ルーター200429

元ビルメンが教える緊急事態に使える裏技3選の話です。

設備は意外に簡単に直る


緊急事態に生活必需品が使えなくなり困ってしまう場合があります。
ですが、設備もそうですし、生活必需品もそうなのですが、けっこう簡単な事で直ってしまう場合がほとんどです。

昔、壊れたテレビを叩いて直したりといった具合に、少しのショックと言いますか、刺激を与えれば意外に直ったりすると言うのが機械の特性だったりします。

Wi-Fi 不具合はオンオフにて様子見


Wi-Fiの不具合の際はコンセントを抜いてオンオフで様子見が基本です。

ルーター200429

これはルーターの基盤やなんかにキャッシュや電流が残っていたりするので、いったん、コンセントを抜いて電源をオフにすることにより、キャッシュや電流をリセットしてクリアにする意味合いがあります。

接続してある設定なんかはパソコン側やスマホ側に残ったままなので、気楽にオンオフにて様子見は可能です。

パソコンなんかを使っていて、あるときネットに接続できなくなったり、Wi-Fi接続がうまく機能しなくなったとき、試してみることをオススメいたします。

私は店舗で働いている際もやりましたし、ウチでも何度もやってます。

コツは電源を抜いてすぐではなく、何分間かは放置後、電源を差し込めば完了です。

何もしないでオンオフにて様子見で直ります。

パソコンやスマホの不具合もオンオフにて様子見


パソコンやスマホの不具合もオンオフにて様子見で直る場合が多いです。

パソコンやスマホの場合はソフトウェアに問題がある点とバッテリーに問題がある点に大きく分かれます。

んで、ソフトウェアに問題がある場合は再起動でオンオフにて様子見してください。

最近のパソコンやスマホは自動でアップデートが始まったり、アプリによってアップデートが始まったりします。

そうなると各OSと各アプリの相性と言いますか、環境が変わるので再起動を行なうのが望ましいのです。

パソコンやスマホもCPUを使用します。

なので、OSとアプリやプログラムの相性が悪かったり、何かしら調整を必要とする場合、CPUが激しく稼働します。

それがバッテリー低下の原因です。
リチウムイオン10191

タスクマネージャーなんかで確認すればCPU使用率が見れますし、それが動作を遅くしたり、バッテリーを使用する原因が特定できます。

んで、一番いいのは再起動で、再起動をすればOSと各アプリや各プログラムがもう一度起動されるため、改善が見られます。

これで改善しない場合はバッテリーにも原因がある場合があるので、オンオフにて様子見かバッテリーの完全放電が推奨されたりします。

バッテリー側の問題は先のルーターの基盤と同様、バッテリーも電子制御なのでセルと呼ばれる箇所にキャッシュや電流が残る場合が考えられます。
なので、それを完全に放電することによりリセットしてクリアにすることで直る場合があります。

バッテリーは充電されるので、その充電池をそのままにして0になるまで放置すれば完全放電となります。

リチウムイオン10193

ですが、最近の場合はほばほぼソフトウェアの問題で、バッテリーの減りもソフトウェアで解決される場合が多いので、再起動が主流です。

iPhoneもソフトウェアアップデート後に電池の減りが早くなったり、よくなったりするのはソフトウェアOSの問題です。

使用している人にもよりますが、OSアップデート後、再起動すれば大丈夫だと思います。

OSアップデート自体、再起動がプログラムされてますが…。

または、OSのアップデート後は合わないアプリもあるので、そのアプリが電力を消費しているものと思われます。

iPhoneの場合はバッテリーからバッテリー使用率を見れますので、該当アプリは削除した方がiPhoneにはいいのです。

バッテリーの使用率は低い方が本体へは影響を与えません。

逆に言えばバッテリー使用率が高いのは本体へは悪影響を与えます。

ゲームアプリや動画アプリはおもしろいのですが、その分CPUの処理速度が求められるのでバッテリーや本体へはあまりよろしくないアプリと言うこともできます。

IQOSの不具合もオンオフにて様子見


IQOSを清掃したついでに書きますが、IQOSも再起動やオンオフにて様子見で直る場合がほとんどです。

バッテリーもプログラムで動作したりするので、電子制御が組まれています。

IQOSであれば残量わずかで点滅したり、振動したりといった電子制御が組まれています。

んで、その電子制御はある程度キャッシュとして残ったり、微量の電流が基盤内に残ったりする場合があります。

んで、電子制御のプログラムも少し乱れればある程度は修正されますが、修正できない場合、エラー判定なるので赤ランプが点灯したりする場合があります。

IMG_8305

その赤ランプも故障を知らせるプログラムなので、故障も検知されているワケなのです。

なので、これら本体に残っている情報をリセットする意味でもオンオフにて様子見は重要になります。

クリーニングボタンを押したり、電源ボタンを押したりすれば再起動やリセットが行なえます。

さぁ、みんな揃ってオンオフにて様子見


んで、これらに共通している点は電子制御の基盤があって、この電子制御の基盤があるものにはすべて当てはまります。

電気は通常、アース線のようにアースへ逃す線があります。

なので、洗濯機もそうですし、電気を使う家電なんかには当然、電流が流れます。

その電流は溜まったりするので、アース線でアースへ流すのが電気工事士の仕事だったりします。

Wi-FiやスマホやIQOSにはアース線ってないですよね?

だから多分、オンオフにて様子見なのだと思います。

もしくは電流が微量でその必要がないと思われるからか…。

以上、元ビルメンが教える緊急事態に使える裏技3選の話でした。