2021-07-22 千秋公園2

城下町に栄え、城下町に人は集まり、城下町が一番快適な環境に作られるのが街づくりの基本


戦国時代のお城は丘の上にあったり、山の中にあったりします。

それは一般に敵から攻めこまれにくい作りからなのであります。

そして、

そういう城下町から栄え、

城下町から発展してきたのが、

人間の歴史であったり、

人の流れであります。



2021-07-22 千秋公園13

人がたくさん集まる場所だからこそ、

快適さを追求してきたので、

  • 環境がいい

と言うのは言わなくても想像すれば理解できる事柄です。

2021-07-22 千秋公園14

本日は、秋田県の千秋公園(久保田城跡)の話をお伝えいたします。

城下町一面が蓮の華とお堀に囲まれている


千秋公園(久保田城跡)を取りまくようにお堀があって、蓮の華が咲いているのが絶景です。

2021-07-22 千秋公園15

  • まさに、自然しかない。

2021-07-22 千秋公園16

でも、人はいない景色です。

人がいないのは寂しいのですが、

キレイな自然はたくさんあるので、

散歩やジョギングやサイクリングにはうってつけのコースです。

2021-07-22 千秋公園20

仏教の釈迦は蓮の華の前で悟りを開いたと言われています。

なんとなく悟りを開く理由もわかる気になれる城下町です。


眠れなくなるほど面白い 図解 仏教
渋谷申博
日本文芸社
2019-07-24


城は高いところにあるので攻めづらい 攻めづらい城こそ運動に最適


千秋公園は丘の上にあって、久保田城があった場所とされています。

2021-07-22 千秋公園7

木々におおわれ、

空気もうまいので運動コースとしては最適な環境であると思います。

2021-07-22 千秋公園11

階段なんかを昇り降りするだけで鍛えられますし、

木々が日差しを避けるため、

そんなに暑くならなくてすみます。

2021-07-22 千秋公園10

避暑地が山の中にある理由のひとつかも知れません。

久保田城の御隅櫓が一番高いところにあり、

そこから眺める景色は秋田県を一望できます。

2021-07-22 千秋公園2

今では人口減少の最先端県になってしまいましたが、

戦国時代は敵の動きを察知したり、

かなり機敏に柔軟に対応して、

危機を切り抜けてきた歴史があるのだと思います。

2021-07-22 千秋公園1

佐竹義堯公の銅像もあります。

2021-07-22 千秋公園6

どこか悲しそうです。

泣いているようです。

あっ、見方の問題か?

田舎の人は偉い人をどんどん銅像にして残す傾向があるので、

銅像は増えるばかりです。


秋田県はこの佐竹さんの御紋で、

はじめに佐竹義宣公があり、

その後、代々の佐竹さんが統治してきた歴史がございます。

2021-07-22 千秋公園5

そのうち、佐竹知事も銅像になるんですかね?

知らんけど…。


人口減少で人がいなくなるとき環境問題は自然に解決する


千秋公園を下ると仲小路という商店街があるのですが、

久々にのぞいてみたらけっこうな閉店ラッシュが進行していました。

2021-07-22 千秋公園21

仲小路を賑わわせようとなかいちを作ったのに、

閉店というのはその答えをあらわしていると思います。

2021-07-22 千秋公園18

結果は素直に受け止めないと、

お金はいくらあっても足りなくなるのかも知れません。

それは同じ過ちを何度も繰り返すことになるからです。

とはいえ、自然はたくさんあります。

2021-07-22 千秋公園19

もしかしたら、人がいなくなることによって自然のありがたみが実感でき、

逆に言えば、

  • 人がいない方が環境はよくなるのだ、

と言う答えになるのかも知れません。



それはお金を失うことになるのですが、

自然はたくさんあるので、

環境には非常にいいことなのだと思います。

都会で開発を優先するあまり、

自然環境がどんどん破壊されますが、

一方では人口減少に苦しむ社会では開発は失敗に終わり、

人がいなくなる問題を抱えているようで興味深い考察である気がしています。