取引所

新型コロナウィルスと株式市場の話です。

説明のつかない株価上昇


新型コロナウィルスの影響で経済がストップしているのですが、株価は暴落から上昇を続けているという何とも不可解な現象が生じています。

そこで、私もイギリスのジョンソン首相にならって手のひらを返して、株価が上昇をし続ける理由について考えてみたいと思います。


日銀や官製のお金が流れている


経済はストップしているのですが、日銀は経済対策で日経平均を買い支えていますし、年金運用財団のグリフに至っても損切りして売却したという話は聞きません。

アメリカでもFRBが社債を購入する動きが広がり、FRBはさすがに株は購入しませんが、官製の景気刺激策のお金が市場に流れ始めております。

ですが、これはあくまで官製のお金であるので、損失の補填や経済停止時の会社を維持していくお金であるので、時間の問題として尽きることになると思われます。

銀行10211

株価に期待する投資家たち


もしかしたらなんですが、経済がストップすると株価が暴落するという古典経済学的な話が古くて、経済活動とは独立して株式市場が運営されているのでは?と考えてみる説です。

通常は会社の利益に当たる経常利益が富であり、経常利益が上がっていない会社は成長しないし、潰れます。

ですが、この利益の部分はあまり考慮しないで、とりあえず株にお金が集まれば会社は機能するという説も成り立つのです。

株価さえ上がれば、経常利益なんて細かな利益にこだわらなくてもお金は集まってくるので、そういう感じで投資家も認識していれば、古典経済学の理論も古いということになります。

原理・原則の本質的な考えでは、会社は経常利益などの富を生み出さない限り、存続していくことはできません。

一方で、投資家のお金が集まればそれがなくても会社の存続は可能である点です。

んで、今、この部分で官製のお金が流れていて、それに投資家の期待も加わり、経済がストップしているのに株価市場は上昇を続けているという不可解な現象を起こしているものと推察されます。

お金10272

暴落前の上昇


ただ、リーマンショック時もそうですし、ブラックマンデーもそうなのですが、不景気で株価が大暴落するさいは決まってサインがあるようです。

特徴的なサインは、株価が暴落のあと上昇したり、また暴落をします。

それにともないストップ安など、サーキットブレーカーと呼ばれる過激な上昇や下降による制度をストップさせる機能が働きます。

なので、投資家の方でも迷いがあり、買いたい人と売りたい人が拮抗し、そのどちらかに大きく舵をきった際、一気にお金が集中する流れが生み出されたりします。

今回もそのような傾向が見られ、日銀やFRBが金融政策を発表するたんびに大きな上昇を繰り返し、翌日に下降する流れを繰り返したりしています。

リセッション08081

ビットコインでもそのような傾向が見られる場面がありますが、投資家のポジションチェンジが考えられます。

いずれにしても、経済はストップしているので経済活動でお金を稼ぐことはできません。

だからかも知れないですが、株式市場でお金を稼ごうとしている人たちが恣意的に資金を投入し、抜いている可能性も考えられます。

この点が怖くて、ビットコインなんかではクジラと言われている大口の投資家が資金を移動したりするたんびにニュースになったりします。

んで、株式市場もそうなのですが、お金を持っている人たちがやはり圧倒的に強く、値動きに影響力を与えたりしています。

今回の件では投資家のウォーレン・バフェットも割安と判断し、購入した株が更なる暴落を続け売却した経緯があります。

なので、基本的には下げ相場のはずなのですが、逆に上がり続けているのは、もしかしたら官製相場で、中央銀行がコントロールしていて、経済とは独立的に運用されている面も否定できない話です。

たしかに、官製のお金が流れれば個人の投資家なんかのお金の影響すら受けなくなります。

こっちの説にかけるのであれば、株は買いの話だったりします。

以上、新型コロナウィルスと株式市場の話でした。