飲食店 (4)

性の話題がタブーな田舎で蔓延する


秋田県で梅毒の感染者が急増している問題がニュースになりました。


風俗産業の従事者やその利用者を中心に感染が広がっているとお医者さんは指摘しておりますが、新型コロナや不景気の特徴として医療機関を受診しにくいといった問題が潜んでいると思います。

お医者さんは病のことには詳しいのですが、経済のことや人間の心理には極めて無知なので、現状を把握しきれていないような気がします。

飲食店 (2)

仕事がない県に蔓延する


秋田県のような仕事のない県であれば、風俗産業や飲食店が一番稼げる仕事になったりします。

新型コロナの影響で利用する人は一見減るかに見えるのですが、それは今までの状態が推移した場合であって、その産業に従事するなり手が増えれば需要と供給の関係から値段は下がってゆくのです。

感染者急増の原因はさだかではありませんが、感染したとしても経済的に余裕がなければ医療機関を受診しませんですし、受診したとしてもよほど悪化してからになると思います。

ソワレドビル2

貧困県に蔓延する


戦国時代なんかででも疫病がはやったりするのは凶作の年であったり、経済的に困窮している時であったりします。

栄養不足で免疫力も低下するからです。

貧困と言うと表現は悪いのですが、経済的な困窮は人びとの心をすたれさせていきます。

飲食店 (6)

アナーキーもそんな家庭で育ちましたし、アナーキーの世界にはそのような荒れた人間の心の叫びが広がっています。


田舎特有の問題として性の問題をタブーししがちなのですが、このニュースに関してはみなさんも情報を共有し、少しでも異常を感じたら早めに医療機関を受診した方がいいと思います。

受診が遅れれば感染は広がりますし、それはさらなる医療負担となってしまうからです。

以上、秋田県の廃墟を散策する話Vol.26でした。