です。

1万円だと1.000円しか稼げません。

なので、少なくとも5万円から10万円ぐらいで投資した方が効率がいいのです。

投資の世界には高騰と下落が付きものなのですが、わずか1.000円の値上がりに対して一喜一憂していたのでは身が持ちません。

それにようやく高騰したとしても1.000円や2.000円の値上がりでは逆に普通に仕事をした方がいいような気がするのです。時給とそんな変わりがなくなるので…。

そのことも考えて投資しましょう。

Screenshot_20200430-122549

ビットコインでのトレードについて


Screenshot_20200509-080629


ビットコインであれば1BTC105万円で0.01BTC1万円です。

Screenshot_20200509-080646

それが1BTC115万円で10万円の上昇をしたとしても1.000円しか儲けられません。

Screenshot_20200509-080705

んで、1BTC125万円となり20万円上昇したとしても2.000円の儲けとなります。

Screenshot_20200509-080804

仮に、1BTC105万で0.05BTC購入すれば5万円です。

Screenshot_20200509-080751

それが1BTC115万円で10万円上昇すれば5.000円稼げます。

Screenshot_20200509-080741

んで、1BTC125万円で20万円上昇すれば1万円稼げる計算です。

なので、庶民派としてはやはり5万円から10万円がコスパの見込める投資となります。

もちろん、ある分には全ツッパ(すべて突っ込む)の方法もありますが、それはそれで新型コロナウィルス禍ではかなりリスキーで失うものが多すぎるのでオススメしません。

んで、投資の世界ではこのどちらか片方に全ツッパすることが極めて危険であるとの考えのもと、リスクヘッジという考えがあります。

リセッション08081

リスクヘッジについて


リスクヘッジについては片方が失敗したときに片方が失敗しない状態を作ることです。

たとえばビットコインに投資したとして、ビットコインが上昇しているうちはいいのですが、イーサリアムが上がってきたり、逆に株式市場の方が上がってくる場合も考えられます。

このとき、ビットコインへ全財産を投資していると、まさかの株式市場回復の際、退路を絶たれてしまいます。

んで、逆にイーサリアムの方がかなり上昇した際、イーサリアムに投資していればよかったとなります。

んで、投資の考え方としては100万円が増えればいいので、それがビットコインであろうが、イーサリアムであろうが、株式であろうが、関係なく、どちらでも増えればいいのです。

んで、何に投資しても、何%投資しても、結局、100万円がどれだけ増えたか?が個人の運用業績になります。

なので、それがビットコインの方が運用成績がよければビットコインにすればいいし、イーサリアムの方が運用成績がよければ途中からイーサリアムに乗り換えてもいいのです。

逆に、株価が回復してきて、そっちの方がいいならばそっちへ投資してもいいのです。

んで、それも全財産を絶えず移動する必要もなくて、ビットコインへ50%投資して、イーサリアム20%の株式市場30%でもいいのです。

ようは投資した資産の100万円がどれだけ増えるか?が個人の業績となります。

なので、ビットコインが50%下落しても、イーサリアムが50%上昇していればトントンになる場合も考えられるので、それをリスクヘッジと言います。

株式0804

難しい損切り


投資の世界では損切りが一番難しい話です。

近ごろ投資の神様のウォーレンバフェットも航空会社の株を売却しましたが、自分がお金を投資して稼いできた株を、損失を抱えたままで売却する判断をするときが一番難しいという話です。

これは実際に投資をしてみないと分からない話で、たとえばビットコインが1BTC105万のとき0.05.BTC購入し、125万まで上がりました。

このとき、運用益で1万円上がってますが、そこで利益確定するのも判断に迷いますし、かと言ってビットコインが下がってゆけば焦ります。

やがて、1BTC115万円まで下がりました。

すると、運用益1万円が5千円に目減りします。

このときもせっかく1万円の運用益が5千円になってしまい、判断に迷うところだったりします。

んで、もう一度、1BTC105万へ下がってしまえば元の木阿弥で最初の投資を開始した地点まで戻ってしまいます。

ここより先は下回れば投資した金額すら減っていきますし、損しかありません。

ですが、人間って今までのことを考えますし、一度上がったものはまた元に戻ると考えたり、下落は一時的なものだと自分の都合のいいように考える傾向があります。

仏様08102

なので、そういう負の思考に陥らないためにも、ある程度の利益確定の金額と損失確定の金額は決めておいた方がいい話です。

買う前から決める必要はありませんが、儲けはこれだけ、損失はこれだけというルールを作り、それにそって厳密に確定していった方がいいです。

あまり自分の気持ちや思いを優先するよりも、初めに決めたルールに沿って投資する方が成功する確率は高いように思います。

人間なので、得をしているときは損をすることが考えられないですし、損をしているときは損を取り返したいと思うものなのです。

なので、健康で健全な精神のうちにその投資ルールを決めてしまって、それが揺るがないように徹底することが肝になります。

あくまで投資はお金を稼ぐ方法なので、それによって人生が台無しになってしまったり、健康を台無しにしてしまうようでは本末転倒だったりします。

そうならないためにも普段から自分の癖や考え方の傾向なんかは把握しておく必要性を強く感じます。

以上、新型コロナ禍でビットコインのトレードで儲ける話でした。