クロームブック
パソコンはChromebook(クロームブック)でいい話です。

パソコンと言えばWindows(ウインドウズ)かMac(マック)でしたが、最近だとChromebook(クロームブック)ですべてが行なえるようになった話です。

けっこう時代の進化が激しくて、あっという間に変わり過ぎなんですが、大体Chromebook(クロームブック)があればすべてが事足りる時代になりました。
もちろん、Windows(ウインドウズ)やMac(マック)でもいいんですが、安価に済ませようと思えばChromebook(クロームブック)です。多分…。
iCloud_icon
んで、この変化は多分、iPhoneの登場から起こっていて、iPhoneってiOSなんですがiOSでできることをシームレスに行なうのがMacでした。

んで、シームレスの特徴がiOSアプリとMacアプリが同じという点と、何よりも保存先が機器本体にあるのではなくicloudというサーバーと言いますか、ネット上にある点です。

そのandroid版がGoogleChromeで、ChromeOSとandroidOSなんだと思います。

なので、Googleのサービスをけっこう使っている人はWindowsPCよりは断然Chromebookだと思います。

Gmailもそうですし、ウェブ検索のGoogleChromeもそうなんですが、メールもお気に入りも完全に同期されます。

それはグーグルアカウントで入っているからです。

iPhoneの場合はそれがicloudのアカウントだったりします。

なので、アプリもそうですし、スマホに映っている環境からすべてアップルのサーバーやGoogleのサーバーに保存されているイメージです。

だからデバイス間でシームレスに同期できますし、起動も速かったりします。

んで、ビットコインを保管するトレザーなんかもGoogleChromeでサービスが提供されているのでGoogleChromeさえあればアクセスできます。
androidスマホにマイクロUSBをつないで秘密鍵でアクセスすることも可能です。

iPhoneやiosの場合はそれがなく、各アプリで保存し、使用することになります。

今まではワードやエクセルやパワーポイントの影響でPCを利用したりしていましたが、今って実際、

ネットと言いますか、スマホと言いますか、ネットワークによる利便性の方が勝るので断然Chromebookだと思います。

んで、実際、PCは高いので…。
あとは組み合わせによって、タブレットを購入してキーボードやマウスをつないでPC化するかの選択になると思います。

いずれにしても昔みたいな使い方はなくなったので、安いに越したことはないです。

以上、パソコンはChromebook(クロームブック)でいい話でした。

関連記事