2021-07-16 大谷画像NHK

全米がマスクを忘れて熱中した大谷選手のご活躍


大谷選手の活躍がすさまじいです。


これにより大谷選手のすごさを実感し、

すっかり応援している日本人が多いのですが、

  • よーく考えてください。

スタジオの観客はおろか?

マスクすら着用していない映像を確認できるものと思われます。

これにより、

人間は素晴らしいプレイに熱中すると、

観客が大勢いようが、

マスクを着用してなかろうが、

  • 大して気にならない

と言うことができると思います。


そこで本日は、この新型コロナをめぐってのアメリカ人と日本人の価値観の違いを考察してまいりたいと思います。

大谷翔平 二刀流 ファイターズ・5年間の軌跡 [DVD]
大谷翔平
ポニーキャニオン
2018-03-21


正しい情報や正しい対策はない 自分が納得のゆく情報や立場の所へ所属する工夫


新型コロナの感染者が増加傾向にあるのは、日本に限ったことではなくて、

デルタ株の登場により、

イギリスやヨーロッパ、

アメリカでも感染が拡大しております。


デルタ株にはワクチンが効かなかったり、

  • それが感染を拡大させているのでは?

という見解が強いのですが、

詳しくはご自身で調べられることをオススメいたします。

こと、新型コロナに関しては、

  • どちらかと言えば正しい情報よりも、

  • ご自身が納得して従える情報の方が、

あとで禍根を残さないからです。

なので、どんな情報よりも、

ご自身が実際に目にした情報や、

耳にした情報により、

ご自身が納得して理解した情報から

何事も決断や判断される方がよろしいか?

と思います。

ワクチンの問題もしかりです。

そして、それを強制したり、排除したりするのは、

やはりよろしくない、

大谷選手の活躍は素晴らしいがアメリカでも感染は拡大していて観客は密でマスクをしていない


大谷選手のたくましい活躍も、

それ自体ながめていれば、

元気づけられますし、

勇気の出る事柄なのですが、

実際はアメリカでも感染が拡大傾向にあるというバックグラウンドも存在しています。

そして、それにより、

オールスター選が中止になったり、

オールスター選が無観客になったり、

オールスター選の観客がマスクをつけていなかったり

といった点を問題にしない点も特徴的であったりします。

日本であれば、

アメリカよりも人口100万人あたりの感染者数が少ないのに、

  • オリンピックを中止した方がいい、

と言ってみたり、

  • 無観客が望ましい

と言ってみたりしています。

  • これも何が答えか?

というよりは、

ご自身が納得して理解しているところの立場から、

さまざまな意見やさまざまな価値観へ配慮する必要があるのかも知れません。

やるのであればやるなりの対応を、

観客が入るのであれば入る対応を、

日本はオリンピックをやりたいのか?見たいのか?それが一番の問題点 現状、コロナばかりを見ている


ただ一方で、このオールスター戦のような盛り上がりも必要で、

このような盛り上がりがなければやったとしても経済効果や経済が再生しないので、やる意味がないような気もするのです。

  • 大谷翔平のサイン入り球宴ユニホームが1200万円突破 ゲレーロJr.の100倍、桁違いの人気証明
  • https://the-ans.jp/news/173092/


  • オリンピックは盛り上がります。

ですが、それは現地にいる人たちのマインドや、

心の底から楽しんだり、

それにより興奮したりして、お金を使ったりする空気が、

オリンピックを盛り上げますし、

経済的効果や、

経済を盛り上げる機運になります。

ですが、今の日本を見ていると、

オリンピックをやったとしても大して盛り上がらずに、

  • 観客がいることや、

  • いないこと、

  • マスクをしていることや、

  • していないこと、

ばかりに目がいってしまい、

全然プレイに集中できないような気がするのです。


それはオリンピック開催地の現地の当の日本人のマインドがそーなんだから、

他の国から来た選手や、

観客も盛り上がるはずがないように思うのです。

日本は東京オリンピックでホストの国なのですが、

どこか、ゲストのような面持ちで、

さまざまに議論をし、

さまざまな問題点から後ろ向きになっているような気がします。

経済効果やおもてなしの観点からではなく、

ただ純粋にスポーツを楽しむマインド

からオールスター戦を参考にして、

アメリカを見習った方がいいと思いました。

日本は本当にオリンピックをやって経済を立て直す気があるのか?

つくづく心配になります。

もしやっても効果がないようであれば早めに見切りをつけたり、

やらないという選択もあるはずなのに、

後ろ向きのマインドでやろうとするのは、

  • 二兎を追うもの一兎を得ず

みたいで悲しい結末になりそうです。