おでん10151

What is Murahachibu?


新型コロナウィルスがまだ日本で拡大していないのと韓国でも同じような感じなのは、けっこう村八分的管理にあると思って見ています。

昔から日本と韓国は似ていて、韓流ドラマも流行ってましたし、自殺が多いのも共通した現象として挙げられます。

どちらかというと感情的で情熱的で女性が強いと言うのも似た現象として挙げられると思います。

この二つの国の特徴はやはり村八分的な文化が根強くて、どちらかと言うと、この村八分的な管理が絶対だと言うところです。

なので、法律的な制裁よりも村八分的な制裁の方が効果的だという論理が成り立ちます。

This is Murahachibu mind


論理的に考えられない人が増えている話はこちらでしましたが、そもそも、どうも論理的に考える必要がなく、いかに空気を読み、間を取り持つか?の方が重要で生存に関わってくるのではないか?という疑念すら湧いてきます。


なので、飲み会を断るのにも心理的抵抗が根強いですし、人間関係を選別するのにも心理的抵抗があるのだと思います。

そして、それは違うと心理的に抵抗を試みるのではなく、土着な心理と言いますか、遺伝的な心理もあるので、それを否定したところで否定しきれない事実もあったりします。

なので、今回の新型コロナウィルスについても、概ねみんな呑気にかまえてましたが、ここへきてのっぴきならないロックダウンとかオーバーシュートとか、耳慣れない単語と小池都知事のフリップや安倍首相の会見を見たとき、場の空気と間を感じます。

How do you do Murahachibu management?


飲み会なんかに行ってもSNSで写真をアップすれば総袋叩きの様相は目に見えてますし、外出自粛要請が出ているのにリア充ぶりをアップしても総袋叩き、総リンチの様相を呈するということが理解されます。

今でもツイッターなんかではネット警察みたいな人たちがいて、外出自粛要請が出たのにパチンコ店に行列を作っていた写真なんかをアップし、取り締まりの強化に余念がなく、それこそ無償のボランティアで行なっているのですから、日本も捨てたものではないとむしろ感動すら覚えます。

ツイッターなんかの総リンチ状態を日本のいじめ文化だと解釈しておりましたが、それはそれである意味正しく、それはそれで解釈も間違ってないのですが、それを秩序の面から考察すると村八分的管理だという結論に至りました。

不倫に対する謝罪会見や企業の不祥事の会見も、それ単体としては怒るべき事象でもなく、それは論理的に考えれば間違いを認め、改善するしか術はないのですが、その工程が必要と考えるとき、どーも私には村八分的管理の文化のせいなのではないか?と思えてしまうのです。


ある意味、法律より思い秩序として機能して、反面、いじめなどの負の側面を残しているのですが、新型コロナウィルスなどの緊急時の際、ヘタをすれば緊急事態宣言よりも効力を発揮しているのではないか?という村八分的秩序だと思います。


他人の目を気にしない生き方が推奨されてますが、ある意味、他人の目を気にする生き方も秩序的には成功なのではないか?と思う昨今です。


こうして、他人を監視することによって、日本や韓国では新型コロナウィルスの抑えつけに成功したとしても、それはどちらかと言うと非論理的でマニュアルではなく、マインドの問題なのでWHOへは伝えにくいという特性を持っているものと思います。