Kim Kyung Hoon / Reuters 森会長

高齢化と田舎化でますます衰退するオールドメディア 身近な話題を報道


新型コロナに入ってからテレビや新聞のオールドメディアとネットなどのニューメディアの分断が加速していると思うようになりました。

最近のニュースでもあおり運転や火事や放火がメインとなっています。


アメリカなんかではテスラ社がビットコインを購入したり、ロビンフッドという投資アプリが機関投資家やヘッジファンドに一泡吹かせたという話題で持ちきりであったりするのに…です。


以前はローカルニュースなんかで報じられていたニュースが全国ニュースで報じられるようになったので、日本の高齢化と田舎化が加速しているのだと思いました。



いい大人が何が善で何が悪か?何をしたらいいのか?わからない


森会長の女性差別発言も話題となり、辞任にまで追い込まれましたが、

  • 当の女性代表は?

というと白いスーツで抗議をしてみたり、次の会長にはこうして欲しいと思いをとどめるのみにとどまっているのに驚きを隠しきれません。


おそらく誰も注意できない安全なポジションに置かれると自分は正しいと思いこみ、裸の王様状態に追いこまれる事例になると思います。


政治家であれば演説なんかの言論で選ばれたのに、抗議活動であれば抗議をする内容があるわけで、それを伝えたり実行していかないことには何も変わらない気がするのです。

  • 誰かにやって欲しいのであれば、
  • 誰かが違うことをやって違うことをやった際変えられて、結局、
  • 自分がやった方がいい

ように思います。


なので、単純明快に女性の会長をすえるべきだと思います。

日本はどうも他力本願の人たちがいて、

  • 誰かが立て直してくれる!

と思っている人が多いと思います。

場の空気が正解であるので誰もやりたがらないのが答え


そして、それにより海外から黒船ペリー的な人があらわれて指摘を受けると突然萎縮して手のひらを返すのですが、何をやったらいいか?もわからずに国民全体で場の空気を読みつつ改善してゆく国なのだと思いました。

ですが、場の空気であればその場の空気でコロコロ変わるので、誰もリスクをおかしてまでやる人はいなくなってしまうような気がするのです。


ビットコインに関するニュースは経済を根幹からくつがえすニュースだと個人的には思っているのですが、日本を見ていると最高値を更新したニュースでさえ少ないかぎりであったりします。

日経平均はやるのですが…。

こうやって格差が広がってゆくとき、多分なのですが、反対側のニュースは理解するというよりは見ないようにしてなかったことにしているような気もします。

ですが、日々更新され、アメリカではさまざまな機関投資家や有名企業が参入してきている今、それは多分、見ても見なくてもなかったことにはならないだろうと思うのです。

せっかくの投資チャンスやお金持ちになるチャンスであるのに、日本ではあまりニュースにならないのがけっこう不思議なのです。

海外ではビットコインのニュースは、森会長の辞任や後継の川淵さんのニュースより大々的に報じられているからです。


逆に言えば今の日本のテレビや新聞のニュースは、勉強して学習すると言うよりもみんなが知っていることを報道する姿勢になったのだと思います。